忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[7170]  [7169]  [7168]  [7167]  [7166]  [7165]  [7164]  [7163]  [7162]  [7161]  [7160
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
スプートニク より

上記文抜粋
・・・・・・・・
米有名レポーター、ジャーナリズムへの憎しみからポルノ俳優に


米国のレポーター、ジム・ウォーカー氏(44)は、ジャーナリズムへの憎しみから成人向け映画の俳優となった。英インデペンデント紙が報じた。

カリフォルニア出身のウォーカー氏は20年間CBSやFOXテレビ局で務め、2度「エミー賞」を受賞し、米国の何人かの大統領からインタビューを取った。一方、あらゆる代価をもっても独占レポを勝ち取るよう要求していた指導部からの常日頃の圧力がいつも癪に障っていた。

「センセーションを探し、視聴率のために真実を粉飾するよう常日頃要求されていたことが気に入らなかった」とウォーカー氏は指摘する。 最終的に同氏はジャーナリズムを憎むようになり、成人向け映画に出演することを決めた。
「私の物語はポルノについてではなく、いかに抑圧的な環境から抜け出すかについてだ。必要なのは、あなたを毎日、自殺へと挑発しない仕事を探すことだけだ」

と同氏は総括する。 先に報じられたところ、性的パートナーを見つけられない人々は障害者扱いされる可能性がある。



・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


恣意的な報道を垂れ流す・権力の太鼓持ちになる。

すると、それで傷つけ殺す人間は、AV男優よりも遥かに多い。下手したら、軍人よりも容易に簡単に多くの人を殺す。


かのリポーターが正道に戻ったいえるかどうかわからん。


でもより「マシ」な道に変えたことは、事実に思う。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[11/19 chtk217]
[11/18 名無し]
[11/18 仏教徒]
[11/18 忠武飛龍]
[11/17 笑む]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved