忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

権力者・指導者・金持ちのエゴイズム・強欲が、人類最大の敵。

産めよ増やせよ大和撫子((旧日本の独立を目指して)))  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
政治思想なんてものは実はない  

最近発見したことだが

生きるエネルギーの流れと感情の流れ

この二つの絡まりが言語とくっついて

政治思想という形をとっているだけである

そういう風に解剖すると何がわかるかというと

AIでことがすむ、ということなのである

生きるエネルギいは通貨を媒介として他人の労働と結合している

だから経済学である

そして、こころは感情で動いており、感情の発散が、お金の流れと一致しないと

人間は幸福になれない

そういうことなのだ


だから巨大な金を手に入れるともう、個人ではおれなくなる

また高貴な血統を受け継ぐと、もう個人ではおれない

巨大な資産や高貴とみんなが認める血統は

人間のエネルギ0の流れる流路なので


個人の持ち物ではなくなる


大きければ大きいほど、影響力が本質なので、個人が社会化してしまうのだ

そういう風にしてわれわれは生きている

今、世界政治の一番の問題は

核戦争を起こさないことだ

核の大戦争を起こすと

生活が石器時代に戻ってしまう

インフラでつながってその上を石油や原子力、太陽発電などのエネルギー生産装置がエネルギーを流して

そこから全てができているので

このインフラを潰せば

人口は1/100になる

そうすると石器時代に戻るのだ

この恐怖が現在の政治指導者の恐怖だ

たったそれだけのことで、世界政治が動いている


しかし、核戦争を起こしたくて、世界を応仁の乱のようにしたい連中もいる

原理主義という脳病で

これを裏から促進してるやつが

グローバリストというキカイな連中だ

人類の本当の敵はこの連中の脳みその中にある

自我の極端な拡大が自己崩壊を起こす。

スターリンや毛沢東が起こしたことが一国じゃなく全世界で起こりうるのである


それが本当の世界政治の課題だ

脳が病気だと人類は滅びる。脳で生きているのだから。

グローバリズムや原理主義的思想は、

エイズウルスより恐ろしい、伝染性脳病です。


だから、自動運転と同じでAIにやらせる方がましなのかもしれない


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

>グローバリズムや原理主義的思想は、エイズウルスより恐ろしい、伝染性脳病です。

ネトウヨ思想も、この一種であります。

参考 ゆるねとにゅーす グローバリズムや原理主義的思想は、エイズウルスより恐ろしい、伝染性脳病です。


まさに、日本は伝染性脳病に侵されたゾンビの国です・・・それも明治から増殖を続けて・・・

その病原の一つである天皇制を廃止・天皇家の終了は、日本人の生存に必須でしょう。

おなじく より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
大愚のしている事は視点の刷新  

何をしているのだろう、この人は、ときっと思われているのだろうが


自分でも何をしているのかと思っている

しかし振り返ってみると

視点の刷新だということに思い至る

視点を刷新すると

動機を刷新できる。

動機を刷新すると行動が変わる

行動が変わると

人間が変わる。

つまり、自分をリニューアルできる。

違う人間になるのである。

昨年の大愚は今の大愚ではない

これって、最高に楽しくないか?

それが本当の動機のようです。


・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

ネトウヨ思想を捨てて、天皇信仰を捨てたら、日本人も生き延びれる・生まれ変われる。


>昨年の大愚は今の大愚ではない

>これって、最高に楽しくないか?

>それが本当の動機のようです。

楽しいからね。

みんな楽しもうよ・・・。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR