忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

[8456]  [8455]  [8454]  [8453]  [8452]  [8451]  [8450]  [8449]  [8448]  [8447]  [8446

ゆるねとにゅーす  より

上記文抜粋
・・・・・・・・
【おお】米大手NYタイムズが「詩織さん事件」を特集!日本でほとんど報道されない”実態”を山口敬之氏の写真とともに詳しく紹介!

どんなにゅーす?

・2017年12月29日、米大手メディアのNYタイムズが「詩織さん事件」を大々的に特集。事件の詳細な経緯と、日本国内でこれがほとんど報道されない実情を山口敬之氏の写真と共に紹介し、世界的に話題になっている。

・一方で、先日に毎日新聞で報道された内容では、不自然なまでに山口氏の名前も事件の経緯も全く触れられておらず、この件を「タブー視」している国内メディアの異常さがますます際立つ形になってきている。

・・・・中略・・・

She Broke Japan’s Silence on Rape

TOKYO — It was a spring Friday night when one of Japan’s best-known television journalists invited Shiori Ito out for a drink. Her internship at a news service in Tokyo was ending, and she had inquired about another internship with his network.

They met at a bar in central Tokyo for grilled chicken and beer, then went to dinner. The last thing she remembers, she later told the police, was feeling dizzy and excusing herself to go to the restroom, where she passed out.

By the end of the night, she alleged, he had taken her back to his hotel room and raped her while she was unconscious.

The journalist, Noriyuki Yamaguchi, the Washington bureau chief of the Tokyo Broadcasting System at the time and a biographer of Prime Minister Shinzo Abe, denied the charge and, after a two-month investigation, prosecutors dropped the case.

Then Ms. Ito decided to do something women in Japan almost never do: She spoke out.
【The New York Times 2017.12.29.】

・・・・中略・・・・













続々と大手海外メディアが「詩織さん事件」の詳細を報道!この件を一切報じない日本のマスコミの異常性が世界で周知されることに


つ、ついにアメリカ最大手のNYタイムズがこんなに詳細に、詩織さん事件の顛末を報道したのねっ!!
山口敬之氏の写真までこんな風に報じていて、日本のメディアとは雲泥の差だわっ!

ボクも、取り急ぎ日本語に翻訳した上で目を通させてもらったけど、事件現場となったシェラトン都ホテルのタクシーの写真まで載せた上で、実に詳細なまでに事件の経緯が綴られている上に、山口氏のことを、安倍総理の伝記を書くほどに「安倍政権と特別な関係を持つ人物」として紹介しており、事件の本質に迫る記事となっている。

これは、つい先日に世論の高まりを受けて”仕方なく”報道した毎日新聞とも見事なまでに対照的で、当サイトでも、この毎日新聞の記事を「非常に残念な内容」として紹介したばかりだった。

NYタイムズでは、この一件を知らない人にもよく分かるように事件の経緯が実に詳細に書かれており、かつ、「何故詩織さんがここまで立ち上がり、彼女の頭を必死に抑え付け、口を塞ごうとする日本社会の激しい抑圧に倒れそうになりながらも、それでも懸命に声を上げ続けているのか?」という理由を、誰もが容易に理解できる内容となっている。

やはりこうした記事を出すことが、マスメディアに課せられた役割であり、ますます日本のマスコミの絶望的な劣化と異常性を浮き彫りにする状況になっているね。

この毎日新聞の記事を読んでも、その差は歴然よねっ!
改めて読み直しても、不自然すぎるくらいに全く事件の経緯が書かれていないし、これじゃあ、どうして詩織さんがここまで頑張って活動し続けているのもよく分からないわ。

本来のジャーナリズムとは、世の中で起こっている「事件の本質」をありのままに伝え、読者の側に問題提起をしつつ、ボクたち一般市民に多くの「考える機会」を与えることであり、権力側に忖度して都合の悪いことを隠したり、権力が利するような世論操作をするものではない。

日本のマスメディアの関係者も、こうした海外の報道機関の内容をよく見ながら、自らの報道姿勢に対して、胸に手を当てて今一度考えてみることが必要なんじゃないかな?

海外のマスメディアは、メディアとして「当たり前」の報道ポリシーに基づいて、(海外での出来事でありながらも)詩織さん事件をどんどん積極的に取り上げている状況だわ。

こんな体たらくをいつまでも続けていたら、どんどん最近の日本の異常性や社会の腐敗が世界に知れ渡ることになっていくし、このままでは日本のイメージも世界でますます悪化して、私たち自身にとっても重大な損害を被っていく可能性も大だわっ!

それだけに、ボクたち日本国民も、今以上に現状の日本に危機感を持って、安倍政権の危険さと異常性をより強く批判していく必要があるね。

・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


なぜ、このように恥ずかしいことが起きるのか。

その一因は「国家が書類を亡くす・隠蔽することを是とする」日本人の未開さである。

ツイッターで韓国の人が「日本には正史が無い。ので先進国か怪しい」という趣旨のことを書いていた。

革命が無いので、前の政権の政策の妥当性を検証することができない。

それが日本が延々と先進国になりそうで、自沈していく一因と思える。

DEEPLY JAPAN  より

上記文抜粋
・・・・・・・・
「記録を残さない→フリーハンド」をいつまで許すのか

モリカケ問題、南スーダン日報問題といった事件から見えてきたのは、国家の記録を隠蔽するどころか、資料を残さないという傾向を国家の中枢の人々が持っているということだろう、ということから、ジャーナリストの青木理さんが、保坂正康氏にインタビューしたという記事が毎日新聞に載っていた。サンデー毎日に出たものらしい。

保阪正康・救国直言! 「出でよ!日本の異端児」=青木理

https://mainichi.jp/sunday/articles/20171225/org/00m/010/001000d



振り返ってみても驚くべき事態だったなと思う。

 森友学園や加計(かけ)学園をめぐる疑惑も同じである。国有地が異常な安値で払い下げられた経緯を記した文書類を、財務省はすでに破棄してしまったと開き直っている。加計学園の獣医学部新設をめぐっては、「総理のご意向」と記された文部科学省の文書が流出したものの、政権幹部は「怪文書の類い」と強弁し、のちに文科省内で存在が確認されても「事実ではない」と、これまた開き直った。一方で内閣府などに残されているはずの記録は、いまに至るまで公開されていない。

そこから、保坂さんは、敗戦に至る直前の大日本帝国の行動を呼び起こす。

「青木さんの問題意識をうかがい、すぐに思い出したのは昭和20(1945)年8月14日のことです。この日の閣議と大本営の方針で、戦争に関する一切の資料や文書の焼却が命じられ、軍事機構や行政機構の末端にまでそれは伝わった。全国の市町村や軍事施設では膨大な資料が次々に燃やされてしまいました。『焼却せよ』との文書も残したくないので、末端では役場の職員が、村から村へ自転車で伝えたそうです」

一切合切焼却しようとしたおかげで、軍に在籍していた記録を取れなくなった人とかもいたと聞く。恩給問題でこの記録が重要なわけですね。

しかし一方で、ちゃっかりしているところもあって、保坂さんが別のところでお話されていたのを聞くに、特高警察の人たちの中には、偽名で人生を再スタートした人もいたらしい。恨みを買ってるという認識があったわけですね。笑えないほど見事な保身ぶり。

最近の例では、今後問題になっていくだろうと予想されるわけだけど、天皇の退位問題について議事録をちゃんと残していない。誰がどういう考えでどう判断したのかを残す気がない傾向は連綿と今に続く。



ざっと読んで思うのは、要するに、民の側、一般人の側の追及がどうせ弱いと思っているからこそ、上は適当なことができるってのもあると思ったりもする。要するに、主権在民の国になったということになってるけど、根幹はそうではないという話なのだろうと思う。



■ 特攻機の無線の話

それはそうと、保坂さんのお話の中には、あまり多くの人が知らないであろうエピソードが入っていた。

「僕は以前、鹿児島の知覧から飛び立った特攻機の無線を聞いていた海軍士官の日記を見ました。そこには〈今日もまた、「海軍のバカヤロー」と言って散華(さんげ)するものあり〉と記されていた。だから、みんなが勇猛果敢に死んだというのは違うと書いたら、どんな反応が来たと思いますか。『当時の海軍の無線は本土から沖縄まで届かない。だから保阪の言っていることはウソだ』と。こういうのを一知半解と言うんです」

https://mainichi.jp/sunday/articles/20171225/org/00m/010/001000d



つまり、特攻機には無線がついている。突っ込むまで、つまりパイロットが死んでいく様を聞いていた人がいた。

しかしそれについての公式記録はない。が、保坂さんは上の記述のある海軍士官の日記を見たことがあるので、それをどこかで語った。すると、そんなことはない、なぜなら沖縄まで無線は届かないとかいう反論があった由。しかし、

「特攻機は沖縄どころか、鹿児島湾で墜落してしまったり、沖縄に着く前に米軍に撃ち落とされてしまっている。そういう事実も知らず、一知半解で物事を語るのが歴史修正主義者の特徴です」

ということ。

これって、よく考えればそりゃ作戦中の行動なんだから無線を受け取っている側がいてもまったく不思議な話ではない。

ではなぜそんな簡単なことを否定しようとするのか。それは、死人に口なしで都合のいいように解釈しようとしているのに、そんな事実関係が出てきたら現実の話を構成しようという人間ならではの想像力が働き、都合のいい話が成り立たないだろ、ってことじゃないですかね。

死んでいく人間の「無念」と「愛国心」にフォーカスを当てそこだけを見せたいのに、その人を巡る周囲の人の存在を加味すれば、屋上屋を重ねて嘘と偽善を語りつつ人を死に追いやったスキームが見えてしまう。無線を聞いていた海軍士官は絶望的にならざるを得ず、それは愛国心などと言ったものでは拭い去れない傷を彼に残すだろう。

つまり、保坂さんのエピソードは、オフィシャルなナラティブ(≒ストーリー)に亀裂を入れてしまう事実の開陳と、それを防ぎたい人々という構造を持っている、というところでしょうか。



保坂さんはかねてから、特攻を賛美するような風潮を批判しておられる。戦場だから偶発的にこれしかないという、後年みれば無謀で惨い作戦はあるだろう、しかしそれを作戦として取り入れてしまうか否かは別問題であり、それを取り入れた旧軍を賛美するのは間違い、というご批判だったと記憶する。

私もこの判断に賛成。現実問題、航空機特攻も最初は成果が予想できる一つの作戦として力量のある現場が行動したもの。それを、愛国心の発露みたいに使い出したのは本当に惨いことだし、間違いであったと考えるべきだろうと思う。


・・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

文章を残さない・消し去って、「有耶無耶」ってのは、日本の官僚の得意技である。

小野妹子が隋からの国書を「紛失」して、漸く隋と国交が出来た古代日本。

そういえば、秀吉の朝鮮侵攻の後始末をした、家康は、対馬の宗氏に任せて、あえて「文章偽装」も黙認して、ようやく国交を回復した。
むろん、朝鮮側も似たような感じであったので、お相子とはいえ、日本人のもう少し穏当にいうと日本の政治の「公文書軽視」が、業病のようなモノ・・・。

この延長で、庶民を誑かし続けてきたのだが。

通常「公文書を意図的に紛失する・あるいは故意でも無くす」のは、世界の官僚の世界では「ダメ官僚・ダメ公務員・ダメ事務員」の典型で、日本の高級官僚は、誰一人その職務を海外では維持できない。


なにか、本当に、「外国に占領され、外国人に支配される」ことがないと、この業病は治らん気がする。
この業病で、さらに「天皇の権威」をもって、延々と日本人を抹殺し続けるのが、日本の「天皇制国家」なのである・・・。


このように公文書を残さない国が、普通存続し続けれない・・・。

ので放射能で滅びる・日本会議政権による戦争で滅亡。ってのはまさに理にかなったことである・・。


それを防ぐために、革命を。易姓革命でも市民革命でもいいが、革命を・・・。



日本人を「天皇」という檻・鳥かごから、解き放つために、革命を・・・。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
携帯用絵文字   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

日本人の「外交感覚」「政治意識」って外国の幼稚園児くらいしかない。「天皇」と言う檻から逃げ出せ日本人。 HOME 医療が必須な人は気を付けよう・・・あとは、デフォルトを待つだけだが。

12 2018/01 02
S M T W T F S
24 25 26 27
28 29 30 31
[01/23 通りすがりの名無し]
[01/22 chtk217]
[01/22 ナオト]
[01/22 菱川師宣]
[01/20 笑む]
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
P R

忍者ブログ [PR]
template by repe