忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

毒麦・・・毒国家の刈り取り。

DEEPLY JAPAN  より

上記文抜粋
・・・・・・・・
『近代天皇論—「神聖」か、「象徴」か』by 片山杜秀×島薗進

とても面白かった。

『近代天皇論—「神聖」か、「象徴」か』刊行記念 片山杜秀(政治学者)×島薗進(宗教学者)トークイベント 1


『近代天皇論—「神聖」か、「象徴」か』刊行記念 片山杜秀(政治学者)×島薗進(宗教学者)トークイベント 2


天皇の8月8日のお言葉を聞いて、知識人はまさか天皇ご自身が平和憲法や戦後民主主義の防波堤になるとは想像だにしなかったでしょう、という島薗氏の発言がこの本のエッセンスといえばエッセンスか。

それに対して、上の動画では、片山センセが、70年代にも、80年代にも共和制を語る人がいて、その人たちからしたらこんな事態はおかしいと言いたいだろう、しかし、じゃあ誰が言ってくれるんだ、他に誰かいるのかとなったらいない、と面白いおかしくある種悲憤慷慨していらっしゃる。

そうなんですよ。それそれ。つまり、自由と民主主義に向かうことの可能な現在の憲法の方が、戦前のごたごた状態よりいいに決まってるだろ、と語って大方の人が納得したり、ああ、あの人がそういうのならそれでいいんだなと言えるような大物知識人というのが現在の日本にはいない。そこに登場したのが、天皇陛下。というより明仁さんとお名前で呼びたい衝動にかられる。

このどんでん返しを日本の知識人たちはまだ総括できていないと思う。

で、一方で、それにもかかわらず、本当の意味での天皇主義者ならば、既に勝負は決まっているというのに、憲法を変えることこそ保守だの右派だの愛国だのという一群がいる。この人たちは何だろう。

不思議な世界だ。

思うに、彼らは別に日本を大事にしたいわけでもなく、単なる岸派ではなかろうか?あるいは極東米軍体制派とか。




・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

天皇が善政を支持する・為すのなら、簡単に私はそれを支持する。

「仁政に従う」と三国志の趙雲。

これが私の信条の一つ。


反天皇制だが、反天皇でもないし、積極的に天皇を支持することもない。
「仁政・善政」を支持するだけです。


みずがめ座時代 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
毒麦の刈り取り



聖書の中に出てくる話しに、良い種の中に毒麦の種が混じってしまった、、、というものがあります。

農主は、気にせずに、そのままにしておこう、、、と。

そして良き麦の種も毒麦の種も、同時に畑にまくことになります。

どちらの麦も大きく育ち、それぞれに実をつける時期となりました。

農主は、刈り取りの際、皆に命じて、毒麦は毒麦で集め、良い麦は良い麦で集めるように伝えます。

集められた良い麦は倉の中へ。集められた毒麦は、火で燃やしてしまいました。

私は昨年のアメリカ大統領選挙でも、また、現在の日本の政治においても、同じようなことが行われつつあるのではないかと感じます。

今の政権ができた時の、ちょうちん行列を見て、異様なものを感じましたが、それが種まきだとしたら、今、進展していることは、毒麦の収穫のように思えてなりません。

本当に日本的なるものとは何か、、、私は今の政権に日本的なものを感じたことがなく、極めて反日的なものを感じ取っていました。

人を脅したり、ごまかしたり、強弁をはいたり、目先を誤魔化して言い逃れするのは、日本的なものではないと思うのです。

この日本的でないものが、この二十年、本当に大きくなった気がします。学校でいじめがあっても、学校は絶対に認めようとしない、、、

従業員の給与を下げて上の一部が儲かるシステムにする、、そうしたシステムで儲けて、価値あるものを生みだそうとはしない、、

派遣社員であふれる体制にして、会社だけが儲ける、、

利益だけが唯一の価値であるとの姿勢、、、

病院では、良心的な医師や看護師がいることは事実ですが、そうした人の良さは発揮しにくい体質があり、冷たく人の命を何とも思わない医者の方が悩まずに済む、、、

憧れの芸能界にも、手放しでは憧れることができない何かを感じる、、、暴力や政治家との影まで、、、

スポーツマンシップとは言うものの、どの試合を見ても、勝つことばかりを優先させる、こすっからさすら感じるスポーツ界、、

それにしては、やけに肥大し、スポーツの価値が他の芸術や文化に比べてあまりに高すぎはしないかの疑問、、、、

変なオリンピックにいくらかけるの、、、、

成功したスポーツ選手に共通している人間性のつまらなさ、、

マスコミの顔、有力スポーツ選手、政治家、企業家、文化人、芸能人、、、いわるゆ有名人に共通している特別意識、、、自分は一般人とは違う世界で生きているといううぬぼれ、、、、

昔はおまわりさんを見たら、町を守ってくれている、、、と感じたのに、今は私たちが監視されている、、、という気持ちを起こさせる、、、何も悪いことしていないのに、、、

いつしか時代は変わってしまい、本当は日本的でない、むしろ反日的なものが力を持ちだしているように感じるのは私だけでしょうか。

ここでいう日本的、反日的とは、人種や思想でないことをまず、ハッキリさせておきます。体質や思いや態度での、日本的、反日の意味です。誤解なさらないようにお願いします。

とにかく窮屈な時代になっていると思います。この上、さらに、色々な法案が決められ、憲法も変わるとなると、一体、この国はどうなるのかと、多くの人が心の奥底で本当は不安であると思っているのではないでしょうか。

私は今、起きていることは、前述した、毒麦の刈り取りだという気がします。

起きていることが、あまりに日本的でないのです。反日本的なるものが、どの立場でも上に立ち、物事を決めているように感じるのです。

多くの人は、日本的なるものと、反日的なるものを、誤解して逆に捉えているよう思います。

先の大戦なども、日本だけが優秀だとのうぬぼれが支えた面があり、本当は極めて日本的なものでなかったのです。日本を戦争に追い込み、国を焦土と化した勢力は、日本的なものでなく、本当は反日だったのです。

母音言語を話す日本人は、イノチと自然と一体となる方向を目指し、その思いが様々な文化を生み出すところで生きたいと願う、、、それが本当の日本的なものであり、生き方です。

日本は儒教や軍隊や帝国という反日的なものを身に付けた際に、ひどい決着となります。日本人にあっていないからです。

皆が思う日本的なものは、これまで籠池氏が思っていたようなものとは違うのです。目を覚ました今の籠池氏なら、そのことがわかるはずです。愛国のつもりで反日に走ってしまう人が多いのです。

日本的なるものは、和であり、イノチであり、自然です。人工的でからくりが多く、人を騙す構造をもつものは、反日なのです。

マスコミもですから、反日となります。だまして物を売り、儲けることが目的だからです。

芸能界も見た目の世界で、タレントの心を軽く扱いますから、反日です。

学校も子供たちを守ろうとしつつも、反日が忍び込んでいます。

多くの会社はほとんどが反日的です。

このように、日本的なものと反日的なものは、政治や運動とは異なるものであると私は思います。

自分だけが出世したい、、、自分だけが金持ちになりたい、、、自分だけが有名になって、、、自分だけが、、、というのは、誰にも十分に与える太陽の恩恵とは異なる、反日の姿勢なのです。

ですので、神国日本というような考え方は、もっとも反日と言っていいでしょう。自分だけ特別だとの意識が根底にあるから反日なのです。日の丸を振ることが日本的なのでは決してありません。

そして面白いように、この反日的なものは、必ず滅びることになるのです。

日本はこの二十年は、人の心を無視し、人間の命を無視した冷たさが覆う時代だったと思います。なので、極めて反日だったのです。

反日は太陽の心に反する態度と姿勢ですから、太陽から離れれば、人は生きられませんので、これは必ず滅びます。

悪い麦がついに育ち、すでに刈り取る時期となったのです。

上が反日的でしたので、日本中に今は反日のスタイルが覆っています。冷たい人間性の上司で苦しむ人達がいます、、本来、出世しては問題がある人達が、見事に上に立ったのです。

寄せ集めが行われています。悪い麦が集められているのです。あのまま、クリントン氏が勝ったら、悪の帝国が完成したという考えの人たちが、トランプを選びました。

日本では飴と鞭をちらつかせ、官僚を支配した現政権ですが、それに耐えられないと思う、自然な人情を持つ人たちが結集し出しています。

主義主張よりも人情と自然な思いをベースにしていれば、必ず大きな力になるでしょう。

先日、偶然、お店で前川前政務次官の話しをしていたら、今、何っていいましたか、、、とお客様がいうので、文部省を辞めた人ですよ、、、と応えると、個人的によくご存じのようでした。

私がどんな人でしょう、、、と尋ねたら、あの通りの人です、と。

まったくあの通りだとおっしゃっていました。飾り気がない人なんでしょうね。

つい応援したくなったのですが、人間性が違うのです。現在のトップたちと。

これからは、別に前川氏が、、、ということではなく、そうでもいいのですが、人間性が大事になると思います。

上に立つ人は、温かな人でないと、この国はうまくいかないのです。冷たい人が上に立つと、すべてを壊すのです。それが反日です。

今の政権はもう終えると思います。時期はわかりませんが、持ちこたえるべきものが何ひとつないからです。持ちこたえようとしているものは、自分らの手の内にあるものだけだということが、多くの国民に見えてしまっています。

今回の政権の変化は、多くの変化をもたらします。日本のこれまでの二十年の悪習慣が一掃されるはずですから、すべてが変わります。終戦後のような事態が訪れると思います。

現政権が終われば、日銀の政策も変わりますので、金融でも大混乱が起きるかもしれません。政策にあぐらをかいていた大企業では生き残れないところも出てきます。

大企業が潰れれば、派生する小企業の倒産などひどい事態も考えられます。

だから未来像がどうしても必要なのです。これまでの冷たい価値観に頼る人間関係は壊れるでしょう。残る、人情による人間関係は強化されるはずです。

自分の居場所をつくる、、、仲間を作ることの重要性については、以前から藤原直哉先生がおっしゃっています。私もそう思います。

藤原先生はかなり以前から、冷たい人間ではダメで、温かな人でないとリーダーになれないとおっしゃってこられました。

本当の反日と日本的という違いも、藤原先生から学んだことです。

これからは、本当の日本的な和を重視し、あらゆる民族とも調和し、心のある者が上に立つ、そうした時代が訪れて欲しいです。

そうでないと、宇宙の意識に反するので、危険でもあるのです。日本ではとくにそうで、反日的なものはうまく行きませんし、必ず滅びます。

現政権で、大企業で、色々な場所で、自分が優秀だと思い、下の人を軽く扱い、イノチと自然を軽く見なした人には、反作用が訪れます。

そういう人には、野田あすかさんのピアノなど聴いてもらい、心を入れ替えて、もう一度、人生をやり直して欲しいものです。


・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


>日本は儒教や軍隊や帝国という反日的なものを身に付けた際に、ひどい決着となります。日本人にあっていないからです。

儒教ですらない。そもそも親孝行が無い。なにせ天皇が臣下の子供に父親を殺させた。{保元の乱}武家を人間扱いしなかった。
こりゃ、儒教的には天皇が鬼畜外道の「大逆無道」ですから。

ナオトさんのコメントにあったように

上記文抜粋
・・・・・・・・

「征服者の概念では

日本人というのは彼らの仲間の貴族や公家武家

皇室を支える寺社のこと  要は血筋のことを指すわけで

それはビジネスクラスまで

その他はすべて蝦夷や縄文と大差ない

エコノミークラスなんですよ」http://suishounohibiki.blog.fc2.com/blog-entry-999.html
から引用


・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり


こういう事に思う。


今の天皇さんは、これでは危険と感じて、改善して危機を回避しようとしていると思う。


お読みくださりありがとうございます。


拍手[1回]

PR