忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

森友は、実は皇室案件だった・・・天皇真理教・あるいは天皇という寄生虫の恐怖。






http://ocaltpon.blog.fc2.com/blog-entry-340.html

>宮内庁は「塚本幼稚園には行かれてない」としてますが、塚本幼稚園の姉妹校、旧南港さくら幼稚園(開成幼稚園)に、昭和天皇が昭和61年5月11日に確かにご訪問されています

>「昭和天皇陛下には、全国植樹祭の途次、当園に御臨幸賜り、園児より紅白のカーネーションをお渡し致しました。」(現在は削除)




どうも森友は、「皇族案件」だったわけで。

それで忖度したのが財務省のお役人・・・

官僚同士なにか連絡があって「あれはガセ」とか流れてきてつぶれてないのは、マジで皇族が裏で動いていたからか・・・。



日本の深い闇は「菊のカーテン」に隠れている。

それを引きずり出すのが、「日本の夜明け」です。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR