忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

日本は、一種の内戦に突入しつつあるか。キシンジャーの奇策か・・。

DEEPLY JAPAN  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
「あったものをなかったことには出来ない」前川さん

「あったものをなかったことには出来ない」とおっしゃったことで一躍時の人になっている前文科省次官の前川さん。

文部科学省前次官が会見「文書なかったことにできない」

5月25日 17時27分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170525/k10010994791000.html



文書の存在・不存在が、退職しているか否かに関係があるみたいな話とか、あるのかないのかわからないままの役所とか、証人喚問ができない自民党とか、なんだかもう、わけがわからない。このあたりはもう日本の風物詩かと思うぐらいにだらしない。

が、その一方で、前川氏があまりにもしっかりしていらっしゃるので、どういう方なのかと軽くサーチしたらyoutubeに埼玉で夜間中学を作る会で講演されている動画を発見。ざっとだけど見てしまった。





この方は本気の人なんだ、というのがまず私の頭と心に浮かんだこと。

在職中から夜間中学を増やすことに熱心で、最初は殆ど誰も賛成してくれなかったがだんだんと文科省も変わってきて、よかったよかったというお話から、戦前から戦後にかけての教育行政の変化も説明されていて、非常に興味深いことを語っている。

そしてもう一つ。日本では義務教育というものを全員当然受けているかのような前提をなんの疑問もなく持っている人が多いと思うわけですが(私もです)、実際には少なくとも小学校に行ってない、卒業していない人が12万人いるんだそうだ。

さらに、中学となればもっというだろうことが想像されるのだが、統計値がない模様。

前川氏の発言からは、日本国にいる人は全員ちゃんと教育を受ける権利があるのだ、という点に揺らぎのない覚悟が見えて、大変力強く感じて、なんかちょっと途中で涙が出て来た。

こんな人たちが頑張ったからこそ、ともあれ日本の教育はここまで来て、しかし、そこから先、現在は制度が崩れかかっているというか、漏れた人たちを救う手立てが極めて貧弱なままなんだわな、といろいろと考えさせられて辛くなった。

で、きっとバカウヨたちは、日本にいる人、じゃなくて日本国籍保有者のみと言っていないことに腹をたてて、反日だ、人権左翼だとか言うんだろうなとも想像した。でももう、そういうのはどうでもいい。子供には教育を受ける権利があって、それは大人になったらもうないという話ではない、という考えや、大人たち、あるいは社会はそれをファシリテートするべきだ、という考えが左翼なら、もう私は左翼で結構、反日オーケーですね。漢字読めない熱血愛国者が増えるよりも、この方がずっと将来の日本というnationのためになると私は確信している。



■ ノブリスオブリージェ


さらに、この度胸の据わった人は、実のところ成功した実業家のお家の人で、お祖父さんが教育に熱心で、私財を投じて和敬塾を作られた方だった。あの立派な男子寮。

で、大勲位中曽根氏が10年近く前に書いた文章に前川さんのおじいさんの人となりがよく描かれていた。大勲位、まさかこんなところで役に立つなんて、と驚き。でもいい文章。全文はリンク先をご覧ください。でも、なにかこの政権だと政治的な動きで消され兼ねないという気がしてしまうので、一部引用させてもらいます。大勲位中曽根氏に許可をもらうべきだろうか(笑)。

「私の尊敬する人」~前川喜作氏について~ 平成20年11月

私が心から尊敬する人について書きたい。
身内のことで恐縮だが、それは家内の祖父・前川喜作(まえかわ・きさく)という人物だ。私と家内が結婚した29年前(昭和54年)は84才でまだお元気だったが、昭和61年に亡くなってもう22年が経つ。喜作氏は、奈良県に吉野杉の山を持ち林業を営む素封家の家に生まれた。三男であったので家業を継ぐ必要がなく、将来の進路は自由が許された。

(略)

会社経営が軌道に乗った喜作氏は、昭和31年に私財を投じて「財団法人和敬塾」という、地方から上京して都内及び周辺の大学へ通う学生達のための寮を作った。戦後、荒廃した日本を目の当たりにし、この国の将来を担う若者には「教育」が何より大事で、食住の心配なく思う存分勉強させてやりたい、そして単に「下宿屋」を提供するのではなく、人間として成長出来る「教育の場」を作りたいという壮大な理想を掲げて取り組んだのだ。

(略)

余談だが、喜作氏は「財団法人前川報恩会」という基金を作り、公的機関の支援を受けるに受けられない社会的弱者の方への支援もしている。昭和40年代に、当時の金額で20億円という私財を基金へ提供した。
しかし、元来が「慈善は隠れてそっとやるもの」という考えで、あまりに密やかに活動していたので援助先の選定に困り、支援先の幅を広げるために一度だけ新聞社の取材を受けたことがあった。



という背景があってお孫さんが文科省の事務方トップになって、それでも夜間中学に目が行って、貧困こそ問題だとか考えるというのは、なんというか、いわゆるノブリスオブリージェの見本のようだと思った。



■ 世間道徳とジャスティス

で、だからこそ、おそらく氏にしてみれば、「あったものをなかったことには出来ない」というのは、当然の判断なんだろう。

が、日本においてこれがどれだけ大変なことか。なんてかこう、図らずも氏が示してくれているところもあるよな、とかも思った。

だって、例の読売新聞の訳のわからない、ムードで犯罪人扱いするかのような記事が突然出てくるわけですよ。当然に読売が取材したんじゃなくて、官邸、警察等々からもらって、あるいは一緒に探ってたネタなんじゃないですかね。で、ここでもし、頼むべき人が誰もいないような家族の出だったら、これらの権力満載チームにとても勝てそうにない。マスコミがうまく食いついてくれたら幸いだけど、そうでなければ、変態、変態、変態、と人格攻撃でくたばるしかないわけでしょ。

で、いつの間にか、実は紙はありませんでした、となるとか。

ああこういう国なんだな、と。で、これってだいたい100年ぐらい日本の森の中に巧妙に隠されてきた亀裂のような気がする。それは多分、世間が敷いた道徳と自分の判断とのせめぎ合いってやつですね。

夏目漱石を思い出したり、徳富蘆花を思い出す。でもって、夏目漱石はソクラテスになりたいのかなりたくないのか判断がつかなかった不器用な家長なんだろうな、などふいに思った。




・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

青洲のブログ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・

夜叉と化した安倍晋三は、「恐怖」という名の剣をついに抜いた!!

旧主である与謝野馨の命を受けて、文科省の前川喜平前次官は文科省内の息の掛かった部下に命じて、「加計学園問題」の資料集めを隠密裏にしていたが安倍晋三の知るところと成ってしまい窮地にたったところ、健康が回復して元気に自由民主党に復帰したはずの与謝野馨が突然死してしまった!!

これに怯えた文科省の前川喜平前次官は、生命の危機を感知して公の場に出たのである。

 そうしなければ、前川喜平前次官も殺されていたかもしれない・・・・・。

「黒を白にしろと言われる!!」

「総理のご意向によって、公平公正であるはずの行政が歪められた!!」

「加計学園の獣医学部は、需要の根拠が薄弱であり既存の大学でできないのか検証されていない!!」

「条件全てに合致していない!!」

「4条件から逸脱していること自体が、友人の為に便宜を図ったことに成る」

恩師の死を垣間見た前川喜平前次官の「弔い合戦」も、必死である!!

 間違えば、殺されてしまいますから・・・!!

 暗黒政治の膿を出そうとしても、傷は深まるばかり「自由民主党の闇は、底なし沼」である!!

・・・・・・中略・・・・・

 この安倍晋三の頑固な一面が、事をややこしくして麻生太郎との確執を深めているのですから・・・・・政治を真面目にやれと言いたいものです!!

 安倍晋三は、自己の権限を強化するためにアメリカのジャパンハンドラー(陰で日本を操る)であるアーミテージと



 
 JR東海の取締役会長である葛西 敬之を「首相官邸」に、呼んで協力の要請をした。


 アーミテージは、安倍晋三の要請では動きませんが、JR東海の取締役会長である葛西 敬之の要請であれば動きますから、「首相官邸」を訪問して、三者会談をしたのです。

 JR東海の取締役会長である葛西 敬之は、安倍晋三の後見人であり、キッシンジャーとは兄弟分である「金井敏伯」(日本の本物のフィクサー)先生の子飼いであり、安倍晋三も一目置いている存在なのです。

 つまり、何を言いたいかと申しますと「JR東海の取締役会長である葛西 敬之」が、アーミテージと一緒に「首相官邸」を訪問したということは、安倍晋三の延命をキッシンジャーが、認めたということに繋がるのではないかと、私なりに推察します!!

 「森友問題」に続いて「加計学園問題」で、窮地に追い込まれた安倍晋三は「延命策」を講じて、キッシンジャーに報告しキッシンジャーは、その内容に同意したということに成るのです!!
 つまり安倍晋三政権に、あだなす者達は「粛清」されてしまうという事です!!

安倍晋三は、最後のカードを切ってまで目的を達成しようとしているが、その目的とは如何に!!

しかし、国会というものは「スキャンダル」追及の場所なのか?

 国会議員の役目とは、「スキャンダル」を追及することなのか?

 野党の所業は、いささか国会議員の役割は何一つとせずに「因縁」や「スキャンダル」の追求ばかり、真面目に国政を語ることはできないのか!!

 余談ですが、都議選を前に、東京の人口が増えています!!

 東京の人口が増えていいますが、人は増えていません?

 何故なのか?

 その回答は、「各党の運動員たちが、住民票だけを東京都に移しているのです!!」

 票の少ない「野党」が、組織的に東京都に住民票を移しているというのですから、呆れてしまいます!!

 公明党の党員の移動が、凄まじいようです・・・・!!


・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

同じく より

上記文抜粋
・・・・・・・・・

「誰が何と言おうと、私は来年の9月まで日本国の総理大臣を務めます!!」

「・・・・・・・・」

「妨害する勢力は、徹底して攻撃します!!」

「・・・・・・・・」

安倍晋三に恫喝された相手が誰であるかは、想像にお任せします!!

「安倍総理追い落としも、これまでだな・・・・・!!」

「総理の座は、諦めたよ・・・・!!」

まあここで、安倍晋三を失脚させても後は「ドングリの背比べばかり」であり、現在の混沌とした国際情勢の中で日本国一国を牽引していく剛腕の持ち主はいない!!

 麻生太郎も、縄張りを安倍晋三に荒らされたりしたが、ここは矛先を治めて自派を55人にまでしたので、ここはひとつ大人になって「政界のフィクサー」として君臨したほうが得策でしょうなあ・・・!!

 これにて、自由民主党の内紛は一件落着ですなあ・・・!!



「当面は、安倍晋三総理でいい!!」

「協力しない奴は、処分する!!」

・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

ネットゲリラ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
悪い事やってる自覚があるから怒る
野次馬 (2017年5月27日 04:00) | コメント(39)
さる高貴な筋から勅令が発せられた。逆賊アベシンゾー追討の勅です。動いたのは、本当の日本のエリート階級である、高級官僚。前川さんて、中曽根弘文と「義兄弟」なんですねw 前川氏の妹が、中曽根弘文の女房w しかも省内での評判はすこぶる良くて、「奇兵隊」と呼ばれる人脈を持っている。

文科省で4期上だった寺脇研氏の前川評「弱い人を助けなきゃという気持ちが強い人。弱者を助けるには力を持たなきゃいけないとトップに上り詰めた」...祖父は世界的な産業用冷凍機メーカーの創業者で、妹は中曽根弘文氏の妻だとか。

そもそもこの人がクビになったのは、以前の官僚がやった天下り問題の責任を取って、という事になっているんだが、実際には「加計学園の獣医学部認可に反対してクビになった部下に再就職先を斡旋したから」です。面倒見が良いので、部下に慕われている。

「総理のご意向文書は本物」文春の前次官証言報道で新聞・テレビが一斉取材へ! 一方、官邸は「口封じ逮捕」で恫喝
この「週刊文春」の前川氏の告白や、「週刊新潮」の路線転換を受けて、前川氏の実名証言をつぶしていた新聞やテレビの空気も変わりつつある。
実はいま、前川氏のもとには新聞、テレビの取材が殺到しているのだという。
「もちろん、いま、マスコミの目的は読売がやった前川氏の"出会い系バー通い"でなく、文春と同様、『"総理のご意向"文書は本物』と証言してもらおうというものです。
『赤信号みんなで渡れば怖くない』という体質が如実に表れている。
NHKやフジテレビなんて、前川氏のインタビューまで収録しながら、官邸の圧力で潰されてますからね。
しかし、このメディアの動きを官邸が黙って見ているわけがない。
「いままで見たことがないくらいの、それは凄まじい発狂ぶり」(官邸担当記者)で、マスコミ各社の上層部から官邸記者にいたるまで恫喝しまくっているという。
しかも、その際、官邸幹部らはこんなセリフをちらつかせているのだという。
「前川がパクられたら、どうするつもりなんだ。犯罪者の証言を垂れ流したことになるぞ」
どうやら官邸は前川氏を口封じにために逮捕するつもりらしいのだ。

自民党としては、怖くて証人喚問なんか出来ない。前川の口封じだけでは安心できない。文科省の部下の名前がボロボロ出て来て、みんな証人喚問しろ、という事になるw そんな事をしたら、文科省に手を突っ込んで滅茶苦茶にかきまわして荒らした安倍晋三のクビが、間違いなく、飛ぶw アベシンゾーは国会でチャウシェスクみたいになるw

・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


安倍組長は、キッシンジャーのお墨付きを得て、強権を発揮し始めたようで。

で、この前川喜平さん。

「前川工業の子息の一人」でかなり評判がいい。

ネットゲリラ氏からいうと、この人のバックも相当に大きい権威・権勢をもっているらしい。

なら、「撃ち方やめ・・」てのは、少し前にわかっていてもぶっ放している。

となると、日本の高位の権力層が、二分して闘争を始めているのかも。

まだわからんが、前川さんの意見・やり方に賛同の人も増えている。


これのもキッシンジャーの「野釣り伏せ」なのか?
それとも、「膿みだし」のために、安倍にさらに続投させて、とことん日本の恥部・暗部を「恐怖政治」をさせて衝撃を与えて全世界に公開するためか?


未知数・・・

なかなか安倍組長は倒れないとは思うが、易でもう命数は長くないと現れている。


日本もようやく真の「変革の世紀」が始まるか。


もしキッシンジャーが、日本壊滅を目指すのなら・・。
安倍晋三に日本の良識派・良心派を壊滅させて、暴走させてから
「ほうら、やはり日本人で、最悪の人間どもでした」
と福一諸共に核兵器とかで日本を沈めて福一も鎮める。という手もある。

先日の易の卦で


雷山小過 の3爻 がでまして

参考 

上記文抜粋
・・・・・・

 ◇「雷山小過 三」(::||::)変卦「雷地豫」(::|:::)
 「九三、弗過防之。從或?之。凶。
 「象伝曰。從或?之。凶如何也。」

  旅人さん方はとにもかくにも、上爻祖国側に呼応、阿る形での政治力を
 発揮するのは「凶」のようでありますから、ここでも念を押しておきます。
 いくらマスコミを使ったとて、今後はそれが逆回転するようですから
 気をつけていただきたい。

・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

参考 2

上記文抜粋
・・・・・・・

三爻 爻辞 弗過防之。從或壯之。凶。
(すぎずしてこれをふせぐ。したがわばあるいはこれにそこなわる。きょう。)

対処法
「壯]は傷害を被ること。「出すぎないようにして防ぐ。人に従えば傷つけられる。凶」。外からもたらされる災難や迷惑に備えるべき時 です。悪い仲間とは関係を絶ち、誘惑から身を守ること。

◎あなたの考え方、進み方に大きな欠陥があります。よく反省し、方針の転換をしましょう。

・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

>人に従えば傷つけられる。凶

キッシンジャーに従う?

あるいは「攻撃してきた敵を追いかける=敵の行動{逃げる}に従ってそとに攻撃する」?




本田済さんの解釈では、
本田済 易 朝日文庫 

・・・・・・
陰、小人の過度な時に当たり、自分の剛直さを恃んで突進するのであるが、{王夫之}、三と「応」ずる上の位には、陰爻、小人が待ちかまえて居り、九三をやり過ごそうとはせずに、これを防ぎとめる。おまけに{=従}、これを殺害しようとすることさえ有{=或}る。いかばかり凶であることか。{象伝}


・・・・・・・

ようするに「強気になって打って出ると、そこで討たれる」と。



まさにその通りになってきたかもね・・。




お読みくださりありがとうございます。



拍手[2回]

PR