忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。
産めよ増やせよ大和撫子 より

上記文抜粋
・・・・・・・・
一斉に国体の問題がネットに出てきた  


開始>
ところで、アメリカにも国家を実質的に動かしているエリートたちというのがいるわけです。政治家でなく。その連中が、戦争屋に操られているクリントンを嫌っているという話もある。

終わり>

シリアスな歴史が動き始めているようです

今までは?

冗談の一種かも。冗談で十年おきに米軍によって100万人が殺されていた?

「アジア人皆殺し」は米軍の伝統、デファクトスタンダードです

ボスポラスから東、太平洋岸より西はアジアです。アメリカ大陸を「インデアン」からを奪う前は、アジア=インドは大西洋より西だった

だからインデアンなんですわ。

この地域は人食い自由と考えているのが

西欧の国体で、そのまんまのことをしてきた。

(アジアともう一つのヒト以外地域は地中海より南、すなわちアフリカです。オーストラリアも入っていて、アボリジニ皆殺し。)

その「国体」が中国の核武装で調子狂っちゃっています

「アジアの国体」が動き出したので。

500年間の倍返しの始まり、

中国から大量の賄賂を受け取っているヒラリーでは勝てない、ということかもね

開始>
クリントン氏優位に変化も=メール捜査再開、投票前に激震-米大統領選
ワシントン時事】米大統領選の投開票が11日後に迫る中、激震が走った。民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官(69)の私用メール問題で、連邦捜査局(FBI)が捜査の再開を議会に伝えたためだ。共和党はメール問題で再び攻勢を強める構えで、クリントン氏優位の流れが変わる可能性も否定できない。

【図解】米大統領選2016・ビジュアル解説

 ◇沸き立つトランプ陣営

「FBIが捜査を再開する。ついに正義が下される。ウォーターゲート事件より重大だ」。共和党候補ドナルド・トランプ氏(70)は28日、メディアの速報からほとんど間を置かずにニューハンプシャー州の演壇に立ち、興奮気味にこう報告した。聴衆は「投獄しろ」と連呼した。
 大統領選は、クリントン氏が独走状態に入りつつあった。トランプ氏によるわいせつ発言が表面化して以降、激戦州は次々にクリントン氏優勢に変わり、大統領選は終わったとも指摘されていた。思わぬニュースにトランプ陣営は「素晴らしい日だ」(コンウェー選対本部長)と沸き立った。
 一方のクリントン陣営にとって、捜査再開は寝耳に水だったようだ。ニュースが全米を駆け巡っていた頃、クリントン氏はアイオワ州へ向かう機中にいた。到着時、記者団が呼び掛けても答えず、その後の演説でも言及しなかった。
 クリントン氏が口を開いたのは、一報から約6時間後。夜に入ってからの記者会見で「国民は全ての事実を直ちに知る権利がある」と、FBIに捜査情報の全面開示を要求した。ただ、質問に長くは答えず、3分ほどでその場を後にした。 
◇FBIに不信感
 捜査再開のきっかけとなったメールは、クリントン氏の最側近フーマ・アベディン氏と別居中の夫アンソニー・ウィーナー元下院議員が所有していた機器から見つかった。ウィーナー氏は少女にわいせつな写真を送信した疑いを掛けられており、FBIはこの事件を捜査していた。
 FBIのコミー長官は、メール発見の報告を27日に現場から受け、「捜査上の適切な措置」を取るよう指示したと議会に通知。長官自身が示唆するように、新たなメールは捜査上、大きな意味を持たない可能性もある。
 しかし、米メディアによれば、捜査の結論が11月8日の投開票前に出る可能性は低い。情報が乏しい中、有権者の疑心暗鬼が募る恐れもある。
 民主党内では、元共和党員のコミー長官への不信感が高まっている。米メディアによると、長官は「捜査終結を議会で証言したことを考え、再開を報告する義務を感じた。情報を補完しなければ国民をミスリードする可能性があるとも考えた」と職員に説明。クリントン陣営のポデスタ選対本部長は「異常だ」と憤りをにじませた。(2016/10/29-14:29)
【国際記事一覧へ】 【アクセスランキング】
終わり>

初めてです。日本のマスゴミの片割れが真実を報道しだした。

戦争は嫌よ。西洋国体の「皆殺しビジネスモデル」を放棄させなくちゃ。

西欧の国体は今度は俺たちの番かも、と思っているでしょう。

東洋は同じようには考えません。政治は共存と考える。

西洋は政治は覇権だと考える。

覇権と征服の時代は本日にて終了、といきたいものだ。

歴史の実態は少なくともこの二千五百年は征服と共存の振動、思想的、地域的には東洋と西洋の振動。



・・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり



同じく より

上記文抜粋
・・・・・・・・

日本、北朝鮮、韓国:統一教会政権  

統一教会の教祖はブッシュのお友達。資金回収目的で?暗殺され?かかった?けど。

こういう構図を崩そうと持っている人間は?

普通に考えると中共でしょうね。

ネオコンの敗北間近で世界設計図の書き換え進行中

安部さん、どこへ逃げますか?

開始>
【チェ・スンシルゲート】ある女性の回顧によると、朴槿恵とチェ・スンシル父親が絡み合った翌日の朝、寝室には各種避妊器具、変態的性玩具が散らばり吐き気がする程だったという
終わり>
事実はどうでもよくて

政治的に見るとクネクネは統一教会の下僕だということ

統一教会はIS,などと同じでCIA製だと信じられている


そうすると

追い出すことにしたのは中共ということになる

ドテルテ、オナガ知事、クネクネと皆、同期して動いています。



タケナカはマンハッタンにマンション一棟持っているそうですからNYでしょうが

田布施部落へ帰る?

国内なので難しそう。韓国は国家かどうかさえ怪しい地域

北朝鮮かモスクワがいいかもね。

・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり



アメリカ追い出し・・・


同じく より

上記文抜粋
・・・・・・・

日本は天皇が立ち上がらないと立ち上がらない  


なぜ日本人がヘコヘコ奴隷のままでいるかというと

天皇を人質に取られているからです。

インカ帝国に対してスペインがしたのと同じことをアメリカはしているので

反抗できないのです。

スペインはキンを奪った後、皇帝を殺して、インカ人を強姦、虐殺し、奴隷にしたが、日本は生殺しにして晒し者にしている。

これが日本が動けない理由で、この仕組みを誰がアメリカに教えたのか?

幕末に天皇すげ替えを行った、イギリス、具体的にはアーネストサトウだろう。

しかし、楠木正成の像が皇居の前にあるところを見ると南朝由来のようで、
南朝の方が、血統的には正統派かもしれないので

こちらも天皇家なんでしょう。

じゃあ、足利義満の系統の北朝を復活させたらいいじゃないか

となって、

徳川は北朝と婚姻を繰り返し、天皇にならなかったのを坊主にしたりしているので

立派に生き残っているわけです

日本からドテルテ様人物が今、出ないのは、むしろ、こっちの人間の問題で

こちらもアメリカの仕掛けた高度成長の蜜をしっかり受け継いでいるのでないのか?

北朝の流れはアメリカ利権を受け取っている側に回っているかもよ

明治維新以来の百七十年全部を否定して再構築する必要がある

この170年間、隠れて生き延びることが使命であった、日本のオーナーは

どこにいる?? 誰なのか?  誰もしらない、

こういう事態であるわけです

自己認識が闇の中へ消えていく構造になっている。

誰が発明したのか知らないが、

そういう構造になっていて

「人権」とか「正義」に侵された左翼脳にはさっぱりわけがわからないわけです。

日本にはドテルテ様人物がいたわけで、昭和天皇そのものが破壊され人質になった後、田中角栄やその弟子の小沢一郎ですが

偽選挙とアメリカの手下の総攻撃の前にあえなく沈没。。。要するに何度も出ては失脚、を繰り返してきたわけだ。

そして今やGHQの作った公明党とCIAの作った統一教会の連合が選挙操作で作ったらしい今の安倍の独裁政権になっているわけです

いつも日本はアメリカの圧政と戦う時期が早すぎたわけです。

日本再独立の鍵は天皇の動向にある。

エルドアンの様に一挙にこの連中がひっくり返るかどうか?


大愚はこの千五百年ほど天皇がずっといる日本の事情はアメリカとは違った位相にある様に思います。


アメリカ人は中国人と同じで、血統とは関係なくみんな「機会さえあれば俺が皇帝だ」、と思っているのです。

それが力だけが正義の根拠である「世界標準」の政治意識ですが、日本では違っていて。血統意識が重なっている。

だから天皇家の血統さえ押さえておけば日本人は大人しくなる、と見ていイェそうしているわけです。

知の体系が輸入屁理屈の理解に忙しく、自己分析ができていない、とも言えるでしょう。

要するに文系の不甲斐なさにたどり着く


世界にこのような政治構造を持っている国がないので

どこかから持ってきたら済むような、安易な言葉がないのです。

心理学そのものさえアメリカやヨーロッパからの輸入で、当てはめ行為をしている奴らばかりだからこうなる。

どうしたって政治意識のところで違ってしまうのです。

日本人の根本感情を表す言葉がない。

世界標準は「独立自尊」です。この概念は血統とは関係ないのです。ところが日本では「血統正当性のある独立自尊」

になっているので、軍事制圧する側からすると血統の正当性を乗っ取ったらいいわけです。


だから武家政権は鎌倉の昔から、延々と嫁を送り込んで天皇家と同質化する政策をしている

この構造は実は、ユダヤと極めて似ている。

・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


同じく より

上記文抜粋
・・・・・・・・

正当性の根拠に血統は必要か?  


大愚は血統は必要ないと思いますが

「天」は必要なように思います

上位概念の承認がないと正当性を確立できない。

皆が認める上位概念がないと、協力関係がうまくいかない。

個々の生命維持が協力で成り立っているので。この協力の正当性を保証する概念上のツールが絶対必要だ

それで、カミを発明したのでないかと思っています。最初は自然発生的なのかもしれません。

カミも一種の生存ツールなわけです。

この正当性の根拠に血統が紛れ込んでいる。

古い社会は皆そうで

北欧系の、石器時代の伝統を残しているところは正当性に血統が入り込んでいる。

だから、イギリスは王を輸入して象徴にするべく連れてきている。スエーデンやオランダも王を据えている。

雌ライオンが合議で、力の強いオスライオンを承認するのと似ている。

協力するには権力中心が必要で

精神で駆動するので、その共通基盤が必要

科学が発達して、皆が信じることのできる神様が居なくなったので

今の所、「嘘つかない」が神様の地位を得ている。

「天」が「公明正大」になっている

そうすると、「嘘」を支配の重要なツールとみなしているネオコンは

「神に逆らう絶対悪」になる。

今起こっている世界史的な転換現象は。。。中共も汚職追放、嘘追放、法治国家化を急いでいますが

プーチンも独自メディアで西欧の嘘政治に対抗しようとしていて、今、大愚の読む最大のメディアはsputnikです

嘘をやめようという動きになっています

「嘘」を真実化するには膨大なエネルギーが必要。

今やネットの登場で、

以前はもっとも正当化を作るためのエネルギー効率の良かった「嘘」が

(マスメディアは一方的に垂れ流すだけなので偽情報で洗脳する手間と時間がかからない)

