忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[8272]  [8271]  [8270]  [8269]  [8268]  [8267]  [8265]  [8264]  [8263]  [8262]  [8261
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
velvetmorning blog  より

上記文抜粋
・・・・・・・
本当のテロリストは、アメリカとNATOと仲間達(ブラックウォーター=アカデミなどの民間軍事会社PMC含む) ― 2017/11/07 21:21


こんなニュースが

以下引用

イギリスが、パレスチナ占領への関与を公言

イギリスのメイ首相が、シオニスト政権イスラエルへの支持継続を強調すると共に、「シオニスト政権の成立はイギリスにとって国家的な名誉である」と語りました。


IRIB通信によりますと、メイ首相は25日水曜、同国の下院議会において、1917年に出されたイギリスのシオニズム支持表明であるバルフォア宣言の発布100周年記念日を前に、「イギリスがイスラエルの成立に一役買ったことを誇りとしている」と述べています。


1917年11月2日、当時のイギリスのバルフォア外務大臣は、イギリスのユダヤ系議員である第2代ロスチャイルド男爵に宛てた書簡において、パレスチナにおけるイスラエルの創設の許可を与えました。

パレスチナ国民の権利を擁護する世界の人権団体は常に、イギリス政府に対し、この書簡や、それによるイスラエルの成立のお膳立てをしたことに関して、特にパレスチナ人を初めとする国際社会に謝罪するよう求めています。

イギリス全国では、これらの団体の呼びかけにより、来月4日にパレスチナ国民の支持と、バルファ宣言及びシオニスト政権の犯罪を非難する抗議デモが開催される予定です。
parstoday.com/ja/news/middle_east-i36370



パレスチナ 100年前の文書めぐり英政府を提訴へ

2017年11月03日 15:56(アップデート 2017年11月03日 16:17)

今からちょうど100年前に、パレスチナにおけるユダヤ人の「居住地(ナショナルホーム)」の権利を認め、その建設に協力することを約束したバルフォア宣言について、パレスチナのマリキ外相は英政府を提訴する意向を確認した。

パレスチナ解放通信(WAFA)が伝えた声明でマリキ氏は、パレスチナ人の感情に敬意を表して100周年記念行事を取りやめるべきだとの呼びかけに対して、英政府が耳を傾けないままでいるとして失望を表明している。
マリキ氏は、「パレスチナ外務省は、100年前の英政府の誤りを正すため、英国内の複数の裁判所で英政府に対する法的手続きを始める作業を間もなく開始する」と述べ、この提訴の目的を、「謝罪し良識的な賠償を支払うよう英政府を説得すること」だとしている。

「バルフォア宣言」とは、1917年11月2日に送られた書簡で、当時の英外相アーサー・バルフォア卿の名にちなんでこう呼ばれる。この中で英政府は、パレスチナにおける「ユダヤ人のナショナルホーム」の建設に協力することを初めて約束した。何人もの歴史家が、英国は中東での影響力拡大のためにシオニズム運動を利用したと考えている。

英国による支配は1948年に終わり、国連総会での決議によりパレスチナにおいてユダヤ人とアラブ人の2つの国家の建設が予定された。このユダヤ人国家はイスラエルと命名されたが、アラブ人国家については現在に至るまで政治的現実とはなっておらず、住民のかなりの部分が自分の家から追放されたままである。

以上引用
jp.sputniknews.com/middle_east/201711034244614/


イギリス(ロスチャイルド)の二枚舌外交が、その後100年の中東の悲劇の大元であるのは明らかだ。

その後、アメリカとロックフェラーと仲間達(ブッシュの祖父含む)がナチス支援を通じてイスラエルという国家を作り上げた。(ナチスno2のアイヒマンは、スタンダード石油だったし、ナチスドイツを支えたIGファルベン社はバイエルとスタンダード石油の合弁企業)


前から言っているが、『ユダヤ人』という人種も民族も存在しない。
『ユダヤ教』という宗教は存在しているけれども。

『ユダヤ人』という人種や民族を認めるなら、キリスト教徒を『キリスト人』や『キリスト民族』と呼ばないとおかしいし、仏教徒を『仏教人』や『仏教民族』と呼ばないとおかしい。


誰も、『キリスト人』や『キリスト民族』、『仏教人』や『仏教民族』と呼ばないわけだから、『ユダヤ人』や『ユダヤ民族』と呼ぶのはおかしいのだ。

従って、ユダヤ人を殲滅することも不可能であるし、ユダヤ人の国家を作ることも不可能であるし、ユダヤ人の陰謀も不可能
ユダヤ人が存在しないのだから当たり前である。
というのが、当ブログの基本的な考え方


イスラエルというのは、シオニスト(キリスト教原理主義者と国際金融マフィアと米英の石油資本)が、米ドル一極支配や中東の資源の支配のために作り上げた植民地である。

筆者は、一貫して植民地主義に反対である。(日本軍や関東軍による植民地主義も含めて)

イスラエルが生き残る道は、植民地主義を止めて、ユダヤ人という虚構を止めて、現実的にそこに生きる人々や周辺に生きる人々と平和に共存するということにしかないだろう。


元々、ユダヤ教とイスラム教は、同じ遊牧民の宗教であり、親戚のようなもの。それほど違いは無いはずだ。
だから、平和に共存することに何の問題は無いはずであるし、事実長い間そうやって暮らしてきたはずだ。

筆者は、一貫して信教の自由は認める立場である。
宗教を利用したマネーロンダリングや犯罪やテロや殺人や戦争に反対しているだけである。

イスラエルやアメリカや西側諸国が批難していたシリア政府は、キリスト教徒を庇護していた。

そのキリスト教徒を庇護していたシリア政府軍をイスラム原理主義テロリスト(イスラム教しか認めない)を育てて攻撃した、つまり、キリスト教徒を攻撃したのは、他でもない、聖書に手をあてて大統領が宣誓するはずのキリスト教国家アメリカとNATO、その仲間達だったということだ。

キリスト教徒を攻撃したテロリスト集団であるアルカイダ→イスラム国→アルヌスラを壊滅させているのは、ロシアとシリアとイランである。

つまり、イスラム教国家であるイランもまた、キリスト教徒を助けているのである。

このことも忘れてはならないだろう。


本当のテロリストは、アメリカとNATOと仲間達(ブラックウォーター=アカデミなどの民間軍事会社PMC含む)なのである。

そのことに、世界中の多くの国々の人々が気付いてきている。
そして、それが常識になってきている。

植民地主義やテロや戦争は終わりにすべきである。


・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり



日本もテロ支援国家である。

米英というテロ国家を支援するテロ支援国家である。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
喜びの限界
「古代インカで生贄にされた子供たちはビールとコカインで薬物漬けにされていたことが明らかに!!死への準備が数年にわたって行われていた!!

アルゼンチン北部のジュジャイジャコ火山(標高6739m)の山頂で1999年、インカ帝国時代の子どものミイラ3体が発見されました。・・・このミイラたち、生前には薬物漬けにされていたようです。

最近、新たな研究結果が公表され、3人の子どもはいずれも、生贄として捧げられる1年前から向精神作用成分の摂取を強いられていたといいます。

イギリス、ブラッドフォード大学の法医学と考古学の専門家アンドリュー・ウィルソン氏はまず、13歳の少女のミイラについて生化学分析を行いました。毛髪には、死を迎えるまで約2年間に摂取した飲食物を特定する手掛かりが残されています。

1カ月に約1cmずつ成長する人間の毛髪はその後、成分が変化することはありません。毛髪の組成分析で、ある期間に摂取した飲食物の種類を時系列に沿って追跡することができます。ウィルソン氏によると、固く編み込まれた長い毛髪からコカ(コカインの原料となる植物)やアルコールの成分が検出されました。アルコールは、トウモロコシを発酵させて作るチチャという酒に由来するといいます。

・・・約1年の間、コカやチチャを大量に与えられた少女の生活は劇的に変わったと推測されます。当時、支配層が管理していたコカやチチャは、誰もが手軽に入手できるわけではありませんでした。「神に選ばれし女性“アクラス”の1人だったと思われる。思春期の処女から選ばれたアクラスは巫女(みこ)の指示の下、家族から離れた場所で生活する」。こうした慣習は、スペイン人がインカ帝国時代の儀式について書き残した記録の中にも見られます。

・・・少女は死を迎えるまでの1年間、トウモロコシやリャマ肉といった栄養価の高い食事が与えられ、栄養状態が劇的に改善していました。加えて今回、同時期のコカ摂取量の大幅増加が判明し、特に死の1年前と半年前にその傾向が顕著に表れています。

「少女はそれまでずっと庶民的な生活を送ってきたはずだ。あるいは、もっと貧しい家庭に育ったのかもしれない。しかし生贄に選ばれた後、慣れ親しんできた暮らしと縁を切り、生活は一変した。われわれのデータによっても裏付けられている」とウィルソン氏は語ります。

コカは1年間を通して多量摂取が続いたようです。対照的にアルコールが著しく増加するのは、死の数週間前になってからです。

「死の6~8週間前に生活が激変した痕跡が見られる。多量のアルコールのためだろう。最後の数週間は、コカやチチャによる更なる変化が認められる。コパコチャの儀式が最高潮に達し、いよいよ生贄として捧げられる時が迫るにつれて、量が意図的に増やされたのではないか」。

1999年の発見当時、噛まれたコカの葉が口中から見つかっています。死の当日、おそらく少女はコカやアルコールの作用で意識がもうろうとしていたことが推測されます。場合によっては既に意識を失っていたかもしれません。穴の中でゆったりとしゃがみ込む姿勢や、周囲の副葬品、被っていた羽根付きの頭飾りが整っていた事実と符合します。眠りに落ちた少女は、穏やかに死出の旅路に就いたに違いありません。

ほかの2体のミイラはさらに幼い子どもだが、検出されたコカやアルコールの成分は少女よりも少なかったといいます。儀式において少女ほど重要な立場になかったためと見られますが、単に年齢や体の大きさの違いによるとも考えられます。「思春期の彼女には、鎮静状態の維持がより必要だったのかもしれない」とウィルソン氏は推測します。

・・・ミイラとなった少女は、まるで眠っているように穏やかな顔をしており、今にも目を覚ましそうです。このような穏やかな顔となったのは、薬物の影響があったようですね。」
http://suishounohibiki.blog.fc2.com/blog-entry-1074.html?sp
から引用

「もう一つ
頭痛に効いた私のメソッドは

痛みにこらえながらも
ありえないような幸福
最高の幸せを空想すること
非現実的なほどいい


二次元でも三次元でもなんでもいい
頭の中なら自由だし
これか結構効くのよね


多分幸福感  多幸感
喜びは心臓を強くする」
http://suishounohibiki.blog.fc2.com/?mode=m&no=1185
から引用

 喜びは心臓を強くすることは出来ても、窮地を脱することはできないみたいです。
ナオト 2017/11/10(Fri)19:34 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[11/17 笑む]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/16 みるみる]
[11/15 ナオト]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved