忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

知れば、日本は、あなたは、救われる。

DEEPLY JAPAN  より

上記文抜粋
・・・・・・・・
知ってはいけない――隠された日本支配の構造/矢部宏治


2011年からここまでの間に日本の本当の仕組みについて多数の著作のある矢部宏治さんが、新作を出されたということで岩上さんのサイトでインタビューがあがっていた。

日本が「基地」も「原発」もやめられないのは「朝鮮戦争」に起源があった!? 岩上安身による『知ってはいけない――隠された日本支配の構造』著者・矢部宏治氏インタビュー 2017.8.2

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/394226


・・・・・中略・・・・・


新作といっても、どうやらこれは去年、一昨年出された文字通り驚愕の書籍を、わかりやすく、手短にするというアプローチのものであるようだ。

この2冊の、とりわけ「日本はなぜ、戦争ができる国」になったのか のまとめみたいな感じに見える。

私が去年読んだ時の感想はこれ。

日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか/矢部宏治



要するに日本というのは、米国の属国ですらなかったということ。属国というのは一応主権国家に限りなく近い。そもそも、宗主国の巨大な軍事基地が置かれて毎日24時間従属するとかいう仕組みじゃない。属州民の総督も結構苦労して原住民を統治したものだった。

一方の日本はといえば、実のところ米軍の軍政下に置かれたままだった、というのがむしろとても正しい。重要なところは、必ずしも米国のじゃない、ってところ。

矢部さんの新作の目次がこれ。今回は手短にわかってもらいたいというアプローチの本なので見出しも整理されている。

第1章 日本の空は、すべて米軍に支配されている
第2章 日本の国土は、すべて米軍の治外法権下にある
第3章 日本に国境はない
第4章 国のトップは「米軍+官僚」である
第5章 国家は密約と裏マニュアルで運営する
第6章 政府は憲法にしばられない
第7章 重要な文書は、最初すべて英語で作成する
第8章 自衛隊は米軍の指揮のもとで戦う
第9章 アメリカは「国」ではなく、「国連」である
追記 なぜ「9条3項・加憲案」はダメなのか

また、いくつかのポイントを4コマ漫画にされていた。
ここに6つの漫画が載っている。リンクフリーだそうです。
http://book-sp.kodansha.co.jp/topics/japan-taboo#info

そのうちの一つがこれ。私としてはこれが一番、あああ、日本だ~って感じがした。




なんかね。みんな幸せなの(笑)。70年これでよかったんだからこれでいいでしょ?みたいな。だから、基地問題って重要とかいうと、何か特殊な人みたいに思われがち。しかし、これって世界中どこでも、外国軍の基地が自国に長いこと駐留しているってそれだけでも異質な状態なんですよ。しかも、その軍がどう考えても駐留国の国内問題に異常に関与している。特に、統治行為論とかバカげてるでしょう、ほんとに。

が、なぜだかそれすら気付かないってどうなの、と矢部さんは思い、私もそう思う。別に今すぐ米軍基地は全部撤退せよーとか言うつもりはない。何事もバランスだから。でも、この異常な関係は国民によって認知され、その上で是正していくべきだ、という気持ちの整理はしておくべきでしょう。



また、日本の方は、奴隷ではっぴー~!とかラッキー!!とか思っていたとしても、米軍ではなく米国の方の都合が変わったらどうするんですか?という問題もある。この異常な体制は米国民のほとんどは知らないという点も気にしておく必要がある。

それを日本側は、いいやいいや、アメちゃんだってこれでトクしてるんだから喜ぶに決まってる、と売春宿のオヤジみたいなロジックで立ち向かってますが(お前の欲は見抜いてるぜ、みたいな)、これはしかし米国民の預かり知らない欲の処理だということを気にする必要はあるでしょう。

あと、このじーさんの存在も大きい。保守派といわれる人たちはこの人にコロッと騙されて来たということを反省すべき。この一族は軍を当該国から外して戦争に持っていこうという発想の人たちの手先なんだろうなって感じですね。松岡洋祐、岸、安倍と名前は違うがみんなやってることが続いていると思う。




・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


>それを日本側は、いいやいいや、アメちゃんだってこれでトクしてるんだから喜ぶに決まってる、と売春宿のオヤジみたいなロジックで立ち向かってますが(お前の欲は見抜いてるぜ、みたいな)、これはしかし米国民の預かり知らない欲の処理だということを気にする必要はあるでしょう。


結局、誰も統治者意識の無い日本の支配層・・・。


ネットゲリラ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・
プーチンと野田聖子
野次馬 (2017年8月 7日 06:03) | コメント(16)



戦士した兵士の慰霊式典で雨が降り始め、花を捧げる兵士たちもずぶ濡れの中、プーチンもまた、傘もささずにずぶ濡れだったというんだが、『砂糖じゃないからオレは溶けない』と言ったというんだが、ずぶ濡れの消防団員たちの前で、テントから出て来なかった野田聖子とは格の違いが歴然、という話ですw

生憎の雨模様どころかもれなくずぶ濡れになりそうな大雨の中、傘をささずに立つプーチン。
その姿がネット上で拡散され、ネット民たちは素朴だけど非常に気になるたった1つの疑問を抱いたのだ。
どうしてプーチンは傘をささないのか?傘を忘れたのか?傘が嫌いなのか?
どうして傘をささなかったのかと尋ねられたプーチン大統領は、
第二次世界大戦中、ロシアの兵士はどんな天候だろうと昼も夜も戦った。
人々はそこで暮らし、そこで死んだ。それはとても恐ろしい状況だ。
と回答。
また、
式典の際、私は何かを考えていたわけでも、決断を下したわけでもない。頭の中に「こうすべきだ」という思考が浮かばなかった。
それは決しておかしなことではなく、私たちは砂糖でできていないし溶けない。
予期せず雨が降ったが、雨は突然降るものだ。
と語っている。

政治家とか、ヒトの上に立つ身分のヒトは、こういう時にちゃんとパフォーマンスが出来るかどうかが問われる。今の自民党には、皆無です。テントの中からずぶ濡れの消防団員を眺めているようなヤツばかり。

・・・・・中略・・・・・

【ロシア】戦死者慰霊のセレモニーで雨に打たれるプーチン「兵士たちはどんな天候でも戦った。私は砂糖じゃないから溶けない」と名言 、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
溶けないけど‥・ハゲが進行するぞ
-----------------------
そこらの首脳とは潜ってきた修羅場が違う
-----------------------
長靴がなかったからって職員におんぶしてもらった奴いたよな
-----------------------
↑あそこで、靴とズボンが台無しになるのを気にせずに被災地を回ったら一気に株が上がったのにな。
ハマコーなんて伝説だろ。
-----------------------
一方、日本では網タイツをはいた女が韓国アイドルの帽子をかぶって.....
-----------------------
こういうセルフプロデュースはあざといまでに上手いね
一国のリーダーとしては風邪をひくリスクを考慮して秘書にでも傘を持たせるのが当然なんだが
-----------------------
雨に降られても髪型の変わらない唯一の大統領w
-----------------------
安倍なら傘をさした付き人が来るし、自民党の議員はおんぶされふ
-----------------------
土砂降りすぎるw
室内でやればよかったんちゃうw
-----------------------
人心の掌握のしかたをわかっていらっしゃる
-----------------------
だいぶ昔の話だけど海部俊樹さんが総理大臣やったときの自衛隊の観閲式で差し出された傘を拒否してずぶ濡れになってたよ
目の前に整列する自衛官達が濡れているのに自分が傘をさすわけには行かないと立派な心構えだったのだろうけど
このときの新制服が優秀でビシバシ水を弾いてくれて中身全然濡れなかったのは本人知らなかったと思う
-----------------------
↑防水の制服なんて無いよ!
雨衣ですら水が染み込むわ!!
自衛隊の制服舐めんな!
-----------------------
でもあんたら自軍の兵士を機関銃で撃ったり戦車のハッチに外から鍵かけて出られなくしてたじゃん
-----------------------
↑これは駐車中の戦車に変な奴が入り込んだり盗まれたりしないようにハッチにかける錠前の引掛けを見た独軍や米軍が
「露助は外から鍵をかけて突っ込んでくる」と勘違いしたって説がある
自衛隊の装甲車や戦車にも同じようなのが付いてる
-----------------------
戦死者の追悼行事で傘を差す不届きものは居ねえだろ
常識的な行動をしただけ
本気で濡れるのが嫌なら雨雲にミサイル撃つ国
-----------------------
おれも雨でずぶ濡れになったことがあるけど、溶けなかった。
プーチンと同じだな。 笑
-----------------------
プーチン、格好いいな。
日本の総理大臣になってくれないかな。
-----------------------
↑汚職閣僚全員ガクブルだろうな
-----------------------
実際どうかは知らんが部下を放って逃げ出したりはしないというイメージをうまく作ってるプーチン
日本の場合はお国のために死ねと言って散々部下を死なせた安倍の爺さん他の連中が
負けた途端にばっくれて何の責任もとらなかったのをみんな知ってるからネトウヨやゆとりのような歴史を知らない無知な奴ら以外は結局日本会議安倍に騙されることはない
-----------------------
写真写りを考えてのことだろうな。花輪を捧げ持つ兵士が雨に打たれているのに、自分だけ傘をさしかけて貰っていたら、見る人にあまり良い印象を与えないのを理解しているからだろ。
-----------------------
テントの中の野田と大違い
-----------------------
ハイヒールでうろうろしたり
水たまりをおんぶしてもらう
どこかの斜陽国家のクソ政治家には
プーチンを見習って欲しいプーチン
-----------------------
なんか対面の兵士が涼しい顔で直立不動してるから
大した雨じゃねーだろ、と思ったけど
思っクソ斜めに雨降ってるし

これはプーチンが凄いってより、式典に出てる兵士が凄いな
-----------------------
一方日本の皇室
画像
画像
画像
紀子様この時妊娠中
-----------------------
岐阜県で消防団員が土砂降りでずぶ濡れになってもテントの中で雨に打たれることもなく観覧してた野田聖子はトップの器ではない。本当のリーダーなら自らテントの外に出て雨に打たれるものだ。
-----------------------
↑野田聖子の今の旦那は韓国料理店をやってるような怪しい人だからなぁ
日本人のためにずぶ濡れになるなんて嫌なんだろうよ
-----------------------
今の政治家がひ弱になったと言ったほうが正しいかも
ケネディとドゴール。周り全員、傘なんかさしてない
-----------------------
ハゲを姑息に隠すトランプとは違うな
実に男らしい
-----------------------
これだからプーチンはネットで人気あるんだよ
-----------------------
靴が泥で汚れるので
おんぶしてもらって田んぼを渡った大臣いる国があるらしい
どこだっけ?そんなゴミ国家は
-----------------------
こういう小芝居って結構効くし、必要。
-----------------------
秋篠宮様は雪の中傘もなく手袋は外したまま
雪で頭真っ白にして立っていた写真あったな
あれは上の人の心意気だよ
それが出来ないのはほんとの下っ端ということ
-----------------------
格好良さとはどういうものか、良く知っている男だな。
韓国のテコンドー名誉段位授与式を辞退したのは、よくわかっている。
-----------------------
あのおんぶしてもらったバカに見せたいわ
-----------------------
これ戦災家族は泣き崩れる奴いるでw
-----------------------
政治家はこういうパフォーマンスも大事
パフォーマンスって分かってても人の心を打つからな
-----------------------
安倍だったら傘が無いとキレるだろうな
-----------------------
ハマコーは選挙中田んぼの中に人がいたらスーツに革靴でも泥の中に入って行って握手しながら「よろしくお願いします」って頭を下げたそうだ。
-----------------------
ネトウヨ「傘を買うお金がないから」
-----------------------
プーチンは、ノルマンディー上陸作戦記念式典で、原爆の映像が出た時、各国首脳の中で唯一十字を切ったからな
https://youtu.be/RPvP1iin5fc?t=35
一方オバマなガムを噛んで拍手をしていた
-----------------------
トランプはアーリントンの無名戦士の墓に詣でている。
プーチンもクレムリン横の無名戦士の墓に詣でている。
日本の首相も千鳥ヶ淵へ行けばいいだけ。
靖国とか言い出すからもめる。
-----------------------
プーチン悪人なんだろうけどカッコイイよなあ
-----------------------
まー命がけの仕事していただけあるな
日本の政治家じゃぁ絶対にやらない
-----------------------
プーチンは一国の首長だけど、その前に戦士なんだよ。
こういう指導者が率いる国とは戦ってはならない。
兵士は死に物狂いで戦い抜くだろうから。
-----------------------
オバマが甘やかし、トルコがこっそりと助けていたISILを殆ど壊滅させた。
邪魔な奴は速やかに殺すけど、プーチンがいなかったら、間違いなく世界は混沌のままだった。
-----------------------
軽薄な欧米メディアの言い掛かりに真っ向から反論して理屈でねじ伏せる感じとかすごいよね
プーチンはマッチョさと知性が絶妙に噛み合った希有な政治家
-----------------------
自衛隊も傘ささないよね。
軍隊は傘ささないんだよ。
そんなに特別なことかな。
オレも小雨じゃ傘ささないよ。
-----------------------

日本でも、皇室はこういう時の立ち居振る舞いがシッカリしている。幼い頃から、ちゃんと「帝王学」を学んでいる。アベシンゾーの学んだ帝王学は、「国民は騙しても良い」とか「アメリカ様には逆らうな」とか、屑の帝王学だw


・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


宋太祖趙匡胤は、出兵する兵士たちを見送ったあとに雪が降ってきたときに、おつきの臣下が「寒いのでコートをきたら」と言われて、

「兵士たちの方が寒いのだ。」

とって断った。

そういう話は、昔の日本人は漢籍で知っていた。

諸葛亮兵書にいう
http://www.geocities.jp/fukura1234/koumei/syouen.htm

上記文抜粋
・・・・・・・・・・

(29)哀死
 昔のすぐれた将軍は、わが子の面倒をみるように他人の面倒をみました。

困難があれば、自分が先頭に立って対処しました。

功績があれば、自分を後まわしにして他人に譲りました。

傷ついた人については、泣いて慰めました。死んだ人については、哀れんで葬りました。

飢えている人については、自分の食事を減らして食べさせました。

寒がっている人については、自分の衣服を脱いで着させました。

知恵のある人については、礼遇して給料を与えました。

勇気のある人については、賞して激励しました。

将軍が以上のようにできるなら、どこに向かっても必ず勝てます。


・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


似たような話に「将帥は幕舎が出来てないのに疲れたというな。兵士の皆に食料がいきわたるまでに、腹が減ったというな。」
という話も兵書はいう。

おなじく 諸葛亮兵書 より
http://www.geocities.jp/fukura1234/koumei/syouen.htm

・・・・・・・・

(46)将情
 そもそも将軍としての正しいあり方ですが、井戸ができておらず、兵士が水を飲めていないなら、将軍は「のどが渇いた」と言いません。

食事ができておらず、兵士が食事をとれていないなら、将軍は「腹がへった」と言いません。

火がついておらず、兵士が暖まれていないなら、将軍は「寒い」と言いません。

テントが張りおわっておらず、兵士が休めていないなら、将軍は「疲れた」と言いません。

夏の暑いときにも、自分だけウチワを使ったりしません。

冬の寒いときにも、自分だけ革のコートを着たりしません。

雨が降っていても、自分だけ傘をさしたりしません。兵隊と苦難を共にします。

・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


その辺を野田聖子すら、おざなり。

日本では指導者とはただの暴力を振るうごろつきなのである、世界的に言うとそう言い得る。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

PR