忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

昭和天皇は、ほぼアメリカの傀儡君主・・・。だったら怖い。

普通、敗北し占領された国の君主は、形式上の存在も「退位・譲位」する。あるいは王制廃止。

でも日本はあの敗戦後も、天皇制は、続いた・・・

神聖君主天皇から、象徴天皇に変わった。というべきだろうが、その刷新を、退位や譲位という君主の交代をもってすべきだった。

でもそれも無い。


「大元帥天皇」から「平和の象徴の天皇」で、皇室の財産の大多数を失ったわけでもない。



通常、こういう場合は、「傀儡君主」となる。


昭和さんは、「共産革命防止のために、米軍の駐留と沖縄譲渡」を生前言っていた。



これは「民主国家アメリカの傀儡君主としての、昭和天皇=裕仁  」



ではないのか・・・・


わからんけど、アメリカの傀儡君主だった可能性がある。昭和天皇。

だから、国内でも天皇の「戦争責任」を「出家で終わっていいから、ケジメだけでも」という話もつぶされた・・・。

今上さんもそれを受け継いでいる可能性もある。



恐ろしいが、留意すべき、事案に思う。





お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

PR