今や嘘を信じさせるためのコストが膨大になって

「嘘」はものすごくエネルギー効率が低いのです。

これがヒラリーが捨てられる理由でないですか。

要するに嘘で支配するという政治学は「古くて効率が悪い」のです。

みんなそれぞれ忙しいので手っ取り早く安心したいわけです。

なんでもすぐバレるネット時代では嘘をつかないのが手っ取り早くて効率がいい。

売れる商品を見たらわかるように我々は楽チンがいいわけで、嘘が認識にとって楽チンだったのですが

ネットの検索エンジンのせいで疑い始めるとデータはいくらも出てきて無限連鎖になるので時間とエネルギーが無駄になる。

それで皆、いい加減にしろよと怒り出す。。。。

・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


>ところが日本では「血統正当性のある独立自尊」になっているので、軍事制圧する側からすると血統の正当性を乗っ取ったらいいわけです。


てことだ。

血統て、政治的な正当性などないのは、今の世の中見たらわかるでしょう。

北朝鮮など、その例ですは。日本の天皇も毒抜きはしているけど、それでも簡単に致死レベルになる。

「正直にしなくてもいい」からね、血統で政治的正当性が保障されるとね。



天皇制ってなくならないと、本当に日本人は「独立」できない。

独立しないと、本当の「絆」を結べない。



天皇を終わらせて、日本を始めよう。


同じく より

上記文抜粋
・・・・・・・


意外な人がこのブログを見ているらしい  

コメントも受け付けないので

ここはアイデアの垂れ流しブログです。

で、

国際秩序の構成要素

裏から統一教会に支配されているらしいクネクネが攻撃されていて、その背後に中国がいるだろう

というのは国際秩序的には常識だと思います。

むしろ韓国経済界は中国に近寄りたいのでしょう。

経済の現実に政治体制を合わせたい。韓国を奴隷にしたIMF=偽ユダヤはもうこりごりだ

日本もそうなのだが、米軍に軍事占領されているのでなかなかそうはいかない

同じく軍事占領されて国をぐちゃぐちゃにされて米の諜報機関の財源の一つである麻薬の売り先にされている事態に正面から挑戦しだした

ドテルテの出現は驚異です。

こういう現象には国際的な力関係位の変化があるわけで、フリピンの実力者=華僑が舵を切ったということでしょう。

核兵器なしでこれを言い出すのは、秀吉が鉄砲なしで、キリシタン禁止を言い出したようなもので、

軍事的にはありえない。

そうするとどこが、ということになるが、当然、

中露連合ということになる。

欧州のロシアの制裁はもうきかなってきて、ロシアの国土開発のスピードは衰えない。

ということは、中国が大量にロシアの石油天然ガスを買っているわけです

生きるエネルギーの流れは軍事の体制がないと安定的に流れません。

アメリカはその流れを事もあろうに、破壊して再建するというトンデモビジネスを

「東アジアでするのだ」とヒラリーが明言したので、東南アジアは、びっくり仰天して

一挙にアメリカから離れた。

ヒラリーたちは東アジアを中東の悲惨な状態「=石器時代に戻す」にするつもりだと気がついたわけです。

そうするとどこに助けを求めるかというと、自国兵の独立を強化する一方、同盟が必要だ

どこと?

中露に決まっているでしょう。


中共にとっても国防の安全の必要上、周辺諸国の政策変更させる必要がある。キーは「THAADミサイル」の設置です。

中国は韓国と日本と沖縄と台湾とフィリピンで

太平洋側をブロックされているのです。。。。。。。その全部にTHAADミサイル...

これをひっくり返そうと思わない中国人はいない。

好き嫌いで軍事は語れません。兵力は物理力だから


ヒラリーは東アジアの同盟諸国を中国側に追いやったのです。

彼女はそれで、爆弾の捨て場にして儲ける気のようですが

フィリピンは戦場にされそうなのでサーっと逃げたようとしているわけです

ひょっとするとヒラリーの「東南アジア重視宣言」は中共が献金した返礼のつもりかもよ

そうすると、「嵌められたのはアホのヒラリー」ということになる。

一挙に親米諸国をヒックリ返した中国の軍師の勝ち。


習近平政権に「太公望」がいるのですよ。



・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり



太公望は、殷にいじめられ殺されまくった「羌」の一族と関連あるとか。殷ウイキ

羌と太公望の「姜」と関係があるようで。羌ウイキ


一番喰われていた一族から、大逆転の戦略が出てなした。

中国・・、あるいは日本が、そのひそみに倣えるか。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック