忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[7819]  [7818]  [7817]  [7816]  [7815]  [7814]  [7813]  [7812]  [7811]  [7810]  [7809
<<09 * 10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  11>>
geneumiのブログ  より

上記文抜粋
・・・・・・・・

ジミン党候補が全員当選すれば、そのほぼ全数が日本懐疑だった。

議会から日本懐疑が1人でも減ればご同慶の至り。
これを全国で、そして国政でも粘り強くつづけていきたいところである。

と、言いたい所だが、今回も寄生虫公明党が全員当選。


当ブログ管理者は消去法で今回は共産党候補に一票

まさしく日本の癌。

政党を度外視すれば、相変わらず、カルト代理支配要因が相当数紛れ込んでいることに変わりない。
実に気分が悪い。
都民ファーストも実際は代理支配勢力の一翼である。
現在の既成政党は残念ながら、日本人を代表しないのである。

都議選の期間中、当ブログ管理者はとんでもない事故に出くわした。

国際メール便が途中で何者かに盗まれた。
ただし、同梱した封書は有償切手も貼っていないのに配達される。
その2日後に空っぽの封筒だけが配達された。

もちろんすぐに問い合わせたが、調査の結果、国際郵便のセクションでの脱落は確認できなかった。
送り主に再送を依頼してもらうしかないとのこと。

じゃ、何処で脱落?じゃなくて、誰かが開封して中身を抜いたのか?
その間は郵便局以外のセクションを通ることは無い。
つまり、郵便局員が抜いたのは明らかである。

郵便局には極右カルト勢力がいるのか?
私信を簡単に破いて中身を抜き取る輩がいるのか?

答えはYESである。

為替や小切手などを盗む犯罪は珍しくなくなった。
有償の書留などを使う場合は補償されるケースもあるが、一般郵便はその限りでない。

つまり、抜き取られても文句を言わずに再送してもらえ、と、いうことである。
日本のポストオフィスも落ちたものだ。

それもこれも民営化が原因。
民営化の狙いは盗むこと。
郵貯銀行の莫大な資産を偽ユダヤが欲しがった。
それ以来、送り込まれる経営トップは犯罪者ばかり。

彼らは預金者のメリットなど眼中に無い。
山奥の採算の合わない配達員の努力など眼中にない。
カネ、しかも人様のカネを抜き取ることばかり考えている詐欺師である。

知り合いの郵貯銀行マンは生真面目で、曲がったことはできない人間。
もちろん銀行マンには最も重要な気質なはずだが、徐々に増え始めた油ダポチ行員との折り合いがつかず、壮絶なイジメを受けた。
降格、左遷、給料も下がり、終いには閉め出しを喰らう。
それでも彼は筋を通した。

思うに、日本の郵便事業は国営に戻すべきである。
まず、油ダポチ系職員の洗い出し。
トップは全員事情聴取。
100%犯罪に手を染めているので、全員逮捕である。

現状、郵便事業の管理職は油ダポチ以外は絶対に出世しない。
したがって風紀は乱れ、職員の質はガタ落ち。

だって、全員油ダポチ。
まるで現在の国会と同じ構図。

日本の名立たる企業組織は同じ構造的腐敗に悩まされている。

日本鍵懐疑を追放せよ。
次いで、創価統一カルトを追放せよ。
一切容赦するな。



そうやって、朝鮮代理勢力を一匹残らず退治しないと、日本は絶対に浮上しない。

カルト信者がどれだけ哀れな生き物か、そのうちいやでも目の当たりになる。
本人も家族ももちろん不幸のどん底。
しかし、それが社会の隅々で腐敗する。
ジワジワと浸食した病巣は地域社会全体を蝕む。



そうしないと、不労所得で左うちわの朝鮮代理勢力は生きていけない。
だからカルト信者は騙されてナンボ。
生涯吸い取られて死んでいく。

犠牲者を増やす自覚無き愚か者には近づかない。
親しくならない。
距離を置いた場所から、身の程を知らしむるのが正解。

間接的に自らの勢力が落ち目なこと、
軽蔑の対象であること、
人間扱いされないことを教えてやるしかないのである。

偽ユダヤ、カバールは日に日に追いつめられている。
恐らく同じ歩幅で下々のどうしようもない連中も追いつめられていく。

犯罪を犯しても罪に問われないと安心した政治蚊がふんぞり返っている。
その小粒版は、今日現在、あなたの周囲にもウヨウヨいる。

ああ、気持ち悪・・・。w

・・・

・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


現代を斬る~時評と考察  より

上記文抜粋
・・・・・・・・
グローバル土建屋に忖度する「空気ファースト」


・・・・・・中略・・・・


もうタイトルで言いたいことはすべてであるが、洗脳されやすい、学習しない、善悪逆転を痛快に感ずる、これで日本の政治は廻ってきたわけでもうこれは自業自得として行き着く果てを辿るしかないだろう。

愚民とはある意味で純朴な、罪のないものである。慎太郎長期政権、猪瀬圧勝、舛添創価一家の災難、それでグローバル百合子ファーストと創価の安定である。

つくづく都民は「法華経の政治」がお好きなのだろう。

安倍ちゃんのKYは美徳であり信念の発露といえる。

成功体験が人生の毒素となる、これは都会も田舎も違いはないように思われる。

都民ファーストは再開発の場所をデベロッパーに提供してやり、新鮮なベンゼン100倍の市場の食材を美味しくいただこう!などという狂気は断固忌避するべきである。

これは浄化技術の問題ではなく土壌選定の問題だ。生鮮市場には不適格だという情報を事前に入手した上でその場所を積極的に選定したのだからこれはおかしいと言わざるを得ない。

・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

カルト信仰・・耶蘇と法華経系は特に「副作用で死ぬ」抗がん剤のような毒薬ですは・・

東京は、「福一の放射能」と「法華経の誤用」で死都になりました・・・。


神戸だいすき より

上記文抜粋
・・・・・・・・

・・・とりあえず、狂人たちが一応、処分されたらめでたしだけど・・・まあ・・・本当に深刻なのは、では、明日を託せる優れた政治家、官僚がおられますか?

ということなのよね。

私たちは、やっぱり、あの戦争で相当痛めつけられ・・・一旦、破壊された社会が立ち直るには、100年では済まないのかな。

足利幕府が滅亡し、応仁の乱から戦国時代へなだれ込み。およそ、100年以上、国内は戦乱の世に。

治めたのは、徳川家康・・・彼を指導したのは高僧たち。

現在の日本にはすぐれた教育者が出ていないことが、問題なのかも。

戦後の第一世代=団塊の世代が、青春時代の学生運動で破壊されている・・・これも、痛かった。
それで、日本中、従順な犬ばかりになった。


以下、カレイドスコープさんの記事の結びです。

人々が、自立的思考を訓練して、もう少し常識を取り戻さないと、ますます1億総監視社会を近づけるだけである。それは「死」である。

私の見方は、「日本人が、これほど愚かでは、何をやっても日本は破綻するだろう」ということである。

私だけが言っているのではなく、世界中の見識のある人々が言っているのだ。
それは、政治家とて同じことだ。ごく少ないが、心ある政治家は知っている。

幸か不幸か、私は彼らより大分責任が軽く、幾分、正直であるだけである。

引用おわり。

その通りですね。いつのまにか、日本は愚か者の国に成り果てた。
私にも、責任があると思う。
みんな、各自、責任を自覚しましょう。

しかしね・・・ネット情報に、操られない見識は、中学校までの義務教育機関に培っておかなければならないんだけど・・・最近の義務教育のずさんなことと言ったら・・・

教科書にも問題はある。

もとの読み書きそろばんさえ、しっかり教えればいいのに、変に、もんてっそーり教育を取り入れて、おかしんだよ。

「ならぬことはなりませぬ」と、しっかりおしえりゃいいんだよ。
肝心なことが抜けて、何が英語教育だ、

・・・・・{コメント欄}・・・・

1. 大阪のおばちゃん 2017年07月03日 09:15
本当に従順な皆様と、ちょっとのことで舌打ちをする高齢者と、自分の欲を通す為にはガッカリもしないで他人を攻撃する人格障害者が白昼堂々と闊歩する
日本社会に慣れ果てました。

再生に100年かかると仰いますが、今から100年でも無理なような気もします。すでに歪んだ学校教育が正しいと思う人が大半です。

まあ、家に子供がいたら邪魔という発想ですから、どうしようもありません。
そもそも学校が長い。一体1日何時間
いるでしょう?
朝8時から4時まで居ても、基本的な読み書きが身に付かない。
今や、学校はレクチャーしかしないのが、都市部の学校です。
田舎は学校で書かせます。成績の差は15点くらい平均で違います。
大阪では挽回を期して、夏休み期間が短くなってます。
8月20日過ぎたら、ぼちぼち始まります。
旧制のように飛び級があれば、さっさと上がってしまう子も多いですが、
何せ日本人の子供をアホにするのが使命としか思えない学校は
良くしようとするたびにドツボにはまります。

次の間で 毒が薬を煎じてる

という川柳がぴったりです


2. 2017年07月03日 13:54
第一次安倍内閣の時は閣僚の不祥事と安倍の健康問題で辞任しましたが、今回は安倍本人の身から出た錆びです。
情状酌量の余地はありません。
形だけでも謝っておけばここまでの惨事にはからなかったでしょうが、未だに「口撃は最大の防御」とばかりに野党攻撃に明け暮れる有り様。
世襲議員として根拠の無いプライドが邪魔をするのでしょう。

もう既に国民の洗脳は解け始めているのです。
元々ペテン師だった男が幾ら“信頼回復”しようと頑張ったところで無駄な努力。
国民は安倍を本当に“信頼”していたのではなく、単に騙されていただけなのですから。


3. 柴 2017年07月03日 15:11
いよいよ、終わりの始まりが開始されるようですよ。下記は、増田俊男氏の無料記事です。ご参考までに。

1173号(2017年07月03日号)
時代の流れから反れた自民党

私は、何故フランス国民は二大政党(保守・労働党)を排して無党派のマクロンを大統領に選んだのかを本誌6月16日号「時代の流れを掴む」で解説した。
先進国の国民は保守対革新、敵・味方型で、相手を罵るような戦闘的な政治姿勢を好まなくなったと述べ、やがて日本でも安倍内閣のような小泉純一郎型政治は通用しなくなると述べた。
森友学園、加計学園問題などに対する安倍首相の対応を見ると、正に相手を罵り、事実を権力で隠ぺいするかに見え、いかにも高圧的だ。
石破茂前地方創生相は「、、都民ファーストの会が勝ったのではなく、自民党が負けたのだ」と述べたが、真を突いている。
国民は知的にも経済的にも豊かになっている。
「金持ち喧嘩せず」!
安倍晋三首相には常に右翼的イメージが付きまとい、かつ国民から与えられた「安倍一強」に謙虚さが感じられない。
戦闘型政治は小泉純一郎で始まり、安倍晋三で終わる。(本誌6月16日号)
豊富な知識、それなりに裕福になった国民は、「俺が、俺がの安倍一強」ではなく、誰の言葉にも真剣に耳を傾ける謙虚な指導者を求めている。
安倍内閣にとって国民の信頼を取り戻す為に出来ることは財政出動しかないだろう。
しかしそれも消えることが決まっているローソクの最後の輝きに終わるだろう。

4. 柴 2017年07月03日 15:16
下記は原田俊男氏の無料記事ですが、やはり、上記の増田俊男氏と同様なニュアンスが感じられます。ご参考までに。

⇒“今日の焦点”はズバリ:

 「米ネヴァダ州で嗜好用マリファナが解禁」です。

⇒その理由は……:

 ─これから起きる「本当のこと」。それがつらい現実である時、私たちはどうしても目をそむけます。

 ─「無かったこと」にしてしまうのです。
  しかしリーダーシップはそうは行きません。

 ─「本当のこと」をきっちりと開示して行く必要がありますただし「それとして言わない」ということもあり得ます。

 ─すなわち「高貴なウソ」です。なぜウソをつくのかというと余りにもインパクトが大きいからです。

 ─人々は明らかにそれを受け入れようはしないのです。だからこそ「その様なもの」としては説明をしないのです。

 ─その意味で「高貴なウソ」に世間は満ち溢れています。それを読み解いていくのが“情報リテラシー”です。

アメリカのネヴァダ州で麻薬がまた解禁されました。嗜好用ということであればマリファナは販売可能とされたのです。

既に60件以上の販売許可申請が出されていると言います。
同州が「マリファナの中心地」になるのは間違いありません。

なぜこうした状況が創り出されているのか。巨視的な観点からの分析が不可欠です。

なぜならばそのものずばりを見る限りにおいては理解出来ないからです。単に一部の嗜好を持っている者のためだけの様にも見えます。

本当にそうなのでしょうか。
「その向こう側」は無いのでしょうか。

真実を見通す力が必要です。
強い幻覚作用がなぜ必要なのか。

「この世を忘れたい」と思う瞬間が到来するのか。それは一体何なのか。

・・・いよいよ、です。
分かり、ますか?

5. 柴 2017年07月03日 15:18
すみません。
上の記事は、原田武夫氏でした。


・・・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり

阿片は、清朝中国では「重病患者の緩和ケア」用に使われたようだが、まあ耶蘇英国のキチガイどもにより大量流入・・
中国大陸と世界秩序を破壊し、「文革」をもってしか、アヘン禍にとどめを刺せなかった・・。

大麻解禁??

日本では「麻」として、普通に吸っていたが、葉を吸っていて、強烈な効能のある種とか花は吸わなかったようで。

そういう意味でも少し怪しい・・・。


ともわれ、世界の{西欧の似非な}指導層は、人間のモラル・正気を破壊したくてたまらんようで・・・

まあ西欧の偉い人=鬼畜外道ってのは大過ない。

まあムスリムが「あの阿呆の十字軍がまた来たらたまらん・・」と金と詐術で操っていたが、今の日本の阿呆層{指導層}が西欧の指導のもとで彼らを凌駕する大阿呆になったように、西欧の指導層もムスリムの想像を超える鬼畜になったてことかもね。


孔子は「徳は弧ならず」というし、孫子でも「智・信・仁・勇・厳」とモラル・道徳が必要という。
その辺世間一般の「道徳業者」など無視しても良いから、自分なりもモラル・道徳・美学をもって
「他人とともに楽しむのはその楽しみも長いが、自分一人で楽しむのは長く続かずなくなるものだ 」」

ていくのがベターに思えます。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved