忍者ブログ

日本天皇国滅亡記。{渾沌堂主人雑記}

故国の滅亡を伍子胥は生きてみれませんでしたが、私たちは生きてこの魔境カルト日本の滅亡を見ます。

日本の「学歴のある偉い人」という「食人鬼」には理解不能だろう。 渾沌堂

京の風  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・

日本外務省がビックリ。ほほーっ。アメリカ政府が日本の戦没者に、献花ですか。


こんにちは。内宮の遷御が終わったと思ったら、こんどは、千鳥が淵で、思わぬ光景。


完全金欠の米国政府が、ようやく、謙虚になりだしましたね。もう、戦争屋も、押さえ込まれたし。


でも、放射能問題、どうするの? マグナBSPを糾さないの? 日本の原発マフィアをどうするの?


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131003/plc13100312540004-n1.htm

米の国務、国防両長官が千鳥ケ淵墓苑に献花 外務省「聞いたことない」

2013.10.3 12:48産経新聞   米の国務、国防両長官が千鳥ケ淵墓苑に献花 外務省「聞いたことない」

来日中のケリー米国務長官とヘーゲル米国防長官は3日午前、東京都内の千鳥ケ淵戦没者墓苑を献花のため訪れた。外務省は米の閣僚による同墓苑の訪問は「聞いたことがない」としており、外務、防衛担当閣僚がそろって献花するのは極めて異例の対応という。


 同墓苑は、第2次世界大戦中に海外で死亡した戦没者のうち、身元が分からない「無名戦士」や民間人の遺骨を納めた国の施設。2閣僚の訪問は、日本との同盟強化に取り組む米国の姿勢を示す狙いがありそうだ。


 第2次大戦のA級戦犯を含む軍人、軍属らが合祀されている靖国神社の訪問は予定していない。


 日本の首相や防衛相が訪米する際は、戦死した米軍人らを追悼するワシントン近郊のアーリントン国立墓地を訪れて献花するのが恒例になっている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


結論:アメリカ内部の支配者が、完全に交代したのですね。


   これから、日本で、何が出てくるか? 楽しみです。


しかし、本ブログをごらんの皆さん。 今の日本は、本当に、戦場と同じです。とんでもない、毒入り食品(放射能と添加物入りの加工食品)があちこちにあり、しかも、あちこちから血(税)を吸う、吸血蚊柱 がそのまま残っています。


まだまだ、福島第一は、放射能モクモク、汚染水はチョロチョロ。本格解決は全くなし。


そのなかで、行政・司法(検察・警察・裁判所)・税務・メディアが、これまでどおりの体制を維持しようとしています。


絶望したら、その時点でおわり。とにかく、明るく生き抜きましょう。カラダには、毒をいれず、毒を抜いて、きれいな生命力に溢れた環境に、自分の身を置いて、誰もが喜ぶ、自分の世界を創ろう。

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
抜粋終わり

水瓶座時代  より

上記文抜粋
・・・・・・・・
不思議な構図

安倍はオバマに会えず空振り濃厚。一方で来日中のケリー国務長官と国防長官は二人そろって千鳥ヶ淵を参拝。

何だか不思議な構図である。近代国家という枠組みが実は音を立てて崩れ出しているのです。

どの国にも二つの勢力が最低あって、その国家特有の力と国家の枠組みを超えたさらに大きな支配体系から来る力がひつとの国の中にあったわけです。

私たちが国家だと思っていたものは、実はメインではなくて、国家を超える支配の力が大本にありました。

大本の力を国家のイメージが隠していた不思議な構図だったのです。

日本の場合は両者の力はかなり拮抗していて、まだ日本本来の国家の力も強かったのですが、明治以降、それでも見えない大きな支配の力が大きくなってかなりいいように扱われてきました。

アメリカはもう完全に見えない力が支配する国になってしまったのですが、見えないということは、見えたらお仕舞い、、、という運命もあるわけです。

近代国家とは、この見える国家の中枢に取り付き、司令塔だけを奪って大きな国を思うように扱う、、、国を自分らの有利な方向に向かわしめる、、、ということを可能にする構図だったのです。

ヤドリキ的な支配が可能だったのが近代国家群であり、近代国家は多から少なかれ、ヤドリギ的な勢力に乗っ取られてきた部分がありました。

もっと簡単に言えば、企業による国家乗っ取りと言ってもよいと思います。実際に今のこの後に及んでも、安倍がやろうとしていることは、大企業にお金を流すことばかり。

おととい決まった消費税の値上げも、実は大企業にとってはすべて利益を生むことになる法案なのです。消費税は大企業にとってはとてもよい法律。

しかし結局は景気は悪くなり民衆の購買力は落ちますから、経団連は目先しか見てませんね。

企業の中にも、目に見えない大きな支配力につかまっている企業もあれば、自立した力を持つ企業もあります。

もっと言えば、目に見えない力は正体を見せずにヤドリギ的に取りつきますので、会社の方針と異なる形での取り付きもあり、それは国家に取り付くのと同じです。

そのことがわかりにくくさせ、正体をさらされずに利益を奪い取る上手な構図になっているのですが、疑ってかかれば、何をやっているかが、何をやろうとしているかが段々と見えてきます。なので、知ったら仕舞い、、、ということわざ通り、悪事がうまくいかなくなりつつあるのです。いろいろな場所と状況で。

ロシアでもソ連崩壊後に企業に巣食った見えない勢力が国家を乗っ取ろうとしましたが、プーチンはそうした勢力をいちおう追い出して国を守ろうとしたのです。

そのおかげでロシアは急速な復活を遂げました。ヤドリギに栄養を取られないわけだから、当然なんですね。

日本人は大変よく働いていますが、なんでこんなに生活が苦しいのかというと、ロシアの反対で、ヤドリギに一番最後のおいしい部分をごっそり奪われているからです。わかりやすいでしょ。

安倍はシリアの時にはしっかりアメリカに反対する態度を取ったのに、なんで大企業には弱いのか、よくわからないのですが、だんだんとわかってくるでしょう。

マスコミはこれから安倍を悪く言い出すのか、それとも肩を持つのか、、、でもマスコミ自体がもう何をしていいのかわからず、自分らの指令塔がどこにあるのか不明になった錯乱状態にあるため、マスコミはいま逃げの一手ですね。はっきりしたことを何も言えないでいます。

私は日本は実は根本で変化したと読んでいます。国家の意思がやっと出せる状況が段々と近づいている、、そんな空気を感じます。

見えない勢力はとんでもない金持ちですし、すべての支配権を今なを持っているかもしれませんが、知られたらお仕舞いで、すぐに強制収容所を作る以外に今までのように君臨する道はなくなりつつあります。

クラスメートがケンカをすればするほど儲かる人がクラスにいたとして、これまではわざとケンカの種をまいたりしてとても儲けていたのですが、だんだんと、クラスメートの中に、

「なんで、こんなにケンカする必要があったんだ、、、俺たち、そんなに嫌いあってもないよな、、、もしかしたら、あいつがあんなこと言ってたきつけたんじゃねえか、、、」「そういえば、そうそう、、、あの時もさあ、、あいつがさあ、、」

と、国家の中でも国家間でも実はだんだんとそうなりつつある。そして「誰だ、、、戦争させたがったやつは、、」と、急速になってきた。

とにかく知ったら仕舞いで、どんな理想論を言おうが、どんなに相手がひどいと言っても、みんな嘘だろうと思ってみるようになっていく、、、

本当にすごいことが起こりだしています。現在、あらゆる国家の中において、こうした勢力同士の争いが起こるところは起こっていますし、種あかしがすすめば、これまでのことが全部見通せるようになってしまう。

マスコミも嘘をつきすぎたので、弁解してももう無理で、何かを言おうとすればどういうつもりでそうしたことを言っているかが、ばれてしまう。

段々とマスコミ自体に力がなくなっていく。すでにそうした段階が始まっています。

小学生までがアメリカは戦争したいだけなんだよな、、、儲かるから、、、なんてことを道端で話している。

突然どこもかしこでも凄いことになっている。こうなると、ケネディを殺したのはオズワルドだなんて、小学生でも言わなくなる。911のビルが崩壊したのは、飛行機で崩壊したなんてことは、物理的にありえないことが誰の目にもわかってくる。

さらに関係ないビルまでなんで崩壊するのか、きちんと説明してほしいと誰もが思っている。

さらに地震もなんか簡単に起こせるっていうじゃない、、、となると、もう何を隠していいかすらわからない、、、マスコミはそれでもしたり顔でもっともらしく説明する。

その顔を見ると、秀才ってバカなんだと思わざるを得なくなる。

そんなことが急速に起こりだしているのだから、時代が変わらないわけがないと思う。時代は変わるとだから言って来たのです。

こうした大きな流れが世界的に起きていて、それでは困る人がいるでしょうから、そうなると、どうすればこうした流れ、すなわち民衆の覚醒を押さえつけることができるのか、、、、

それは前から言っているように突然強制収容所にしてしまうか、新たな戦争をむちゃくちゃでもいいから起こすかして、大混乱させるしかない。

10月に入ってから、アメリカもデフォルト危機があるし、このままではおかしなことがやっぱりおかしかったとみんなに伝わってしまう、、、、ヤドリギ勢力は何かやりたいでしょうが、やるとしたらネットを全部使えなくして、その上で大混乱させるしかないでしょう。

しかし、それでもわかってしまうと思うので、やっぱり時代は変わるんです。前に戻すことは無理なんです。

国務長官、そして国防長官が日本の戦没者に頭を下げる初めての事態を本日迎えました。凄いことです。

飲み込んだはずの日本がのど元で苦しくなっているのです。ロシアもヨーロッパもアメリカも本当は日本が欲しい。

騙して飲み込んだつもりが一度吐き出さないと自分が死んでしまう、、、日本はもうすぐ日本を飲み込んだ悪魔の口から吐き出されることでしょう。

そして日本に対する今度はプロポーズ合戦が繰り広げられていく。きっとそうなると思います。

日本がやることは世界の注目をきっと浴びるようになりますから、本当によいことをやるべきなんです。それをみんなが真似することで、マネした人も国もみんなよくなっていく、、、そうやって次の時代が作られていくのが夢ですし、そうなるような気がします。

それは何度も言っていますが、日本が偉いのではなく、そうしたやり方があっており、そういう時代にたまたまなっていくからにほかなりません。

その時、大奥にある要は日本語の音声に本質があり、その本質は母音を通して全人類につながる構図を伴っているのです。なので、誰がえらいとかそういうのではなくて、仕方ないことなのです。

母音言語を預かっているのは日本ですから、これからはその出番があるということで、偉いというのとは違いますから、国粋的な考えなどでは意味がありません。

やさしい女性が出す、オーという音声が鳴く赤子をあやすようなもので、それが今必要なんです。

近代国家は今、泣いているのです。それをあやし、元気にさせてあげれらるのは、お金でも武器でもプライドでもなく、人類共通の発声、、すなわち、母音であり、母音の中には、、、、あーという音の中には、これまでの人類の思い、歴史、宇宙の情報の多くが含まれているのです。

そういうものでしか、もう新しい時代は作れません。ケリーもこれからやってくるキャロラインケネディもそうしたことがきっとわかっているのでしょう。

そうでなければ、本日の墓参はなかったと思います。


・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり


然り。

まだ「自分で考えれる」アメリカ人は、さっさと舵を切り替えた。

日本の「霞が関・東大エリート」という「偉い猿以下生き物」は、全然わからんようです。

で、人間の癖にその日吉明神でもない「猿」を崇拝する大多数のアホ日本人は、偉い猿よりも下等なものを信じてます。
心中です。


まあ、気が付いた日本の衆生は上手くやり過ごして生き延びましょう。


一読ありがとうございました。


拍手[4回]

PR