忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

02/12

Mon

2018

日本帝国の終わり、日本列島共和国の開幕。生き延びていたら、赤飯焚いて祝おう。



福一事故の後の放射能を封じ込めを怠り続けることで、日本帝国の終焉は決定的になった。

なにせ、その当時の飯山氏もそれを是としていた。

ポスト米英時代 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
ネトゲ・実は日本はもう駄目。半分事実である、しかし中露と組めば話は別、偽ユダヤ追い出しである。
http://www.asyura2.com/17/cult18/msg/779.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2018 年 2 月 12 日 14:05:37: 4sIKljvd9SgGs j6yR8pPginSR0pZdmF8


自公サックス以降、小泉サックス以降、偽ユダヤへの上納と背乗りキムチへのキックバックが急上昇し、途上国みたいな国になってしまったが、森永ガス抜きサックスの一億総下流ではないが、よく言われる第二の敗戦だが、二回とも負けを食らったドイツや日本の敗戦後と同じで、諦めたり落ち込んでいる場合ではなく、もう一度、奇跡の復活を遂げればいいだけである。
前回は朝鮮戦争詐欺の特需と米国の日本に対するぬるま湯政策が決め手であったが、今回は攻守所を代えて、朝鮮統一バブルと米軍追い出しとキムチ返品と中露エネルギー同盟との連携が材料である。
天才も極端な馬鹿もいない一億人は昔も今も健在で、一億人の普通の塊は相変わらず中露にとって魅力なのである。
毎度書くように、これからの経済は上海が中心で、羽田から往復三時間一万円のアクセスの良さで、福岡なら往復二時間である。
その上、朝鮮半島が統一されれば、半島が上海の大駐車場みたいになる訳で、戦争詐欺特需どころではないのである。
お天気お姉さんの胸元と日本地図だけ見てるから、少子高齢化とアベノミクス詐欺で日本はもうおしまいだとなる訳だが、お姉さんの胸元を横から見るような積もりで、大陸とセットで日本列島を見る癖をつける事で、お姉さんのブラの中を想像するように、中国とインドに不必要な位に30億人もいるー、ボインボインじゃーん、日本が垂れパイの干し葡萄になっても全然関係ねーじゃん、つーか日本ちっけー、三宅島位の大きさじゃーん、てかお姉さんのお尻触るのにベストなポジショニングじゃーん、偽ユダヤとキムチ追い出したらウハウハじゃーんと考えられなければ駄目で、絶好調中畑みたいに笑顔で三振したりヒットを打ったりするおめでたい人間にならなければ、それこそ駄目で、絶望的な状況になるかリオのカーニバル状態になるか紙一重の状態で、逆転サヨナラ打つの無理とか打席に立つ前から諦めていては駄目で、振り逃げでもいいのである。
プー習トラが馬鹿を退治する事に賭ける事である。  

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

終わる・ようやく嘘と略奪だらけの「天皇制国家日本」が終わる。

死人が出なければ、日本人全員が大喜びの慶事であるが、まあ簡単には終わらせてはもらえんらしいけど。

ともわれ、生き延びたら勝ちで、パラダイスだ。


生き延びることが、日本の衆生の勝利である。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

PR

Comment

無題

  • 笑む
  • 2018-02-13 10:47
  • edit
>まあ簡単には終わらせてはもらえんらしいけど。
http://blog.goo.ne.jp/naitoukonan/e/e40aba79fba00a2854cada796c2b63d5

アヴァンギャルド精神世界さんに素敵な記事があります。
感謝の心で読ませていただいて、(瞑想はできておりませんけれど・・)
目指す方向を示してくださって、参考にさせていただいております。
ありがとうございます。

Re:無題

  • 遍照飛龍 〔管理人〕
  • 2018-02-13 12:04

同感。

書き込みありがとうございます。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク政治向けメインですけど。

ブログ内検索

プロフィール

HN:
遍照飛龍
性別:
男性

バーコード

P R

忍者アナライズ

忍者カウンター

フリーエリア

Copyright © 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]