忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[7129]  [7128]  [7127]  [7126]  [7125]  [7124]  [7123]  [7122]  [7121]  [7120]  [7119
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
シャンティ・フーラ より

上記文抜粋
・・・・・・・・
日本国民全体が“コロッと騙されている感がある”新潟県知事選 〜東電と内通し原発再稼働に踏み切る可能性有り〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 どうやら私も含め、新潟県知事選に勝利した米山隆一氏には騙されていたようです。今回の戦いは、田中龍作ジャーナルにある通り、“原発再稼働を許さない”という県民の意思が奇跡を起こしたものといえます。この結果によって、新潟での原発再稼働には、大幅なブレーキがかかることになりました。通常であれば、取り上げたツイートの通りだと言えます。
 ところが、話はこれで終わらないようです。“続きはこちらから”以降の、名もなき投資家さんのツイートを見ると、日本国民全体が“コロッと騙されている感がある”のです。確かに事の経緯を指摘されると、米山隆一氏を簡単には信用出来ないのが分かります。
 おそらく、彼は東電と内通しており、適当なところで“安全性は確保された”として、原発再稼働に踏み切るつもりなのではないでしょうか。要するに、彼は今でも本音では原発推進派なのです。
 ただ、今回の選挙は彼に投票するよりなかったはずです。少なくとも県民の意思が示されたことで、当面、原発再稼働は頓挫した形になります。東電、経産省側は最悪のケースに備えて手を打っていたということなのだと思います。敵はなかなか手強いです。


新潟県知事選 再稼働に慎重 米山隆一氏が初当選(16/10/17)
配信元) YouTube 16/10/16


・・・中略・・・



・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり



なるほど・・・。経産省は、まさに「テロ組織」だよね。まさに「両建戦術」。

参考

>アレルギーか?そうかなぁ?経産省がテロ組織と判明してるのだから、ふつうに警戒してるだけなんじゃね?



お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
これが「ヤンキー文化」の手強さ
周囲の気を引く(福島の件がありながら原発を稼働)為ならどんなことでもやるというのはヤンキー文化では必須事項ですからね。第二次大戦時のヤマトなんぞ連合国陣営にたいして、自らの戦死者数を積み上げて「さあどうだ!かかってこいよー!」とけしかけていましたからね。原爆を二回落とされても、軍部は本土決戦満々でした。彼らの執念が、新自由主義の世界的浸透(あれでアメリカを自滅させられましたから)で結実しましたが、まだやり足らないのでしょう。
chtk217 2016/10/18(Tue)05:43 編集
Re:これが「ヤンキー文化」の手強さ
>周囲の気を引く(福島の件がありながら原発を稼働)為ならどんなことでもやるというのはヤンキー文化では必須事項ですからね。第二次大戦時のヤマトなんぞ連合国陣営にたいして、自らの戦死者数を積み上げて「さあどうだ!かかってこいよー!」とけしかけていましたからね。原爆を二回落とされても、軍部は本土決戦満々でした。彼らの執念が、新自由主義の世界的浸透(あれでアメリカを自滅させられましたから)で結実しましたが、まだやり足らないのでしょう。

私もそう思えます。


書き込みありがとうございます。
忠武飛龍 【2016/10/18】
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[11/17 笑む]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/16 みるみる]
[11/15 ナオト]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved