忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[6528]  [6527]  [6526]  [6525]  [6524]  [6523]  [6522]  [6521]  [6520]  [6519]  [6518
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
てげてげ より

上記文抜粋
・・・・・・・・
2016/06/24(金)2  英,EU離脱が過半数 欧州統合に試練

株,ポンドが大暴落

EU離脱! 喜ぶ人も↓


英国激震!放心状態↓


英国がEU離脱! 激震が走るのは当然だ.
さらに,精神的なショックでパニック状態になっている.
実際に英国の孤立で,貿易や金融業へのマイナス効果は大きくなる.
英国に進出した日本や世界のグローバル企業も大きな痛手を被る.
ニクソン・ショック(金ドル交換停止)やリーマン・ショック(デリバティブ金融の崩壊)に匹敵するショック症状が続くだろう.
しかし,ヒトは,やがて必ず激震・激動に慣れ,新事態に適応していく.
庶民の生活は,何があっても変わらない.
放射能まみれでも,大衆は平然と生きていく.
早く死ぬか? 少しは長生きするか? の違いだけだ.
たまげることはない.淡々と生き抜いていこう!
健康に生きていくことだけを悠々と考えよう!



勝った離脱派の主張は↓こうだった.
☆ EUが押しつけてくる過剰な規制から解放されるので,経済を活性化できる.
☆ 通商政策でも自国に有利な交渉を進められる.
☆ EUに支払う分担金も自国の投資に使える!
これで↑英国が強大な国家として復興する可能性もないことはないが,孤立無援の艱難辛苦が続くことになる.



英国のEU離脱は,政治学的には大きな意味をもつ.
EUは「国家統合」の試みだったが,英国の離脱によって,挫折した!ということだからだ.
まさに「試行錯誤」で,試行(試みた行為)が錯誤だった!ということ.
このことは,次のような意味をもつ.
すなわち,「国家」は統合するものではないし,統合しようとしても失敗する!ということだ.

となると,今後,益々「国家」は強力化し,リバイアサンになる.
強大になる国家は,益々勢力を増大して,世界に君臨するようになる.その強大な国家とは,じつは,中国とロシアだ.

いっぽう,アメリカは国家が分裂状態だし…
日本という放射能国家は衰退する一方だろう.

こうして世界は,新しい国家主義の時代を迎え,新しい国家論と国家哲学が必要になる.

軍事力だけで世界を支配しようとしたアメリカの「試み=国家哲学」は無残に失敗したが…,このことは,軍事力以外にレッキとした国家哲学がない国家は,世界のリーダーにはなれない!ということだ.

すなわち,世界が納得する国家哲学と国家道徳を兼ね備えた国家だけが世界のリーダーになれる!ということだ.

「乳酸菌農業で世界を豊かにする!」という画期的な国家哲学をもった斬新な国家が登場し,世界の注目を浴びる!

こういうことも↑ある鴨知れない.


飯山 一郎(70)

・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

>EUは「国家統合」の試みだったが,英国の離脱によって,挫折した!ということだからだ.
まさに「試行錯誤」で,試行(試みた行為)が錯誤だった!ということ.
まさに「試行錯誤」で,試行(試みた行為)が錯誤だった!ということ.
このことは,次のような意味をもつ.
すなわち,「国家」は統合するものではないし,統合しようとしても失敗する!ということだ.

然り。

でも失敗した原因の一つは「欧州貴族の抹殺」をできなかったことだろう。

例えてみると、春秋戦国時代から秦の統一の時には、各国の「貴族」が、根絶やしや没落して、ほぼ消滅した。
項羽がいくら元貴族出身とはいえ彼の尋常でない武勇と軍才がなければ秦を滅ぼせなかったし、劉邦などほとんど元ヤクザ・・。
挙句に楚漢制覇で、新たな階層の勃興が起き、庶民の地位が向上し、春秋戦国の統合が成ったように思える。

江戸から明治の以降も、大名という準貴族も、大多数はほぼ鉢植え大名化していたので、華族となっても、欧州貴族ほど地盤がなく影響力を行使できなくなった。
またそもそもというか幕末には大多数の大名は財政危機になり戊辰戦争でほぼ全大名が借金だらけ・・・。
耶蘇金の陰謀だが、結果的にこれが日本国内の統合をさらに強めることになったと思う。

>このことは,軍事力以外にレッキとした国家哲学がない国家は,世界のリーダーにはなれない!ということだ.

>すなわち,世界が納得する国家哲学と国家道徳を兼ね備えた国家だけが世界のリーダーになれる!ということだ.

一種の「近代文明」はほぼ「軍事力」だけで、国家・社会の盛衰が決まっていた。

それが核兵器・インターネットで、その前提が崩壊しつつあり、世界・地球は真っ当に戻りつつある。

ようするに
「軍事力で強盗するような国はダメ。ちゃんとまず庶民を食わせ活かす国家・社会が強く健全」ってこと。
欧米数百年の強盗政治学が終わりを告げつつあり、まっとうな政治や思想が戻ってくるってことかも。

文殊菩薩 より

上記文抜粋
・・・・・・・
『イギリス国民が世界恐慌を起こしてでもEU離脱を希望した理由』 イギリス在住の「めいろま」氏が語る分かりやすい解説

英国のEU離脱を問う今回の選挙は,非常に!公明正大に行われた.
陰謀論で語る識者は,英国王室のウラの機関が…の,偽ユダヤの策略が…のと,見てきたような講釈を垂れているが,全ては憶測にすぎない.妄想をめぐらせば,どんな解釈でも出来るのだ.

「イギリス国民が世界恐慌を起こしてでもEU離脱を希望した理由」について,まさに現地で生活しながら実際に観察してきた識者の報告がある.これを下に掲げた.

何事も,憶測ではなくて事実を語る人間の言だけを信用していれば,大きくは間違わない!
その格好の見本が,下の論説ツイートである.

飯山 一郎(70)

国連でのキャリアも持つ「めいろま」こと谷本真由美氏が、なぜイギリスの有権者が国民投票でEU離脱に票を投じたのか解説している。現地の状況を知れば、EU離脱は納得の結果だった。

端的にまとめれば、経済が豊かなイギリスにEU域内の人たちが来すぎて日常生活が極度に不便になっていたからだ。



EUでは加盟国を同一の国とみなし、ビザなしで自由に行き来できる仕組みを整えた。これにより経済が活性化すると思われたのだが、実際は賃金の低い国から高い国に大移動が起きることに。当然ながらもともとイギリスに住んでいた人は生活が不便になったと不満を漏らす。
▼めいろま氏自身もイギリスに移住した移民。それゆえ状況を詳しく把握している。


それでは、より詳しい解説を一気にみていってみよう。









本当に分かりやすい解説でありがたい。実際にイギリスに住んでいるからこそ把握している病院や学校の問題はめいろま氏ならではといったところ。直接的には無関係とはいえ、経済面で影響を受ける日本としてはいまいひとつイギリス国民が何を考えているかが理解できなかった。それがようやく腹落ちしたという感覚だ。
また、より読み応えのある解説については「めいろま」氏が執筆した記事「イギリスがEU離脱した理由」を一読あれ。現地の事情が手に取るように分かる力作だ。


・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


大量の難民でも大変なのに、普通に多くの移民が入ってくる。

まあ自業自得とはいえ、キツイ。


これで庶民は結構痛手も受けるが、シティーは内心万々歳・・・

イギリスが総タクスヘイブン化する・・・庶民は食えないけど・・・・・。


下衆い連中もうごめいているが・・。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[11/19 chtk217]
[11/18 名無し]
[11/18 仏教徒]
[11/18 忠武飛龍]
[11/17 笑む]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved