忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

結構「文系の思想」って大事だよね・・・

産めよ増やせよ大和撫子 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・

アメリカ医学は偉大な反面、狂気でもある  

莫大な利益を上げる白血病の抗がん剤はアメリカ人の患者の寿命を延ばしていない。


なぜなら、健康保険を買える人がものすごく少ないから。

一方、日本は皆保険でかつ生活保護は医療費無料なんで

患者の寿命がどんどん伸びて、この抗がん剤で効く白血病で死ぬ人がいなくなりそう。

ただし、国富はアメリカの薬屋の中へ、怒涛のように流れ込む。

これは確かに医学ではあるが医学でもない。

アメリカ人て何してるんだろうか?

全てがこの調子で、偉大な知識の愚劣な使い方で元の木阿弥。兵器もそう。秩序維持のために使わず秩序破壊のために使うので、結果、米国に本当の富と尊敬が流れ込まず、数字上は豊かだが、

世界中で軽蔑と嫌悪に出くわすわけだ。


なぜこうなるかというと、指導者層が「今だけカネだけ自分だけ」理念だからです

人々の喜びという言葉を幻影のように使って、自分の懐へカネをねじ込むことばかり考えている

言っていることとしていることが真逆なんです。これって、西欧政治文明の根本原理です。

いつからこうなったのか?

やはりパウロのせいではないか?

一方東アジアは、ブッダの理念に救われている。ブッダは現物主義で、変な妄想は否定していますので

行き過ぎない。その代わり、許容かつ協調的なので、殺し合いに弱いのです。

嘘と騙しの方が軍事では強い。

食うものが勝手に出てくる、熱帯の哲学と、飢饉の可能性が常にあり騙して奪わないと食い物が手に入らない、温帯のせいかもしれない。

自然環境に帰着するのか、一人の天才的詐欺師に起因するのか。

思考の枠組みが文明全体の性格を決める。

思考の枠組みが異なると同じ技術を使って同じ言葉で会話して、結果が真逆ということがどこでも起こりうる


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


理念・思想が、たいがいの幸福・不幸を左右すると思う。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR