忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

民族って耶蘇金の収奪のための分け方。偽物の発想。

京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・
国会が解散。私物国家(過去)VS国民国家(未来)? このとき、半島はどうなる?

これで、アメリカの特別行政自治区としての「日本国」は、大変革に突入です。

どんな国家(統治体)にするか、 さらに、どんな民族(文化集合体)となるのか、しっかり考えましょう。

以下は、参考記事です。

>そこにある、最大の誤解。

   戦後の日本社会、特に、統治体である「日本国」を、「民族」として、とらえてしまったこと。

これは、2011年「311」直前、当時の前原外務大臣の辞任に関して、「京の風」に書いた重要部分です。

  http://www.k2o.co.jp/blog2/2011/03/post-413.php 


・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

民族って区分けかた自体が、どうも耶蘇金・西欧が略奪しやすいために作られたモノって面が大きいようで。

あとどの国も「多民族国家」であり、それでないと、その国は長持ちしない・繁栄しない。

日本人が些末主義になり違う人間を厭うのは、どうも「減点主義の受験・試験のシステム」に思う。

戦後いじめがドンドン深刻になっているのは、長くほぼ全国民に減点主義テストを施行しつづけているからだと思える。
減点主義的な見方では、些末な違いは「排斥」の対象になる。
まさに、学校教育が日本人の不幸の一大源泉なのである。

お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR