忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
7
27
28 29 30 31
リンク政治向けメインですけど。
最新CM
[05/26 ローレライ]
[05/25 ナオト]
[05/24 ローレライ]
[05/23 ローレライ]
[05/23 ローレライ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
[7387] [7386] [7385] [7384] [7383] [7382] [7381] [7380] [7379] [7378] [7377]
超高層マンション スカイヲーカー  より

上記文抜粋
・・・・・・・・
シティ・アイシャ容疑者は殺人を日本人に依頼された。


「マレーシアは刑法で「殺人を犯したものは全て死刑とする」と規定しており、有罪となれば死刑判決が下る可能性が高い。両被告の出身国では「北朝鮮の工作員にだまされただけ」と同情的な世論が強く、仮に死刑が確定すればインドネシアやベトナムとの外交問題に発展する可能性もある。

 警察の調べによると事件は2月13日午前9時ごろ、クアラルンプール国際空港第2ターミナルで発生した。自動チェックインカウンターに並んでいた金正男氏を、2被告が挟みうちするように前後から襲い、数秒の間に素手で猛毒の神経剤VXを塗りつけた疑いがある。金氏は当初は意識があったが、約2時間後に死亡が確認された。

 2被告はこれまでの調べに「テレビのいたずら番組への出演だと思っていた」と殺意を否定する供述をしている。一方、検察側は、予行演習を行うなど綿密に準備していた点や、2被告が犯行直後に手に付いた毒物をトイレで洗い流していたことなどから、殺意があったと判断した。今後の公判でも殺意の有無が大きな争点となりそうだ。」



「すでに逮捕されているインドネシア国籍のシティ アイシャ容疑者(25)をめぐり、新たな証言が得られた。シティ アイシャ容疑者は先月、実家に戻った際、家族に、日本人を名乗る男に仕事を依頼されたなどと話していたという。

 シティ アイシャ容疑者の義姉「誰に頼まれて仕事しているの?と尋ねたら、『日本人だ』と言った。実家にいるときも、よく男から電話があった」

 シティ アイシャ容疑者は「日本で放送するテレビ番組の撮影のため、お金持ちの男性にソースをかけるように依頼をされた」などと話していたという。」



シティ アイシャ容疑者は、はっきりと日本人に依頼されたと言っている。

暗殺工作は、日米が関連しているのは確実なのではないのか。

しかし、そんなことはお構いなしに、依頼者は北朝鮮に断定、実行犯は死刑にされ口封じなんだろう。

オウム事件と全く同じ構造。





・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

日本人を名乗る、日本在住の「電通」「コウアン」とかいう非日本人に騙された・・・


日本人としたら、シマの悪党{電通・官僚・コウアンとか}にけじめをつけさせないといけないよね。

弁財天 より

上記文抜粋
・・・・・・・・

2017年2月18日のオーストラリアABCの報道はこれか。
His statement of events were echoed by Ms Siti's mother, who said her daughter had asked her to pray for her before she left for Malaysia.

"She said someone had asked her to join on a TV filming production of tricking people in Malaysia," Benah said from her home in Serang, Indonesia.

"As a mother I had a bad feeling about that, but she said, 'I need your blessing'.

"She always rang me before she did the filming, she said, 'I have work to do tomorrow'." 'We have nowhere to hide'

Kim Jong-nam was killed after pleading with his half-brother, North Korean ruler Kim Jong-un, to spare his life.

The woman's sister Mala said Ms Siti had also gone to Japan to film the prank television show.

"Like putting chilli into someone's hands, sort of prank jokes for a Japanese TV station," Mala said.

「The woman's sister Mala said Ms Siti had also gone to Japan to film the prank television show.」
「女の妹のMalaはSitiはテレビのドッキリ番組で日本にも行ったことがあると言った。」
過去にシティ・アイシャに日本のドッキリ番組の仕事を紹介したのは電通とデビ夫人だ。
・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


翻訳サイトで翻訳してみようか。

ともわれ、おおよそ「日本が噛んでいる」のは丸わかりな話。


なにかスピンかな・・共謀罪?

お読みくださりありがとうございます。


拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]