忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[6970]  [6969]  [6968]  [6967]  [6966]  [6965]  [6964]  [6963]  [6962]  [6960]  [6959
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
弁財天 より

上記文抜粋
・・・・・・・・
の地下核兵器工場が発覚したからだと思ってたら。空爆でデリゾールだと米露に教えられる。 update5
まさか、こんな、突然に 東電OL殺人事件の捜査が進展するとはw

豊洲市場、地下は「モニタリング空間」 元担当者が証言

2016年9月19日07時27分  東京都の築地市場(中央区)から移転する予定の豊洲市場(江東区)で、盛り土がなかった主な施設の地下空間について、都の担当部局が将来新たに地下水汚染が見つかった際、状況を調べたり取水などの汚染対策に使ったりする「モニタリング空間」と呼んでいたことが分かった。
 都中央卸売市場の元担当者が朝日新聞の取材に応じ、「将来的なリスクへの対応を考えた結果だった。技術系職員は全て地下空間の存在を知っており、通称で呼んでいた」などと話した。技術系職員で広く認識されていたことが明らかになり、なぜ庁内全体で情報が共有されず、専門家に報告しなかったのかの解明が今後の焦点となる。
 豊洲市場の敷地については、環境基準を大きく上回る有害物質が検出された。土壌汚染を取り除く方法として08年、都の「専門家会議」が盛り土などによる対策を提言していた。
 一方、元担当者によると、市場…
【都の担当部局が将来新たに地下水汚染が見つかった際、状況を調べたり取水などの汚染対策に使ったりする「モニタリング空間」と呼んでいたことが分かった。】w
巨大なコンクリ製のモニタリング空間w


・・・・・中略・・・

ピットw
使用済み燃料プールかぁ。大宮のを移動するとか?w

おおさか維新登場w
何か種明かしみたいな展開だなー。
続いて平沼赳夫とか亀井静香とか出てるくのかすら?
ハシゲは大飯再稼働の時に手のひらを翻して関電にGOサイン出したんでしたな。それと豊洲の地下核兵器工場予定地は関連してるのかすら?いろいろ考えてしまいます。

・・・・中略・・・

へー。じゃあ四川大地震で中国の地下核兵器工場が埋まってしまった事を都の職員がCIAから報告受けて、東京都も地下に核兵器工場を作ろうと提案したとな?
いやいや。そんな提案ができる都の職員がいるわ。警視庁公安部外事3課w
そういえば都知事は警視庁の予算編成の責任者でしたな。
そろそろ警視庁がテロ組織だと判明するのかすら?
・:*+.( °ω° ))/.:+*.



・・・・中略・・・・

【しかし、石原氏は〇八年五月三十日の都知事の定例会見で、海洋工学の専門家がインターネットで「もっと違う発想でものを考えたらどうだ」と述べていると紹介。土を全部さらった後、地下にコンクリートの箱を埋め込み「その上に市場としてのインフラを支える」との工法があると「担当の局長に言った」と説明していた。】

2008年5月30日かぁ。
2008年5月12日に四川大地震←ウィキ。

あぁ、2008年5月四川省の大地震で 地下核兵器工場の存在が発覚した時かぁ。

なんだかなー、豊洲に秘密保護法の発令か?w


・・・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり


なにか、米軍・戦争屋以前に、維新志士・天皇教の占領こそが、一番の日本列島の癌てこと。


東京にそういう屑が多くいる。こんどは岡山に寄生しようとしている。皆殺しが必要です。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[11/23 ナオト]
[11/22 ナオト]
[11/21 ナオト]
[11/21 笑む]
[11/19 ナオト]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved