忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
7
27
28 29 30 31
リンク政治向けメインですけど。
最新CM
[05/26 ローレライ]
[05/25 ナオト]
[05/24 ローレライ]
[05/23 ローレライ]
[05/23 ローレライ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
[7416] [7415] [7414] [7413] [7412] [7411] [7410] [7409] [7408] [7407] [7406]
金玉満堂ブログ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
駆けつけ戦死(犬死)を防げた!


号外:安倍政権は南スーダンPKOに派遣している陸上自衛隊の撤退を決めた
南スーダンPKOに派遣の陸自部隊、撤退へ 政権が決定(18:05) 朝日新聞
2017年3月10日18時07分
 安倍政権は10日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣している陸上自衛隊の施設部隊を撤退させる方針を決めた。南スーダンには2012年1月から派遣し、道路整備などに従事。しかし、大統領派と前副大統領派の間で激しい戦闘が起きるなどしており、実施計画に定めた「有意義な活動」ができないと判断した。
------------------------------------------------
スーダンPKO派遣は勲一等旭日大綬章アーミテージの詔によるもの
ア氏はネオコン戦争屋ロビイストとして失脚!
烏賊東京新聞から飲尿
 報告書は二〇〇〇年、〇七年、一二年の三回、リチャード・アーミテージ元国務副長官、ジョセフ・ナイ元国防次官補ら米有識者が公表した。中国の台頭やテロの脅威に対抗するため、日本が同盟国として軍事面や経済面で積極的な役割を果たすよう求めている。
 
 安倍政権が行ってきた施策は、野党から「完全コピー」と批判されるほど報告書の内容と酷似している。
 
 一二年の報告書は、他国を武力で守る集団的自衛権行使の容認、国連平和維持活動(PKO)拡大などを日本に要求。安倍政権は世論の反対を押し切って集団的自衛権を行使できる安全保障関連法を成立させ、南スーダンPKOで陸上自衛隊部隊に「駆け付け警護」などの新任務を付与した。
 
 経済では、報告書が求めた環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に踏みきり、各国と合意。歴史認識問題にも報告書通り向き合い、韓国と旧日本軍慰安婦問題の解決に向けて合意した。
 
飲尿ここまで
駆けつけ戦死(犬死)を防げた!





・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり



同じく より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
靖国カルト新規大量顧客獲得に失敗

号外:安倍政権は南スーダンPKOに派遣している陸上自衛隊の撤退を決めた (18:05) 朝日新聞
2017年3月10日18時07分
靖国カルト、チョーセン会議、統一教会新規大量顧客獲得に失敗
 安倍政権は10日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣している陸上自衛隊の施設部隊を撤退させる方針を決めた。南スーダンには2012年1月から派遣し、道路整備などに従事。しかし、大統領派と前副大統領派の間で激しい戦闘が起きるなどしており、実施計画に定めた「有意義な活動」ができないと判断した。
駆けつけ戦死が防げた!
 
------------------------------------------------
トラ氏とお付き合いで敵味方の筋を通すってのは厳しいもんですw
靖国神社の氏子って平均年齢が80歳を超えています.
十年も経てば氏子がいなくなってしまいます.
スーダンのPKO、南沙諸島での中国とのドンパチをやってくれれば「英霊」が大量発生、商売繁盛でした.
そこにチョーセン会議の会員も確保でき、統一教会の影響力も保てたわけです.
少なくともスーダンでの新規お客様大量発生はなくなりました.
ご愁傷烏賊ばかりかとご拝察申し上げます. アイゴ〜


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


強運安倍晋三。

これほどの悪政をしていても、トランプ政権に乗っかり、それを是正して、生存を確定させ、挙句は、「名誉の引退」まで、手に入れれるかもしれない。

このまま善道を突っ走れば、悪政に殺された御霊も「しゃーない許したる」となるだろう。

日本人は基本やさしいから・・・・でも、そうでないと、頓死です。プーチンが許しても、日本人と御霊が許しません。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]