忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[7505]  [7504]  [7502]  [7501]  [7500]  [7499]  [7498]  [7497]  [7496]  [7495]  [7494
<<09 * 10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  11>>
geneumiのブログ  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
ドメスティック仕様オンリー

高官のハイレベル協議、なんて言葉をちょくちょく聞く。
確かに世の中には、世界レベルの高官が存在する。

しかし、ホンモノのハイレベル協議は表マスゴミとは無縁。
表向きマスゴミ垂れ流しレベルの情報は、ドメスティック仕様オンリーである。


ドメスティックでも通用しない・・・

ローレベル協議は国境にこだわる。
主な議題は利害調整。
とことんドメスティックな内容の軸は支配権の争奪。
これを金融でも経済でも貿易でも延々繰り返す。


ドメスティックでも通用しない・・・

言うまでもないが、安倍ピョんが偽総理であり続けられるのはアメリカの暗黙の了解。
しかし、現在行われているハイレベル協議(北朝鮮を巡る米ロ中)に、日本(安倍ぴょん)の出る幕はない。

なぜなら、本物のハイレベル協議の軸は国の利害ではない。
参加する本物の首脳に国境の概念はない。

これまでの仕組みでは偽油ダ屋の息のかかった人物しか参加できなかった。


来年もやるの?ダボス会議・・・

偽油ダ屋ドメスティックは無用になった。

これからは、本物の地球レベルの諸問題に対処可能な適正な人材選出の仕組みが必要。☜ 今ココ。

国境を超えた本物の議論ができる知性と資質が求められている。

現在の顔ぶれも、まだまだ修正が必要ではあろうが、少なくとも偽油ダ屋ドメスティック一辺倒ではなくなった。
(もっとも、周辺にまだまだスパイがうごめいているようだが・・・)

偽油ダ屋従僕による地球規模の議論は無意味。

偽総理のようなインチキ選挙で作られた政権なんて論外中の論外。
そんなことは、地球規模のハイレベル協議の出席者は織り込み済みである。
(しかし、一方で自衛隊の潜在能力は高く評価されている)
万が一の場合は活動に参加する余地は残しておきたい。



で、北朝鮮。
すでに落としどころは決まっている。
米韓軍事演習は演習ではない。
一部の特殊部隊は演習の前から暫時作戦行動をとっていると見るべきであろう。

標的は金正恩の捕縛または排除。
統治機能の中枢を殲滅し、事実上の権限委譲を北朝鮮内部によるクーデターに見せかける。

同時に金正男の息子を時期宰相(暫定政権)に据え、基本的人権を尊重する民主主義国家の体裁を整える。
この間は米ロ中の共同統治(水面下)である。

と、言う訳で、米中会談はその間のパフォーマンス。
(実際は、もう決まっているし、今回の議題はもっと先の懸案)

あれ?あれ?あれっ?


今までのことは忘れて、普通にアナウンスしていいんですよ・・・

いつの間にか北の馬鹿大将は姿を消し、別の首領様に入れ替わる。
血は流れない。
軍人はもとより、一般人の血は一滴も流れないのがベスト。

もちろん、水面下での粛清は熾烈を極める。
犯罪者は二度と娑婆には戻れないし、下手をすると人間として生きたまま(シリコ玉)を抜かれる。

それでも問題は残る。
北朝鮮人民の意識が長年の隷属支配に埋没し過ぎて追いつかない。

国民主権なんて考えもしなかった。
だが、一夜明けると世界が一変する。
混乱は止むを得ない。

しかし、これを笑う資格が日本にあるか?と、言う問題。


油ダポチオンリー仕様・・・

中流、知識や世間体で決して引けを取らないと自負しつつも、油ダポチだの日本懐疑だのに籠絡されている意識の低い日本人が大半を占める。
マスゴミを見よ。
安倍ぴょんレベルの超低空油ダポチメディアが企業として存続できるのは、民度が低い揺るがぬ証拠。


お先棒・・・

日本は北朝鮮を笑えないし、韓国と比べてもどっこいどっこい。
従ってあらゆるハイレベル協議には指一本触れることは許されず、蚊帳の外。

この間、余計なことをしないように、森友問題から始まって第五、第七くらいまで難問山積。
頼むから余計なチョッカイを出してくれるな!
国内問題で精々墓穴を掘っていろ!が、本音。


お先棒・・・

事実上、ハイレベル協議はそれぞれの国民の頭越しでどんどん変革を進める。
普通のメディアには乗らないので、誰も知らない。

中央集権の中枢にいても知らない人は知らない。
特に安倍ぴょん閣僚なんてレクチャーされても理解できない。

つまり、日本の深刻な構造問題は全て筒抜け。
それで問題はないのだろうか?

当ブログ管理者は、基本問題なしと考える。

その理由はハイレベル協議の軸は(宇宙レベル)の主権意識。
市民は居住するエリア(それを国と呼んでも構わない)の主権者であり、ひとりひとりが主体(霊)。
だから尊重される。
これを了とする意識を持ち合わせない輩は、そもそも参加資格がない。

早は話、子どもを守り育む意識の度合い。
言い換えれば生命環境の守護が基本理念。

この意味で北朝鮮クーデターは地球の利益に叶う。
(北朝鮮の宗主は偽油ダ屋であり、日本の油ダポチも多いに絡んでいる)

同様にシリアやアフリカの一部諸国の市民救済も優先度が極めてい高い。
そして、それは着々と進められている。
本当の情報が一般市民に届かないだけである。

なぜか?

メディアが油ダポチだから。

では、なぜ、本当の情報が一般市民から遠ざけられるのか?

それを知られるとドメスティックでしか通用しないこれまでの支配構造が総崩れになる。

ハイレベル協議の参加者は基本正直である。
もし、それを極めて正確に報道できるなら、かなりの数の一般市民は抵抗なく受け入れる。

しかし、意識レベルがドメスティック過ぎる人々には到底受け入れがたい。
何しろ頭の構造が国境線で仕切られ、ズタズタに切り裂かれている。
国ならまだしも、県とか市町村レベルでおらが村発想。

これまでの国際社会は偽油ダ屋さえ押さえればなんとかなった。
偽油ダ屋の基本ポリシーはタルムード・ドメスティックである。
つまり撒き餌に群がるエサにはニコやかに接するが、最後は骨の髄まで喰い尽くす。
確かに国境にはこだわっていないが、意識レベルはトカゲと同じである。

残念だが、この国は、いまだに油ダポチカルト信奉者が実行支配権を握っている。
いくら高学歴でも、数ヶ国語を操る国際派でも、基本がコレでは国際社会では相手にされない。

すでに最後通告は日本の中枢にも及んでいる(と思われる)。
ただ、意識レベルが段違いで、それに気づかない。
その意味するところが理解できいない、知らぬが仏ということか。

北朝鮮問題がこじれると局地的には惨劇が繰り広げられる可能性はある。
日本に影響が及ぶ可能性もゼロではない。

もし、北朝鮮の作戦に狂いが生じ、リアルタイムで軍事行動が明るみになって、一番胆を冷やすのは他ならぬ偽総理一派である。
なぜなら、油ダポチの最後を見せつけられて、明日は我が身を自覚する・・・。w

重要なのは、その辺にいる普通のオッチャン、オバチャンの意識レベルである。
曇りなき眼と意識を向けて見守るしかない。
見えないものは意識を凝らして透視するしかない。

ハイレベル協議が誤った結論や、間違った方針で大惨事(戦争)に至る可能性もある。
しかし、それも含めて変革の痛み(地球レベルの正常化)である。

日本人は長い間、ケツの穴のチッポケなドメスティック仕様オンリー・ドブ漬け支配に甘んじてきた。

国際社会では相手にされず、ハイレベル協議に参加する人物も排出不可能。
いつまでも頭越しに結論を出され、出た結果に従って行動するしかない二等三等民族である。

アジア勢は中国主導。
それはそれでいいが、日本人が参加できないのは情けない限り。

このままでは、いつまでたっても地球レベルの人材は育たない。
教育勅語だの、銃剣道だの、朝鮮代理政府制の教育カリキュラムではどうしょうもない。


ドメスティックでも通用しない負ける文科省は罪深い・・・

年上のオッサン、オバサンは偉そうにモノを言う前に、じっと手を見るべきだろう。
若者に説教する資格があるか?
ぬるま湯に浸って、油ダポチに甘んじて・・・。

中央集権のリセットに挑むしかあるまい。

ひとりひとりの自立独立 ☞ 中央集権の破棄。
これは意識レベルでイコールである。


・・・・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり



ダメな自慰妄想国家の日本。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved