忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

米英の犬の王の天皇。 

DEEPLY JAPAN  より

上記文抜粋
・・・・・・・・
911から17年、アルカイダと組むアメリカ&MRA

2001年の911から17年、アルカイダと組むアメリカ、としたけど、今組む予定じゃなくてホントは、最初からアルカイダとはCIAやらMI6やらが養ってた傭兵軍団なんだからこの表現は正しくない。

しかしそこはオマケしても、とにかく現在、アメリカ、フランス、イギリス、それにメルケルのドイツ(SFDはシリアにこれ以上突っ込むことに反対している)が、懸命になって、全力でアルカイダ他のテロリスト集団を匿って、庇って、養ってなんとかしてシリアに居座ろうとしている。

そこから、様々な人が、アルカイダと組むアメリカ、これでいいのかぁという趣旨の文を書いている今日この頃。

一応代表例としてロン・ポールをあげておこう。

なぜ我々はアルカイダの味方をしているのか?

Why Are We Siding With al-Qaeda?

http://www.informationclearinghouse.info/50234.htm


もう大笑いすべきなのか、困惑すべきなのか、人によってフェーズは違うだろうけど、現在アメリカが直面しているのは事実これ。

グローバル支配、ステルス世界支配を狙う狂人アメリカ人ではないアメリカ人は、本当に気の毒。

一口にアメリカ人といっても、彼らのすべてが何百万人の人間を殺害することを喜びとしているわけではない。

が、しかし、彼らはそういう寡頭支配を倒せない人たちだったということも明らかになったわな~って感じはする。ロシアとか中国に比べるとヘタレな人たちだなぁと率直に思いますね、私は。

また別の言い方をすれば、アメリカなる国のつくりは全人類の一極のリーダーになれるような集合体ではないな、と。

だから、その集合体(民族というほどアメリカ民族として独立的、排他的に存在してないからこう呼ぶ)の意見、世論調査でウクライナを侵攻しろという声が優勢になったら侵攻する、みたいな仕組みは全くもって、あるべきでなく、そして実効性にも乏しいんだから、普通に多極化してたらええねん、という話。

冷静に考えればそれでいいし、むしろそれが歴史。

別の言い方をすれば、アメリカが身の丈にあった国になれば話は済むとも言えますね。そして、アメリカを前面に立てて、後ろから作戦練って侵攻させてきた寡頭勢力の時代も終われよ、という話。

それがイヤな人たちが現在UK、USに立てこもって、バカなことをしまくっていると考えれば話はわかりやすい。

USのあからさまな惨めさは目をおおうばかりだけど、まだ反発があるだけまし。

しかし、UKの惨めさは、もはや筆舌に尽くしがたい。スクリパル親子事件の犯人をロシア人男性2人だと特定して、わ~わ~やってたけど、昨日犯人にされたロシア人男性2人がメディアの前に出てきて、インタビューに応じた。

この2人をロシア軍の諜報機関であるGRUの諜報員だとしたイギリス政府はバカか、それとも無辜の人間の人生を台無しにする悪意の犯罪者集団かのいずれかだろうとしか思えない。スクリパル親子の行方は今だにわからないことに加え、この件はUKの惨めさが際立つ一件となっている。それと同時に明らかになったのはUKの国民もまた、いつの間にか、ほとんど日本のネトウヨ化してたんだなぁってあたりですね。どうしようもないわ、あれは。

戦前戦後を通じて反共思想を振りまいてきたのはイギリス右派なので、そもそもネトウヨ原型みたいな人たちはかなりいたことは承知していたが、それが非ネトウヨ勢力(左右は問わない)とバランスしていたところから、ここ10年かそこらで、あっという間にネトウヨ優勢になってる。



で、911に戻って、これを仕掛けたのは誰なのかという話は陰謀論として括られ、主流マスコミをにぎわせることはないのが現在の「平常運転」になってるわけだけど、個人レベルでは普通にみんな公式のストーリーを信じてない人の方が今日多いでしょう。

で、私はこれは、ロシアを取ろうとして失敗して、ナチを仕掛けて半分失敗し、もう一回ロシアを攻めようとした勢力の末裔の犯罪なんだろうなと思ってる。つまり、このブログでしか通じない言い方をすればBグループの犯罪。

そして、2000年以降のインターネット時代になって過剰なまでに現れたすべてはユダヤだ式の説話はすべて、Bグループによるdistraction、妨害情報なんじゃないですかね、とも思ってる。



■ MRA

そして、そういうナラティブ(ストーリー展開)を担っていたのが、多分、戦後MRA運動で終結していた人たちなのではなかろうか、というのが現在の私の考え。

MRAというのは、道徳再武装(Moral Re-Armament)という意味で、戦前からある組織。そこはともかく日本にとって問題なのは戦後。wikiにはこうある。
  • MRAは戦後から文化交流を名目として反共運動を展開した。参加した政治家は下に掲げた略年表[15]の中で岸信介が代表とされる。中曽根康弘もそうだが、彼は会員になってからヘンリー・キッシンジャーやナサニエル・セイヤー[16]など外交問題評議会の名士と知り合った。実業家では三井本家の弟、三井高維[17]に、ブックマンを支持する富裕層の友人が多くいた[18]。
  • 日本MRAの本部は1976年から今日まで、山本正[19]が率いる日本国際交流センター[20]である。同センターはロックフェラーの利権を代表する日米欧三極委員会の事務局でもあり、外交問題評議会の計画さえ遂行してきた[21]。

岸の文脈で語られると右派の運動みたいだけど、反共運動は左派にも及ぶ。片山首相もここに参加してたり、社会党の議員にも名高い人がいる。

で、私は別に共産主義こそ正しかったのだなどと言おうとしているのではない。

そうではなくて、反・共産主義というのは、戦後の米(英)支配を形成するための道具だったと考えている。

なぜなら、これを使うことで、現実には、

・国内的には、反ファシズムという考えを打ち消す
・国際的には、ソ連(ロシア)、中国を敵とする

という動機付けができるから。

欧州のNATO、極東の疑似NATOを使って戦後を支配しようとしていた人たちにとってこんなに便利なツールはない。

この話に接続して考えればいい。

ダレス兄弟の半世紀
2018-06-04 22:57:49 | アジア情勢複雑怪奇



で、これを使ったことによって、多くの国で、1945年に左翼だった勢力がいなくなった。1945年における左翼は、ファシズム勢力が戦争準備をして先制攻撃的に侵略行為に走ったその成り行きを呪ってたわけでしょ。

それを、敵は反・民主主義国家とか全体主義国家こそ我らが敵、という具合に話を整え直し、最終的に、欧州ならソ連、極東ではソ連、中国、北朝鮮を敵と読ませていく。

現在一般に「リベラル」と呼ばれているのは、トロキストでもあるけど、MRA左派、みたいに考えればいいのでは? 

MRA右派はナチが大好き、MRA左派はナチもスターリンも悪い、私たちは民主主義者よ、という主張が柱、と考えると合ってるのではあるまいか。

両方とも、歴史的にどうなっていったのかの事実関係に立脚していない。だから、いわゆるイデオロギー闘争みたいなことが言われる。



この流れの説の目だった特徴は、スターリンとヒトラーを同一視させていくこと。彼らは同じように悪者だったのだ、という論によって、ソ連もドイツも一緒くたにしていく。

これを支える史実の曲解は、スターリンとヒトラーはポーランド侵攻を狙っていたという説で、中心になるのはモロトフ・リッペントロップ協定、いわゆる独ソ不可侵条約。これを戦後になって曲解していく。

ドイツにはベルサイユ条約の帰結として飛び地になった東プロイセンをドイツ本体に繋げたいという非常に強い動機があるが、ソ連側にはそういうのはないので、この両者が同じようにポーランドを狙ってたというストーリーには無理がありまくりなんだが、そこらへんの事実関係は捨象される。

このへんは、数年前からロシアが追っかけているテーマでそれなりに基礎が固まりつつあるようだとは前にも書いた通り。

「ヨーロッパの解放」雑感 (2)


ここらへんをまとめたいと思いつつ、そういえば果たしてないのだなと気づいたりもする。

いやしかし、これに従ってドイツの戦後の物語に対する認識がもしいささかでも変化すれば、まぁ結構大きなインパクトになるんでしょうねと遠い目をしちゃう。英米にとっては危機の方向に、ですが。であれば、メルケルは下ろせないんだわなぁ、みたいな感じ。



話が雑然としたままだけど、要するに負けているのはBチームだろうという考えに変化はない私でございます。

・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

Bチームは、米欧の、カソリック・新教系のこと、偽キリスト教。


偽神信じて地獄行き・・


何故カトリック・新教は、東方教会を敵視するのか。


http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-256.html

上記文抜粋
・・・・・・・

原語を確かめることの大切さがらみで他に思い浮かぶのが
西方キリスト教=ヤソ教。
ギリシア語ではなく誤訳ありのラテン語訳をスタンダードにしたり、
五大総主教はすべてゴッドの下に平等でないといけないのに教皇制度を創作したりするなど
一神教基本的規則(聖典は原語で読まないとダメ、聖典に根拠がない法制度を作るな)を否定しまくっている。
ローマのカトリックが病んだ原罪教義を創った主な原因の一つは
五大総主教区の重要度ランキングの一位がローマだったがそこから転落したことによる劣等感だろう。
原罪による堕落説、
ピラミッド型支配構造の教会、
政教分離も西方ヤソ思想であり、
正教(ヤソではなく私がキリスト教と定義しているほう)は否定している。
カトリックから分かれたプロテスタントも
聖書第一主義のくせに聖書原典を牧師が読めなくても構わないうえに
歪んだ原罪思想を継承する宗派(カルヴァン派は悪化させた)があるからどうしようもない。


※全てのプロテスタントが原罪肯定だとは断言していない


耶蘇は聖職者が翻訳聖書に基づく説教しても構わないうえに、
原典に書いてない、誤訳を根拠に聖書の教えだと騙る
=教義のでっち上げ
するんだぞ。
何が唯一神の言葉重視だよ。
クルアーンの翻訳書は註釈扱いであり聖典ではないとするイスラームを見習え。
原典を読めない奴が教会で宣教するな、神学者も名乗るな。ゴッドのロゴスを冒涜するな。

・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

原語から解釈しないで、誤訳でねつ造を正本にして、人間を喰い散らかす。

それが西方耶蘇=カトリック・新教。

それが暴露されるのを防ぐために、真っ当な教えの東方教会を根絶する。

まさに詐欺師の海賊のバチカンカトリック・新教。


追記

逝きし世の面影  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
★注、
北海道地震発生から1分後に安倍政権(頭)が即座に動いたことも驚愕的な大問題である。ところが、それ以上に自衛隊(大きな棍棒を持った手足)が矢張り地震発生から1分後に動いていた。頭(政府)からの指令も無いのに勝手に手足(大量殺人兵器を日夜訓練している自衛隊)が動いたのである。
日本政府の無為無策に怒った青年将校が決起した5・15や2・26、軍参謀本部に無断で関東軍が張作霖爆殺や満州事変を起こした1930年代を髣髴させるような出来事で、これ以上に恐ろしい話はない。


・・・・・・中略・・・・

『少しも隠していない自衛隊や政府。必死になって隠そうとするマスコミ、有識者、野党や護憲左派などそれ以外の大多数』

1年中24時間航空自衛隊のパイロットが常時待機しているスクランブル発進でも3分間の時間を要するのに、今回は自衛隊も政府も、北海道地震発生の1分後には早くも対策本部を立ち上げて即座に行動しているのですよ。事前に9月6日未明に起きる北海道地震事件の発生を、知っていて周到に準備していたことは明らかなのです。だから1週間たってもテレビとか全国紙とか東京新聞などのブロック紙、地方紙などマスメディアは怖がって報道しない。ネット空間でも事情は同じで一部の例外を除いて誰も彼も同じで怖ろしさに沈黙したままになっている。(この産経ニュースですが、Web上には確かにあるが、産経新聞の紙面にあるかはどうかは不明)
★注、
今回の自衛隊や政府(安倍晋三政権)の動きで一番不思議なのは、事前に情報を掴んでいた事実を自衛隊や政府が『隠していない』ことなのです。地震の1分後だった驚きの事実は、隠すどころか自衛隊や政府の公式なホームページに堂々と掲載していた。
この動きとは対照的に、『これは不味い』『絶対に駄目だ』と判断して必死になって隠そうとしているのはマスコミとか有識者、左翼護憲派など。本来の立場とは180度逆になっている。これ以上に不思議な話があるだろうか。



とうとう戒厳令が解除される韓国!『衛戍令68年ぶりに廃止…文大統領「本当に感慨深い」』2018-09-12 ハンギョレ新聞

文大統領、国務会議で議決後「本当に感慨深い」
衛戍令が68年ぶりに廃止された。
キム・ウィギョム大統領府報道官は11日「今日、衛戍令が68年ぶりに国務会議の議決を経て、正式に廃止された」とし、「廃止される瞬間、文大統領が『衛戍令が廃止された。本当に感慨深い』と短く述べた」と伝えた。キム報道官は「私が知っている限り、文大統領は1971年にソウルで大学受験を浪人していた当時、熱心に新聞を読みながら、当時の時局状況を注視していただろう。1979年は司法試験の1次試験に合格し、大学からは退学処分を受けた時期」だとし、「本人の不安な状況と時局が不安な状況が重なり、このような感慨を覚えたのではないかと思う」と述べた。
衛戍令は1950年3月27日、陸軍の秩序や軍紀の維持、軍事施設物保護の目的で制定された。治安維持に軍兵力を動員する戒厳令と類似しているが、国会同意が必要ないという点で戒厳令とは異なる。大統領令の衛戍令は、1965年の韓日協定反対デモや1971年の教練反対デモ、1979年の釜馬抗争に対し、3回発令された。1987年6月抗争当時、全斗煥(チョン・ドゥファン)政権も衛戍令を宣布する計画だったが、6・29民主化宣言直前に取りやめたとされる。これに先立ち、国防部は今年7月、衛戍令が違憲的かつ違法的で、時代状況に合わないとして、衛戍令廃止案を立法予告した。
9月12日ハンギョレ新聞


・・・・中略・・・・

第一次世界大戦後のドイツ国民がナチス(ヒトラー)を熱烈に支持した理由とは、ドイツとって不当な国境線にあったが、その結果は第二次世界大戦の敗北でもっと国境線が不利に書き換えられているのです。今の日本の『北方領土は昔から日本の物だったから返せ』云々の言い分とは残念ながらヒトラーのドイツ第三帝国と五十歩百歩。ほぼ同じ水準だった。
1939年のポーランド侵攻を理由にして英仏がドイツに宣戦布告して第二次世界大戦が始まったが、そもそも現在のカリーニングラードやポーランドの西半分は千年前からドイツ人のホームランドだった。英仏よりドイツの言い分の方が歴史的に見て正しかった可能性があったのである。しかし『父祖伝来の領土返還』は決して成功することはなく、不幸な結末しか待っていなかった。
(新進気鋭の政治学者白井聡は安倍晋三などの靖国史観の歴史修正主義に対して『もう一度アメリカと戦争して、勝つか引き分けにするしかない』と指摘しているが、北方領土返還ではロシアともう一度戦争して勝つ以外の方法はないが、そんなことは誰一人も望んでいないのである)

『とうとう巨大な歴史の歯車が動き出した極東』

河野太郎外務大臣の祖父である河野一郎首相が1956年に結んだ日ソ共同宣言は実質的に平和条約の前段階の意味を持っていたが、東西冷戦が国是だったアメリカの恫喝で頓挫する。ダレス国務長官は、米軍統治の『沖縄返還』を北方領土とリンクさせたので、当時の日本側(河野一郎首相)としては平和条約を諦めるしか道が無かったのである。以後62年間も北方領土の帰属をめぐって日露両国の関係は不正常な状態が続いていた。
現在アメリカ海兵隊基地(辺野古)を最大の争点にして沖縄知事選の真っ最中だが、実は沖縄県の帰属と北方領土(日露平和条約)とは一つのコインの裏表のような一体不可分の摩訶不思議な関係にあったのである。
ロシアのプーチン大統領が何を言ったかとか日本の安倍晋三首相が何を思ったかではなくて、アメリカ(トランプ)こそが最大で唯一のキーワードだった。(ひょっとしたら7月の米露ヘルシンキ会談で今回のプーチン提案が決まっていた可能性がある)それなら、あの歴史的な米朝首脳会談のように即座に決着する。
プーチン大統領が言ったように、今年中の日露平和条約締結で歯舞色丹の日本返還が実現することは、十分に有り得るでしょう。

『厳格な欧米一神教世界の世界基準とは対照的な曖昧模糊として極東アジアの平和構築路線』

今朝の毎日新聞では、今回プーチンが言ったような国境線を画定しない曖昧な平和条約の例として、1960年代からの中ソの40年来の争いを2001年の善隣友好条約締結で成功した例を上げているのですが、実は国境画定が平和条約の絶対条件のヨーロッパなどのグローバルスタンダード(世界基準)とは大きく違い、長い歴史がある複雑な日本と韓国(1965年)日本と中国(1978年)でも同じ手法が使われていて、紛争地の竹島や尖閣諸島を『棚上げ』にした結果、ようやく条約を結んでいた経緯がある。(はっきり帰属を書き込むと、それぞれの国民世論の反対で成功しないので仕方なく曖昧に誤魔化した)
今回のプーチンの提案は少しも唐突でもないし、不思議でもない。長くて複雑な歴史の極東アジアでは『それしかない』当然の提案だったのである。(今までのトランプ以前のアメリカが絶対反対だから実現しなかっただけ)ヘルシンキでのトランプとプーチンの首脳会談以後、今まさに歴史の歯車が大きく動き出していて、日本や南北朝鮮、中国、ロシアなど極東アジアの大変革が起きようとしているのでしょう。


・・・・・中略・・・・・

2011年3月11日に起きたレベル7の未曾有のフクシマの核事故の発生でロシアのプーチン大統領は被災民を全員受け入れる(放射能被害での強制疎開の意味か?)と発表していたが、今後の成り行き次第では多くの日本人がロシアと日本の二重国籍となる事態も十分に考えられる。(ロシア国籍を持ていれば極東やシベリアで1ヘクタール以上の広大な土地を無償で提供されるらしい)


・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


対ロ・中のスクランブル出動に、3分。

もっと大規模で唐突な、今回の北海道大震災での出動に、1分。

怪しすぎる。

自衛隊のクーデター計画の練習?

あるいは安倍日本会議政権への反感から、リーク情報を駆使しての被害の最小限化か?


でもあまりに急だとロシアを刺激する。

それも無い。

なにか少なくとも「アメリカも日露平和条約の締結を容認している」のは確実だろう。

「安倍もうお前は首」と、トランプ大統領は言う寸前なのである。


どうも大変革の寸前かもしれない。

それでも天皇閨閥は日本人喰いを辞めないのだろう。だから変革しようがしまいが、天皇制は廃止の一手しかない。




お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR