忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

明治によって奪われた日本人の矜持。スポーツによって奪われた日本人の健全性。

世相を斬る あいば達也 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
デマゴーグとテロルの「長州レジューム」 江戸幕府の見直し

明治、大正、昭和、平成という日本と云う国には、なぜか日本人と云う「矜持」が失われていった。安倍と云う男の「戦後レジューム」からの脱却は、なぜか明治維新回帰になっている。英国の軍門に屈し、傀儡となり、幕府に多大な迷惑をかけ、平和で、幾分ノンビリしていた江戸幕府を、デマゴーグとテロルの恐怖政治だった幕末維新時代の明治が回帰場所なのか。なぜ、我が国の歴史の中で、概ね平和であった江戸時代(265年)に基点を置かないのか、さっぱりわからない。

いや、実際には判っている。安倍の目的は長州下級武士(相当怪しい出自者含む)が中心だった国学松下村塾、長州・国家神道と云う、反主流派の群れに当時列強だった「英国」が長州の群れを、現在で言うところのアルカイダ、IS化させ、内乱を起こさせ、傀儡勢力を日本に確立し、日本を中国化させることだったことに起因する。

アルカイダ、ISの後ろ盾が、アメリカの軍産複合企業及びペンタゴン、CIAと利害を一致させるワシントン議会による、小競り合い的な戦争の持続可能性に他ならない。使用期限の限られている武器弾薬は消化されなければ、再生産が出来ないわけで、軍産複合企業は経営の危機に瀕する。極めて常識的に経済原理主義思想に毒されたアメリカは、そのように振る舞うしかないのが原理であり、実情だ。ゆえに、自国に被害の及ばぬ範囲でアメリカは世界中で、小競り合い的な戦争が起きることを好むと云うのが原理だ。

明治維新当時の英国も似たような立場にあった。この辺りがロスチャイルド陰謀論を生む素地になっている。まぁ、当時は、英国、フランス、ロシア、アメリカと四すくみ体制であったため、現在のアメリカ一国独裁に比べ、選択の余地があった。それでも当時の幕府は、アメリカやロシアと、それなりに意味のある通商条約を結び、インドや中国が結ばされた過酷な通商条約に比べ独立国な地位を確保していた。

早い話が、現在のシリア政府を悩ませるIS及び反政府勢力は、その発生において、すべてアメリカ政府が関与していることは、ほぼ確実な事実のようである。アメリカは、自分の足元に戦渦が及ばない限り、世界中で小競り合いが起きていることを好む体質と趨勢を持っている。薩長は、当時の英国にとって都合の良い「IS」であり、テロに次ぐテロの連鎖で、江戸市中を恐怖に陥れたと云うのが史実だと言える。江戸時代の人々も、テロや辻斬りは怖かったのだ。

当時の英国は、近代的軍艦と大砲を、薩長土肥に支援することで、費用の出世払いを画策したと云うことだ。江戸時代に貯めこんだ「国富」は、幕府は貧乏だったが、各藩はそれ相当に豊かな「冨」を持っていたわけで、収奪するに相応しいだけの富であった。士農工商最低ランクの商人も個別に富を蓄えていた。いま現在、国民は豊かだが、国家財政は火の車と云うのと似ている。この薩長土肥の連合は、早々に土肥が切り捨てられ、最後に薩摩が切り捨てられた。残ったのが長州である。

しかし、なぜ貧乏であった長州が生き残ったのか、その多くは謎だが、謎の多くは、当時の長州軍に属する人々が、心おきないデマゴーグ(生まれつきの嘘つき)とテロルを実行出来る人々の集団であったと云う解釈が妥当だろう。つまり、武士道の精神や儒教仏教と云う縛りの精神がない集団であった可能性が高いと見るべきだ。まさに、「IS」なのである。長州人は首切りが大好きだったとか、まさにISそのものだった。

沖ノ島、国家神道と云う壮大な嘘も、神道系群れの常とう手段、歴史の改竄乃至は歪曲性である。現在の安倍晋三や、その政権に群れる人々も、嘘や改ざんが大好きなようだ。ユネスコの強力スポンサーである日本政府に、世界遺産登録に関する検討で、手心が加えられたのもユネスコ陣営の「忖度」に他ならない。それにしても、普遍的価値(黙っていると、自らの嘘がばれる恐怖が常在した集団)が好きな国家神道の群れである。廃仏毀釈も嘘とテロの精神からして、見事なまでに精神と実践が合致している(笑)。 安倍晋三も、その長州の精神を踏襲し実践している。いや、国民が知らないこととは言え、それを後押ししたのは事実だ。しかし、国民も馬鹿ではない。気づけば、その危険さに、動物的感で抵抗するに違いない。

エキセントリックな明治の麻原彰晃こと吉田松陰の塾(松下村塾)と猿真似に過ぎない明治産業革命遺産が、世界遺産登録された時にはビックリこいたが、今度は、神宿る島「沖ノ島」とその関連遺産の世界文化遺産登録が決定したと云う話に及び、どこまで国家神道的勢力がのさばるのかと、呆れてしまった。沖ノ島を、国家神道や靖国神社とどのように無茶苦茶に結びつけるつもりか判らないが、そろそろ、日本人は江戸時代に範を求めるべきである。長州勢のデマゴーグと強圧政治(テロル的)からの脱却精神が肝心だ。細川護熙曰くの「腹七分目の世界」である。



・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

長州派維新志士は、それなりに優秀だったのだろう。

ちょうど、武則天に重用された酷吏のように。参考 許敬宗 と武則天 のウイキ

だが、狄仁傑のような人格・能力が優れた人間はいなかった・・・。狄仁傑 ウイキ

まあ長州派維新志士など、武則天が指導者なら、維新後に難癖漬けて、大多数が粛清されていただろうな。


geneumiのブログ  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
2000万人の日本人の選択

20世紀型収奪資本主義に未来は無い。
なぜなら、そんな薄汚い仕組みを引き継ぎたい後継者がいない。

主な大学にあった原子力工学課程を専攻する学生はいない。
専門家教育を学んだ人材もいないのに、向こう数万年の管理ですか?
廃炉にしろ、新たに建設するにせよ、80代90代の技術者が陣頭指揮?
数年後には技術者枯渇。
本気でできると思っているのか?
阿呆な経産省・・・。w



【図解・行政】「核のごみ」最終処分場の選定に向けた特性区分(時事)
http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_seisaku-energy20170728j-14-w600

誰がどう考えたって無理。

ま、経済学なるモノが在ると言い張るなら、信用創造詐欺金融の後継者は現段階で人材は豊富かも知れない。
しかし、近代経済学のベーシックは詐欺である。
それをちゃんと教えない教師はその時点で失格(犯罪者)である。

今時、私は経済学者ですとか、経済学教授ですと平然と言える人間は異常人格者と思って間違いない。

その代表選手がケケ中の平蔵。
国家中枢に喰い込んだ詐欺師風情だが、その命脈は風前の灯火。

なぜか?

詐欺でしか回らない金融システム自体がもうすぐ終わる。

これを終わらせないと、99%の貧困は永遠に続き、やがて死に絶える。

現在、誰もが1%の幸福、信用創造詐欺を取るか。
それとも99%の底上げを取るかの選択を迫られてる。

ジミン党は1%の幸福のために国を売る政党である。
反トランプ運動を繰り広げている連中も然り。

だが、1%の降伏で勝負は決着する。
1%の金魚の糞は逮捕か失職、本来のポジション、プーに逆戻り。

そこで象徴的な局面を迎えているのがオリンピック。
3年後、地道な努力を続けるアスリートが競技に集中できる環境が作れるかどうか、誰にも分からない。

なぜなら、今日現在、1%延命のために利用される真っ最中。
日本の1%予備軍が最後の荒稼ぎを目論んで欲の皮の突っ張り合いを演じている。

競技者に罪は無いと言いたいが、長い目で見て、メダリストがジミン党に取り込まれ、1%の利益のために三途の川を渡る行為が、果たして未来のアスリートのために良かったのかどうか?

スポーツって何だ?
アマチュアリズムとは何だ?
もう一度見直すことは無駄ではない、と思う。

確かに競技によっては人生に一度のワンチャンス。
ワールドクラスなのに、参加できないのはもったいない。
しかし、もしそのチャンスを失っても、笑って競技を離れ、次の人生に向かう。
悔いも無ければ未練も無い、そんな心境で、前を向くなら霊格のステージも上がる。

悪いのは、テメイらの利益のことしか考えられない糞ジジイ連中。
そんな輩が集まってつくった日本懐疑やジミン党、それにくっついておこぼれに群がる偽カルト。
彼らの乗っかる土俵は、詐欺のかたまり。
いくら塩をまいても地固まらず、止めどない崩壊の真っ最中。

どっち付かずの民進党は1%の味方か?
1%の味方を装い、99%を欺いて信用されるわけがない。
引き裂かれたら宜しい。
もともと水と油が、エマルジョン状態で1%にシッポを振っただけのこと。
2009年マニュフェストを引きづり降ろさせた裏切り者。
自らの手で日本の政治を10年以上も棒に振った怪盗行為の罪は重い。
従って、回答は、解党しかない・・・。w

さて、2000万人に満たない日本の後継者が誤った選択をしないよう、どうやって見守っていけるか?
と、言いたい所だが、子どもを奴隷にして使役したい薄汚い連中が手ぐすね引いている。
官も民もなく、ブラック企業がよだれを垂らして・・・。

計算するまでもない。
子ども1人に何人の糞ジジイ糞バアアが群がるか?
少ない子どもを兵隊にして戦地で死なせたら、基本数がさらに減る。

次世代は未来の無い分野には本能的に拒否反応を示す。
原発技術を志す学生がいないのは当たり前。
で、あれば、信用創造詐欺金融に我が子を差し出す馬鹿親は余りにも情弱。

しかし、滅びの兆しが見え始めると、トチ狂うのが世の倣い。
老い先短い老人どもの、その中でも最も恥辱にまみれた部類の人間が最後の悪あがきに余念がない。
それがジミン党、日本懐疑、偽カルトの乱痴気騒ぎに表れる。

だが、心配はいらない。
年内に間違いなく金融詐欺経済は飛ぶ。

詐欺を実体経済と言い張り、ホンモノの実体経済当事者を苦しめ、あぶく銭を独り占めにした連中も一巻の終わり。
結果、代議士なんちゅう商売は成り立たない。
中央集権なんて何らメリットが無い。
メリットの無い場所と、未来の無い所に人材は集まらない。

もちろん、実態経済に即して有効なモノは生き残る。
何が良くて何がダメなのか?

そのあらましを曇りなき眼でよ~く観察すべきである。

と、言いたい所だが、日本懐疑が阿呆でマヌケでセンスのカケラも無い教育委員会に喰い込んでいる。



何やら白い服装で小学生に命令口調で指導するらしいが、人様になにがしか教えられると錯覚している時点でペケ。

日本人小学生に礼儀を教えるんだそうだ。
ふざけるのもいい加減にしてもらいたい。天に唾する行為である。

人様に、まして子どもに教えることなど何も無い。
マトモな人間ほど、人は人に教えることなど何も無いと知っている。

彼らは自らの薄汚れた主張を押し付けるだけ。
その無神経が朝鮮懐疑の所以なのだろうが、迷惑千万。
そんな汚いものを小学生に近づける教育委員会はおバカなのか?

それとも文科省ご推奨か?

少なくとも、日本会議レベルに騙される知能程度では教育行政の「き」の字もままなるまい。
日本懐疑の介入を止めないなら、教育委員会なんて明日から廃止にしたら宜しい。

朝鮮懐疑の邪魔さえ入らなければ、若者はその曇りなき眼で、目の前で繰り広げられる人間の無様な生き様を見届ける。
まさに日本懐疑のかたまりの国会議員の無様な最後を見届けよ。

明日無き未来を見定めるのは、現役の大人も一緒だが、どうやらその能力はミジンコレベル。
特に政治経済、就中、原発屋戦争屋の低レベルは救いようが無い。

もう時間が無いのである。
あとは、一蹴されるのが早いか遅いか、その時間差は精々数ヶ月である。


・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

>競技者に罪は無いと言いたいが、長い目で見て、メダリストがジミン党に取り込まれ、1%の利益のために三途の川を渡る行為が、果たして未来のアスリートのために良かったのかどうか?


結局スポーツは、健全な人間を育成できなかったのではないのか?

メダリストって一応その世界で一級の人。それがこの見識では・・・

「スポーツは、権力の犬と阿呆を作る。最良の人間の奴隷化の政策」って言われても間違いではない。

自分のことしか考えれない人間のどこが偉いのだろうか?


エゴエゴの下衆ばかりですは・・・


お読みくださりありがとうございます。

拍手[4回]

PR