忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

宗教っていっても、密教のいう「宗教」、耶蘇=欧米戦争中毒患者のいう「宗教」、ムスリムのいう「宗教」は違う・・。



見事です。


密教の人が「宗教的でないと思っていることでも、結構宗教的な行為は多い」

と言っている。


ちなみに、耶蘇=欧米のいう「宗教」ってのは、彼らは宗旨の違いで、年中行事のように殺しあったのと、イエスが一種の政教分離を言ったから、かなり狭い範囲内が「宗教」てなる。


ムスリムは、生活の全般にまで「ハーディス」とか宗教的生活指針が行きわたっているので、密教者のいうくらいに広い。

ヒンズー教徒など、生活か宗教かわからんほどの広さ。



我々は、あまりに「耶蘇教的」な思想・思考の枠組みに、洗脳されている。


そもそも、日本や東アジアは、一神教でなくとも、宗教で戦争をしなかった。

その良い見方を捨てて、その辺は遅れた耶蘇=欧米の見方に倣う必要は全くなかったのである。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR