忍者ブログ

渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

芸能界は、売春と薬物の広告塔・ショーケース。

青洲のブログ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・・
麻薬、覚せい剤、AVを野放しにする官憲の罪は重い!!

麻薬、覚せい剤、AVを野放しにする官憲の罪は重い!!

 芸能界にはびこる麻薬、覚せい剤、AVは野放しの状態であるために「シンジケート化」して、多くの犯罪が平然と行われています!!

 そして、数多くのうら若い少女たちが餌食に成っています!!

 街角で、若い女性たちがスカウトされて事務所に連れていかれて、出演契約書にサインさせられて

 AV出演を強要される被害が続出~ 女子大生が続々食い物になっているのです。

ポルノ・アダルトビデオ産業の大手になると年商2,000億円の巨大産業と成っており、なんとなんと首相経験者の(M)や、法務大臣経験者の(H)が、後ろ盾となり官憲の介入を防いでいるのですから、お話になりません!!

 ポルノ・アダルトビデオ産業が生み出している女性や少女にたいする人権侵害調査書を閲覧した人権団体や、市民団体は激怒して意思に判した「AV出演」を社会問題化させましたが、「意思に反したAV出演」とは何事かと言いたい。

 この曖昧な態度こそが、AV業界がここまで巨大産業化されてしまった原因ではないのだろうか?

日本が、AVや売春の温床と成ってしまったのは「米軍の占領政策」の一環ではあるが、このような行為は決して容認させてはならず厳重に取り締まらなくてはならない日本の悪習である。

 人権団体や、市民団体のようせいにより政府もようやく重い腰を上げて、内閣男女共同参加局や首相官邸が緊急対策を講じて、調査取り締まりを始めましたが逮捕されるのは「トカゲのしっぽ切り」ばかりであり、本家本元は意気軒昂である。

 しかし、ここにも困った問題が発生しており関係官憲を悩まさせているのが現状のようです!!

それは、AV業界に女性自身から好んで応募するうら若き女性が後を絶たないというのですから、節操のなさに驚くばかりです。

 官憲が、女優気取りのAV女優に動機を尋ねると、

「お金が、必要だった!!」

「報酬が、高額である!!」

と吐露した挙句に

「性犯罪の防止!!」

をうたい性産業の必要性を強調して、被害者のいない事を訴えるというのです。

 これでは、百戦錬磨の強者でも頷いて

「一理あるなあ・・・・。」

とつぶやくようである。

 また吉原のソープランドの実態調査をさせたところ驚くことに、警察がソープ嬢を集めて「避妊用具を必ず使用しましょう!!」

「検診には、毎月行きましょう!!」

と、指導するというのですから開いた口がふさがりませんわな!! 

このような状況ですから、官憲が、たまに動いて逮捕者を出しても全て末端の者たちばかりで、本家本元まで逮捕することはない!!

 何故か?

 政治関係者や、官憲の関係者が後ろ盾に成って金品を貰っているのである!!

それに、インターネット業者が「高額料金」を取ってAV業界の広告を掲載するというのですから、官憲はこれも取り締まらなくてはならないしインターネット上に掲載されている画像たるや、モザイクどころか酷いものである!!

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり



然り。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR