忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。
京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・
「稲の根本に鎌」は、ここまで抉るのか?維新「江戸→東京」で財を成した一族。


面白い、記事を見つけました。

「豊洲」売却で大儲け…東京ガス“支配一族”の系図 

 http://linkis.com/news.livedoor.com/ar/XEx6g



この記事は、週刊新潮からの転載です。 日本のオセレブさん大集合。これに、ゼネコンの創業家が加わります。広瀬隆さんが書いた『私物国家』そのもの。

 明治からの近代日本は戦後70年たった今、何を残し、何を捨てるか、きちんと整理しないといけませんね。 
 でないと、官僚と特権家族がのさばりすぎで、役人たちの鉄面皮が治らない。しかも、そこに、戦後のアメリカ戦争屋の手先になった特殊人脈が絡んでいて、きちんと、現実を見た、まともな仕事が、進まない。

 今上陛下の「生前退位」問題は、 浄化の流れ を引き起こしています。

 最後は、さらなる大掃除になりますね。今は、「ホ」だらけの大八洲。そこに、「水」と「火」が来るかも、です。

・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋おわり


参考 に
てこの参考は手厳しいけど、参考にはなると思う。


天皇がらみの利権も、駆除だ。

そもそも天皇って、狂気なシステムに思いませんか?

特に、明治以降、天皇家は、なにも責任取ってないし・・・。

明治天皇など「オレは中国と戦争など嫌だ!」「西郷と戦いたくない」のに、大臣どもに戦争をさせられた。

昭和天皇は、全土を焦土化しても、謝罪もしない・・・

なにか狂ってますは・・・。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR

【2016/10/07 (金) 19:16】 | 政治向け
トラックバック(0) | コメント(1)

哀れに対する私の仮説
ナオト
「だけど哀れには   実はかすかに蔑みが入っていて


まるで飼い主のような   立場になる


それが感情を切り離して   突き放して留める


想念のエネルギーコードを   断ち切ることができるの


人は蔑んだ対象と自分を   同位置には置かない


だから   哀れと想うと


同調したまま   突き放すことができる


例えて言うなら   溺れる犬を   対岸から眺める感じ」
suishounohibiki.blog.fc2.com/blog-entry-877.html
から引用

物事を客観的に見たいのならば哀れと思いながら見た方がいいという仮説を立ててみました。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
哀れに対する私の仮説
「だけど哀れには   実はかすかに蔑みが入っていて


まるで飼い主のような   立場になる


それが感情を切り離して   突き放して留める


想念のエネルギーコードを   断ち切ることができるの


人は蔑んだ対象と自分を   同位置には置かない


だから   哀れと想うと


同調したまま   突き放すことができる


例えて言うなら   溺れる犬を   対岸から眺める感じ」
suishounohibiki.blog.fc2.com/blog-entry-877.html
から引用

物事を客観的に見たいのならば哀れと思いながら見た方がいいという仮説を立ててみました。
2016/10/07(金) 19:42 |   | ナオト #c76bf6cb[編集]
[管理者用 返信]
Re:哀れに対する私の仮説
>「だけど哀れには   実はかすかに蔑みが入っていて
>
>
>まるで飼い主のような   立場になる
>
>
>それが感情を切り離して   突き放して留める
>
>
>想念のエネルギーコードを   断ち切ることができるの
>
>
>人は蔑んだ対象と自分を   同位置には置かない
>
>
>だから   哀れと想うと
>
>
>同調したまま   突き放すことができる
>
>
>例えて言うなら   溺れる犬を   対岸から眺める感じ」
>suishounohibiki.blog.fc2.com/blog-entry-877.html
>から引用
>
>物事を客観的に見たいのならば哀れと思いながら見た方がいいという仮説を立ててみました。


そうですが。「惻隠の情」というように、即応するところもないと。

べたな言分ですが「頭は冷たく、心は熱く」

まあ「頭寒足熱」ってことかな。爆!


書き込みありがとうございます。
2016/10/08(土) 15:21 | 忠武飛龍

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック