忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

赤穂浪士は、結構「ヤラセ」だった。 

京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・

FM宇治の「ちはやぶる宇治・・・」に出たラジオ放送がアップされています。
以下、ご参考までに、

http://www.fmuji.com/chihaya.htm

http://chihayaburu-uji.com/category/radio/


ps :

① 11日の『未来創庵』 ですが、

 早めに来られる方と、昼に、お蕎麦を食べたいと思います。
 また、前日からの宿泊も可能です。

② 日本会議や神道政治連盟の人間は、宇治に都があったことなど、
 まるで、判らないでしょうね。伊勢神宮の宇治橋との関連も。
 
 それが、ホンダワケ(応神)の時代であり、それを、ヒロニワ(欽明)の時代に、
 奈良の三輪山を本貫とするす大神比義が、八幡神がその時に現れた、としていることの
 意味も解らないでしょうね。

 3000年前のダビデ ~ 2200年前の始皇帝 ~ のあと、
 ヘブライ人にとっての、建国の意志は、一体どうなっていったのか?
 
 この意味で、先月、淡路島・沼島のあと、坂越の大避神社に行き、更に、太子町の斑鳩寺に行けたことは、私の歴史観の完成に本当に役立ちました。
 
 また、日本会議に限らず、いわゆる「愛国者」を名乗る人間が、日本人の軍事行動の成功例に、忠臣蔵を上げ、山鹿流軍学を唱えるのですが、それが、いかに政治的に作られた、仇討の成功例だったと、はっきりさせました。
 浅野匠 のところに、なぜ、山鹿素行が派遣されたのか?そこで、中朝事実を書くようになったのか? この時、柳沢吉保は一体、何を考えてたのか?
 
 仇討の成功は、当時の幕府から、完全に、おぜん立てされていたのです。

 そもそも、現実の討ち入りの場面では、陣太鼓は使われていなかった。大石内蔵助が陣太鼓を持っていた、とするのは、仮名手本忠臣蔵にあった脚色・演出をそのまま引き継いでいるもので、そこには、林羅山の下で、中国礼賛を言っていた山鹿素行が、赤穂にいったあと変節したことを、あてこすった、江戸庶民の嘲りの意味が込められていたのですが、こんなことを、安倍の仲間たちは、全く知らないでしょうね。

 だから、いつも、自分勝手な、ファンタジーの中にいる。 そんな人間に、振り回されるのは、天皇であってもなくても、御免被りたい。


・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

> また、日本会議に限らず、いわゆる「愛国者」を名乗る人間が、日本人の軍事行動の成功例に、忠臣蔵を上げ、山鹿流軍学を唱えるのですが、それが、いかに政治的に作られた、仇討の成功例だったと、はっきりさせました。
>」 浅野匠 のところに、なぜ、山鹿素行が派遣されたのか?そこで、中朝事実を書くようになったのか? この時、柳沢吉保は一体、何を考えてたのか?


そうですね。

赤穂浪士は、なにか胡散臭い。

柳沢・綱吉は、なにか深いモノを考えていたのでは?

生類憐みの令のガス抜きだった・てだけではないのだろう。


>そこには、林羅山の下で、中国礼賛を言っていた山鹿素行が、赤穂にいったあと変節したことを、あてこすった、江戸庶民の嘲りの意味が込められていたのですが、こんなことを、安倍の仲間たちは、全く知らないでしょうね。


私にはよくわからんけど、このときに「国粋主義」、あるいは「天皇に対する徳川の確固たる姿」を決めるために「赤穂義士」が使われた。


吉良さんは、足利の後胤・あるいは京文化の継承者。それを殺すことで、「喝采をあげる」ってことで、徳川幕府のモラルでの優位を示した。かも。

でも「一応は法治」ってことで、義士たちには腹切ってもらう・・。

これで「京・天皇よりも、江戸・徳川の方が、モラル的に高い。それも法で決まった。」

てこと・・かも・・・。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR