忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

明治という悪夢。昭和という悪夢。平成という悪夢。

金玉満堂ブログ より

上記文抜粋
・・・・・・
かつて大日本帝国陸海軍は「統帥権独立」のもと内閣のコントロールが及びませんでした。
戦争を始めるか否かは天皇の専権事項とされ、その天皇は伊藤博文と明治天皇間の覚書「機務六条(きむろくじょう)」に従い「良きに計らえ」でしたから軍隊をコントロールできる機関がありませんでした。

軍部は好き放題やって国を滅ぼしました。
・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


天皇を神聖化すると、無責任になんでもできる組織・集団が生まれる。

もう、「天皇」などやめるべきなのである。


せいぜい宗教家として残しても、もう政治にはかかわらせれない。

天皇が政治に関わってしまうと、次は皇族は皆殺しになってしまう・・ので、政治に関わらせてはいけない。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR