忍者ブログ

渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

日本国の核武装=日本人絶滅。

弁財天 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
シャングリラ・ダイアローグ

稲田氏の「勝負演説」届いたか 中国へ懸念、米との連携 シンガポール=相原亮2017年6月3日16時19分
3日、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)で演説する稲田朋美防衛相=石原孝撮影
 稲田朋美防衛相が3日、米国やアジアから防衛担当閣僚、政府高官、専門家らが集まった「アジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)」で演説した。テーマは「ルールに基づく地域秩序の擁護」。稲田氏にとっては、この日に備えて入念に原稿を準備してきた「勝負演説」だった。
名指し避けながらも…稲田防衛相、中国の海洋進出を批判
 北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返す中での国際会議。だが、稲田氏が演説で力点を置いたのは中国だった。急速な軍拡を進めながら東シナ海や南シナ海への海洋進出を強めており、「あくまで今後の安全保障上の脅威は中国」(防衛省幹部)という認識からだ。
 そんな中国とどう向き合うか。演説では、米国を強く意識する内容が目立った。今回の草稿は防衛省内で米国を担当する「日米防衛協力課」と、それ以外の外国担当の「国際協力課」が執筆。だが、「イニシアチブをとったのは日米課」(幹部)という。
 演説の前半、稲田氏は「米国のインド太平洋地域における立場をさらに強化する政策を歓迎する」と表明した。防衛省内は今回の会議の焦点について、オバマ政権が取り組んだアジア重視の「リバランス」(再均衡)戦略の継続をトランプ政権が引き継ぐかどうか、とみていたからだ。
 5月下旬に米海軍の艦船が、中…


朋美ちゃんが勝負演説だったのに論点を間違えているw。
「中国のルールなき海洋進出」と土人の「仁義なき闇の核武装」は「卵が先か鶏が先か」の論点になるはず。
ケーサツとヤクザの癒着に始まり、全省庁にテロ目的の裏稼業がある動機を議論すべきだ。
土人国家は法治国家ではない。だから中国が「ルールなき海洋進出」をやってる。

歴史を振り返れば中国が核実験に成功し、佐藤栄作内閣から土人は闇の核武装へと転げ堕ちて逝った。

1964年10月 中国が最初の核実験

1964~72年 佐藤栄作内閣「非核三原則」宣言。科学技術庁下に動燃と宇宙開発事業団を設立。核武装能力の保持方策

1965年 佐藤栄作首相 にラスク国務長官との会談で「中国共産党政権が核兵器を持つなら、日本も持つべきだと考えている」

→核武装タイムライン
これが北朝鮮を使ったホラッチョ朝鮮戦争につながっていく。 闇の核武装は作業で被曝するヤクザの臓器確保につながり、ボコハラム(誘拐、殺人、臓器略奪、臓器売買、マネロン)までエスカレート。



・・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり
反日右翼・ネトウヨが、日本を支配している。

て、核武装しても、日本人は皆殺しにされるだろう、日本国に・・・。

イスラム国と日本国って同じからね・・・。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

PR