忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[8260]  [8259]  [8258]  [8257]  [8256]  [8255]  [8254]  [8253]  [8252]  [8251]  [8250
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
戦闘教師「ケン」 激闘永田町編  より

上記文抜粋
・・・・・・・・
地毛登録制度なる現代の中世

【<損賠訴訟>「髪染め強要で不登校」高3、大阪府を提訴】
 頭髪が生まれつき茶色いのに、学校から黒く染めるよう強要され精神的苦痛を受けたとして、大阪府羽曳野市の府立懐風館(かいふうかん)高校3年の女子生徒(18)が約220万円の損害賠償を府に求める訴えを大阪地裁に起こした。27日に第1回口頭弁論があり、府側は請求棄却を求めた。生徒は昨年9月から不登校になっており、「指導の名の下に行われたいじめだ」と訴えている。
 訴状などによると、生徒は2015年4月に入学。中学時代に黒染めを強要されて嫌な思いをしたため、母親は「高校では同じことがないよう配慮してほしい」と伝えていた。
 しかし、学校側は生徒の入学後、1、2週間ごとに黒染めを指導し、2年の2学期からは4日ごとに指導。度重なる染色で生徒の頭皮はかぶれ、髪はぼろぼろになった。教諭から「母子家庭だから茶髪にしているのか」と中傷されたり、指導の際に過呼吸で倒れ、救急車で運ばれたりしたこともあった。文化祭や修学旅行には茶髪を理由に参加させてもらえなかった。
 生徒は昨年9月、教諭から「黒染めしないなら学校に来る必要はない」と言われ、それ以降は登校していない。高校は今年4月、生徒の名前を名簿から削除。他の生徒や保護者には、退学したと虚偽の説明をしたという。
 学校側は生徒の代理人弁護士に「たとえ金髪の外国人留学生でも規則で黒染めさせることになる」と説明している。
 府教委高等学校課と同校は取材に、「係争中なので答えられない」と話している。
複数の大阪府立高校では、頭髪が生まれつき茶色い生徒に誤った指導をしないように、「地毛登録」と称する制度を導入している。登録自体を問題視する声もあるが、府教委は「導入は各校に任せており、実態は把握していない」としている。
 ある府立高では、約10年前から制度を始めた。地毛が茶色い生徒は入学時に色合いを計測し、数値化して登録し、色の変化がなければ指導しないという。1学年に10人ほど登録する生徒がおり、校長は「生徒の人権を守るためにも制度を続けている」と話す。
 訴訟を起こした女子生徒の母親は入学時、「地毛登録制度があるなら申請したい」と訴えたが、懐風館高校は導入していなかった。
東京都でも、都立高校の一部が「地毛証明書」を提出させ、頭髪の色が生まれつきかどうかを確認している。幼少期の写真を求める学校もあるといい、都教委は7月、「届け出が任意であることを、生徒保護者に明確に伝える」ことを全191校に通知した。
(10月27日、毎日新聞)


出自や外見など、自らではどうにもならないことを身分化し、居住地を限定、差別することで社会統制を図るのは、中世社会の一大特徴である。これに対し、身分制度や社会的差別を否定し、個々人の自由意思を尊重、移動の自由を認めるのが近代社会の一大特徴である。
この意味においては、ロシアや中国は、近代化が不十分なまま近代を終えようとしているかもしれず、いち早く近代化を実現した欧米では、自ら築き上げた近代の特性を否定する動きが広がっている。

「地毛登録制度」
「黒染めしないなら学校に来る必要はない」
「たとえ金髪の外国人留学生でも規則で黒染めさせることになる」

これらは基本的人権の一つである自由権と学習権を否定している。この学校が行っているのは、欧米基準で言えば「人種差別煽動行為」に相当すると思われるが、日本では「個々の学校で判断されること」で許されている。結果、国連の介入が待たれるという何とも恥ずかしい状況になっている。

一般的に日本の近代化は明治維新(戊申政変)に始まると理解されている。教育分野で言えば、身分に関係なく学べる場が提供される義務教育と、個々人の意思で学べる場が選べ、そこに行くことができる自由こそが近代の象徴だった。
とはいえ、初等学校などは居住地に限定されたし期間も短く、女子教育の選択肢は非常に狭かったことなどを考えれば、近代化は限定的にしか実現できなかった。それが広範囲に実現したのは、やはり戦後のことだった。

ところが、21世紀に入って近代の大原則が否定されつつある。記事のケースは象徴的で、個々人の努力ではいかんともしがたい身体的特徴を理由に、公学校が生徒の教育機会を奪うことが正当化されている。しかも、外国人に対して、身体的特徴の強制同化を堂々と就学の条件としている。
つまり、学校の強制同化命令に服従する者のみが学習機会を得られ、不服従者は公的な学習機会が奪われることを意味する。これは明白な社会的排除であり、貴族や地主階層の出身者を差別したソ連や中国と何ら変わらない。

先に「自由と余暇について」で述べたとおり、経済成長の根幹となる技術革新に最も必要なのは創造力であり、その創造力は自由な発想の下で生まれる。故に全体主義、権威主義国家では技術革新が起こりにくいとされる。その自由な発想は、人が持つ自由な時間に着想される。ところが、日本の学校や会社は、「兵隊を遊ばせておくと士気が弛緩する」という兵営と同じ考え方なので、「いかにして24時間、生徒と社員を管理するか」という発想の上に成り立っている。
制服を着せ、髪の色や髪型まで規格化を図り、行事と部活動で生徒を24時間管理下に置こうという日本型教育は、技術革新から最も遠い存在であり、衰退の原因でしか無い。まさにフーコーの言う学校=監獄であろう。

大阪や東京における学校の極端な権威主義化の背景には、新自由主義的な中央統制の影響があるという。
公学校間で学力や民間企業への就職率を競わせ、成果の上がらない学校は廃校や統廃合を検討、教員は学校への貢献度をもって人事評価がなされ、連続して最低評価だった者は解雇できるシステムになっている。
これは民間企業では「妥当」なことかもしれないが、公学校に適用された結果、「企業が求める人材を育てる」「茶髪の生徒が多いと不良校と見られて偏差値が下がる」などの理由から非人道的行為が正当化されてしまっている。
教員からすれば、人事評価をちらつかされて、「茶髪の生徒を容認する教員は評価を下げる」と言われれば、従わざるを得ないだろう。さらに「民間人校長」がこうした傾向を助長していると見られる。
同時に、日本の企業側も規格化された奴隷的人間を求めるため、こうした「需要」が生じていることも強調すべきだろう。日本社会そのものがブラックであることを象徴している。

現実には、例えば東京都の初等教員の選考倍率が3倍を切るような事態になっており、離職率の高さを考えても、その質は低下の一途を辿っている。教員の質的低下は、教育や管理能力の低下を意味する。教育力や人徳で補えないものは、権威主義的あるいは暴力的統制によって学校を統御する他ないため、自然と後者に流れてゆくことになる。差別や学習権の侵害を禁止、抑止する法律が無いことも、この傾向を助長する。

もはや現代社会において、学校組織や個々の教員に委ねるには教育は重すぎる、ということかもしれない。複雑化と個別化が進む現代社会で、何百人何千人も集めて規格化した教育を強制し、人格を含めて矯正を図ろうという19世紀型の教育はすでに時代遅れが甚だしくなっている。
技術的には、初中等教育はAIとVRによる個別教育に移行するか、最低でもその選択肢をつくる方向に進めるべきだろう。SF的かもしれないが、生徒は学校に通うことなく、自宅でVRを学校とし、AIの教員による個別教育を受ける形が一般的となる可能性がある。個々人の人格や能力に依存しすぎる生身の人間では、多様なニーズに合わせると同時に一定のクオリティを維持することが難しくなっているためだ。

記事にもあるような監獄的学校は、地方では大昔から常態化していると見られ、むしろ都市部に拡大し、全国的傾向となっていると見るべきだ。中等教育におけるリベラリズムの喪失と否定は、いずれ国全体に波及するだろう。現代日本は、大正デモクラシーが否定され、軍国教育に移行した1935年に近い段階にあると考えられる。


・・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

>同時に、日本の企業側も規格化された奴隷的人間を求めるため、こうした「需要」が生じていることも強調すべきだろう。

>日本社会そのものがブラックであることを象徴している。


その通りだよね・・・

おなじく  より  

上記文抜粋
・・・・・・・・
降下兵だった文大統領


韓国の民主化運動出身で弁護士、盧武鉉元大統領の側近にして共同事務所のパートナーだった文在寅大統領は、右派からは「極左」「従北」などと非難されている。だが、文氏が兵役で入隊したのは、特殊戦司令部所属第一空挺旅団という韓国軍でも最強部隊の一つだった。

C_diGF_UIAA1qna.jpg

韓国の兵役は一定期間内であれば、入隊時期を自分で選べる制度になっているが、軍事政権期には民主化運動家や人権運動家などに対して強制入隊させることが横行していた。一種の懲罰召集である。しかも、文氏は「最も訓練が厳しい」とされた第一空挺旅団に一兵卒として配属される。だが、軍隊内はある種の実力主義で、文氏も肉体的にも精神的にも適合していたらしく、主に爆破任務に従事して高く評価され、司令表彰も受けた上、除隊までに兵長にまで昇進している。兵役期間が3年(当時)であることや出身を考えれば、かなりのものだろう。
しかも入隊期間中の1976年に板門店で南北が一触即発の事態となった「ポプラ事件」にも動員され、まさに休戦中の朝鮮戦争の第一線に居たことが分かる。日本の自衛官上がりの国会議員とはかなり毛色が違うようだ。

http://blog.seesaa.jp/pages/tools/download/play?d=4598b28412677d10891edfa49ebd830f&u=http://kenuchka.up.seesaa.net/image/C_dTmWTUAAI9Mm_-87eb9.mp4

再生できない場合、ダウンロードはこちら


その文氏、除隊して40年になる上、もう60代半ばだが、軍の視察に際しては軍服を着てライフルを携行して訓練さながらに行動し、自ら新型ライフルの試射を行い、その腕前は軍幹部をうならせるものだったという。
ちなみに文氏が大統領選で掲げた主な政策は下記の通り。

・財政出動による80万人の雇用創出
・最低賃金を1万ウォン(日本円で1千円)に
・非正規雇用を半分に
・福祉国家5カ年計画
・共に働いて配慮し合う男女平等社会
・幼稚園から高校まで無償教育
・脱原発のロードマップ推進
・平和と共存で繁栄する韓半島

韓国では新自由主義政策が進みすぎて、先進国中最低レベルの法人税率、労働報酬、社会保障となっており、財閥支配もあって経済格差や貧困が日本とは比較にならないほど深刻な状況にある。しかも北朝鮮からの挑発・圧力もあって、軍備を縮小することもかなわず、非常に厳しい環境に置かれている。それだけに、こうした社会民主主義的政策は、日本よりもはるかに支持されているのだろう。

・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


なにか文大統領は、プーチンとも徒手空拳ならサシで十分やれる強者らしい。

でうちの安倍総統は・・・









陳慶之杜預とかいるから、悪いとは言わんが、経済状態が80年代や90年代くらいで庶民生活がその時代位に安定して「子供食堂」などなくても大過ないような状況なら、文句も無くほほえましいが・・

中国・韓国よりもひどくなり、経済力が世界2位から10位くらいにガタ落ちして、正社員が稀で派遣ばかりで、正社員もブラック就労で精神病みがちな現状では、もう総理やめたら・・・て思いますよね。


地毛証明書の記事と、この文大統領の雄姿と、安倍総統の笑い話を見ると、もう日本は韓国にすら遠く及ばない発展途上国になったと・・・

ああ・・日本東朝鮮会議とそのホープは、まさに日本を半島に従属させるための工作をしてきたが、見事に実現しているとしか言い得ない。
彼ら日本会議・神社本庁が「日本は美しい!!」「日本の栄光のために中韓を腐せ!」いうたびに、日本の国力が堕ちていき彼らの思惑通りに日本は半島の走狗になる・・・。




天皇崇拝の右翼は、実質は天皇を使った売国奴・買弁である。

追記

陳慶之をウイキで見ていて、韋叡も見たが、韋叡も恰好良いな・・・マネできたらしたいものですは。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[11/17 笑む]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/16 みるみる]
[11/15 ナオト]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved