忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

立派な人が殺されたり、嵌められ続けた日本。明治から、特に戦後も・・・ 暗黒の近代=日本の近現代

京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・
猪瀬元都知事が告発。自殺した樺山卓司議員は、都議連のボス内田茂氏から苛められていた。


2011年3月8日、石原慎太郎のインタビュー記事「日本は一年以内に核兵器をもつにちがいない」がインディペンデント紙に載る。対日政策の最高責任者カートキャンベルが急遽、東京に向かい、9日に到着。時の総理大臣の菅直人が米国大使館にいく。

10日、それまで、都知事を辞めると表明していた石原慎太郎が翻意し、11日午前に、正式に辞任撤回、都知事選に出馬を申し出る。その日の午後に、巨大地震が発生した。

 慎太郎はすぐに、「天罰」発言。 息子の伸晃は、「ガイガーカウンターなんか持たせるな」といい、さらに、環境大臣になったあとは、「結局、カネ目でしょ」。

 「311」以後の都議会は、完全に放射能隠ぺい派が実力行使。それに対し、樺山議員はまじめに計測していたが、都議会で内田幹事長から苛められる。そして、水元公園で、プラスチックの袋をかぶって、「自殺」する。

http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/07/post-4f13.html#morehy

 同氏は、死の前日まで、「空間放射線量測定結果」を、自身のブログで発表していた。これがまずかったのか? 都議会の闇は、オリンピック招致決定以前からある。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎ 葛飾区内の空間放射線量測定結果―6月30日―

 葛飾区内の空間放射線量測定結果  6月30日 天気 晴れ

測定場所 水元中央公園(水元1-23-1)  0.25マイクロシーベルト/時

     金町二丁目ときわ公園(金町2-16-4)  0.26マイクロシーベルト/時

     金町公園(柴又3-24-1)0.21マイクロシーベルト/時

     高砂北公園(高砂4-3-1)0.22マイクロシーベルト/時

 ※測定方法:地上1メートルの地点で、30秒毎に5回測定した値の平均
   測定機器:シンチレーション式サーベイメーター(ALOKA社 TCS-171)



◎葛飾区内の空間放射線量測定結果 ―6月27日―
 葛飾区内の空間放射線量測定結果 6月27日 天気 曇り

 測定場所  中道公園(西亀有1-3-1)  0.12マイクロシーベルト/時

       本田公園(立石3-4-13)  0.16マイクロシーベルト/時

       新小岩公園(西新小岩1-1-3)0.21マイクロシーベルト/時

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イノチよりも、目先のカネ。 未来に対する責任感は、皆無。

こんな奴らが、この国を運営してきたのだ。彼らを選び、のさばらせたのは、日本国民自身だ。

縄文時代からの霊性を持つ、本物の日本人じゃない。下品で、下劣で、野蛮すぎる。

多くの東京都民自身が、メディアが作り出すオバカ製造の浮かれ情報と、「今だけ、ここだけ、自分だけ」のカネしか頭にないのだから、自分で、自分の世界を創るという、意志と、具現化の方法論を、きちんと、学ぼうなんて、まったく考えない。

所得が増えれば、メディアで刷り込まれた高額で有名なものが買えるという、

 たんなる 消費奴隷 になっているだけ。

 こうした姿勢すべてに、まちがいなく、「裁き」が来ますね。 

自分の心、自分の意志が、三次元の次の未来を創りだしている、という自覚(責任感)がないものは、消えていきます。 

 これが、アクエリアスです。 人間は、想像と創造の主体です。これがあるがゆえに、神の一部なのです。


・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

>所得が増えれば、メディアで刷り込まれた高額で有名なものが買えるという、
> たんなる 消費奴隷 になっているだけ。

日本の近代に、思想も志もなかったからである。いや美学すらない。

なので、そういう畜生めいたことをしないと、近代以降、社会で「生活」できなかった。

立派な人は、そう、ニートや引きこもりにならないと正気を保てなかった・・・。


>こうした姿勢すべてに、まちがいなく、「裁き」が来ますね。 
>自分の心、自分の意志が、三次元の次の未来を創りだしている、という自覚(責任感)がないものは、消えていきます。 


私もそうは思う。

けど日本の為政者・権力者・奥の院は、「畜生人間」を望み大量生産してきたのである。
それを望んでそう導き教育してきたのである。

それを庶民一人一人の責任に帰するのは酷である。

「教えることなく、刑罰にかけるのを「虐殺」という」と論語で孔子は言う。

まあ奥の院・権力層・為政者が、虐殺大好きの下衆だから、庶民も下衆に汚染されたのである。


でも、庶民も、「より良く生きようとして、傷つき倒れていった人」を踏みつぶしていたら、その報いを受けるだろう・・・・。


>「311」以後の都議会は、完全に放射能隠ぺい派が実力行使。それに対し、樺山議員はまじめに計測していたが、都議会で内田幹事長から苛められる。そして、水元公園で、プラスチックの袋をかぶって、「自殺」する。

樺山議員のような立派な人たちをいびり殺し・あるいは裏の手を使って殺してきた人が、その報いを受ける時代に入ったのではないのか・・・


田中角栄・丸山ワクチンの丸山医師・笹井教授・・小保方晴子さん・・・。

あと日本のPC言語のトロンもつぶされた・・・。痴呆症の研究者も2人殺されているアメリカで・・。

どれだけ多くの立派な人、素晴らしい研究が、つぶされたか・・・


もう、それは許されない・・当然日本帝国も許されない・・・



お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR