忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[8134]  [8133]  [8132]  [8131]  [8130]  [8129]  [8128]  [8127]  [8126]  [8125]  [8124
<<09 * 10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  11>>
京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・
25日解散表明、28日解散、2日立憲民主党。5日、小池は、反安倍なら自民との連携排除せず。この間、宗主国アメリカは、対中強硬派の太平洋艦隊司令官を昇進させないと習近平に示唆。

1) 9月25日から、日本は一気に選挙モードに入りました。

 「安倍政権打倒」を掲げる小池百合子。彼女は、しがらみのない改革を言いながら、集団的自衛権を認める安保法制 については、それに賛成する民進党議員を自己の周りに集結させ、「希望の党」をたちあげた。 これが、25日。

 小池が、以後、第一次候補者を選別している中、

 実は、29、30日と、日本の宗主国アメリカのティラーソン国務長官(外交責任者)が、北京を訪問。これは、11月のトランプ訪中の下慣らしです。

 ここでは、経済・通貨の問題もあるでしょが、

トランプが、19日、国連で「ロケットマン」と呼んだあと、さらに「ミニ・ロケットマン」と侮りつづけた金正恩を、どうするのか、話し合われたことでしょう。

このときの会談で漏れ伝わってきたのは、ティラーソンが、「自分たちは、北朝鮮にはルートがある」と習近平の前で、明確に発言したことです。

これは、自分たちは、「北とは、バカな戦いはしない。」 つまり、「中国には、損害や混乱といった、迷惑をかけない」という意味です。

2)この両者の対談の前に、実はアメリカ側から、明確に、中国に「ある意思」が示されていました。

参考になる、記事があります。 

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51232

 これを要約すれば、この会談直前に、中国との軍事衝突の「タネ」になる可能性を、アメリカ側から排除した、ということです。それは、この5月から中国側から要請されていたものでした。

 アメリカにとって、西太平洋で、何らかの敵と、実際に「戦闘」の事態になったときには、最も重要なのは、米国海軍の太平洋艦隊です。そこに、指令を出す上部機関が、太平洋軍司令部で、その最高責任者はハリー・ハリス司令官です。しかし、彼には、退官の時期が迫っていました。南シナ海での中国の活動に対して、どう扱うか、アメリカ大統領の意思のもと、この司令官は、海軍の責任者として「航行の自由」作戦の内容を決定しますが、その具体的実行プランに基づく、現場のオペレーションを展開する役目が、太平洋艦隊司令官のスコット・スウィフト司令官でした。

 スウィフト司令官は、対中強硬派で有名でした。ですから、この人物を、中国は嫌っていたのです。

今回、ティラーソンは、ハリー太平洋軍司令官の後任に、スウィフト司令官は就任せず、退官すると正式に習近平に告げたようです。

これで、南シナ海で、アメリカが「航行の自由」を求めても、アメリカ海軍が、中国海軍と軍事衝突する可能性が低減します。これは、中国とアメリカの両国にとって、軍事的衝突の懸念の排除です。

ここで問題なのは、「日米安保」に基づく、日本の軍事活動で、我が国は、海上でも、基本的にアメリカの指揮下にあり、その任務をするのが海上自衛隊です。もし、アメリカが、中国との、海上での軍事衝突という事態では、米国太平洋艦隊の作戦の中で、海上自衛隊は、動くことになっているからです。

 ティラーソン訪中が今回、示したのは、北朝鮮にせよ、中国の満州にせよ、アメリカは、中国を混乱させないで、適切に「事態収拾」に入るという宣言です。その先にあるのが、11月のトランプ訪中なのです。

3)「晋三」はどうなる?

 日本では28日に衆議院が開会と同時に解散されたため、国会は全く開かれず、10月10日公示に向け、今は、政党の「花イチモンメ」ばかりが話題になりますが、その決着は、22日の投票のあとの、首班指名です。

 その決着は、晋太郎・晋三と続いた、「清話会の日本」の改変 まで進むのでしょうか?

イカヅチさんは生前の昨年11月に、「石破君には、恩がある」と言っていたようです。

そして、昨日、緑の狸さんは、(安倍以外の)自民党との連携は排除しない、と言いだした。

小池の「希望の党」は、反安倍政権でスタートしている以上、安倍政権のままの自民党との連携はありえません。この点で十分納得しているから、前原は民進党を溶解して、「希望」と合流したのです。

 安倍は、9月20日、国連で北に対する「さらなる圧力」をいい、今、「改憲」を公約にしていますが、アメリカ側はオバマ大統領が昨年10月には(本物ヒラリーがぶっ倒れた後)、「集団的自衛権での自衛隊派遣が認められた以上、もう、改憲の必要性はない」と通告してきてあります。

 そのあとに登場したのが、トランプでした。 水面下で進行しているのは、

 巨大なはしご外し か。

 デンデンの最後、それは、特別会計を隠し持つ、日本の財界・官僚体制の最後になり、それが近づいている? 



4)ところで、

 昨年夏、南シナ海の中国領有権問題での「仲裁裁定」で、裏側で活躍した、ハーグの司法裁判所の日本代表、小和田恒さんの姿がまったく見えません。日本の外務省は任期をわざわざ11年に延長までして、この日の裁判に備えていたのですが。

 一方、秋篠宮家には、慶事が続きます。次女の佳子さんがイギリス留学。そして、長女の眞子さんは婚約が公表された。

 安倍政権は解散直前まで、森友・加計で追い込まれていました。森友事案では、2014年9月、デンデン本人が大阪の読売テレビに出演したその当日、妻の「アッキー」は、住吉大社での稲刈りに参加していました。さらに、このときには、「腹心の友」の加計孝太郎氏が、今治に獣医学部をもつ大学を申請し、行政側は今治市から用地の手当てを始めていました。その行政の過程が、いびつで、しかも、その校舎の建築の設計が杜撰で、さらに、大量の補助金が使われたことが、今年の春から夏に、どんどん明らかになりました。

 舞台は、今治。それと、関連があるのかどうか? 

今年の歌会始で、その今治の特産の馬、野間馬について、眞子様が詠んでいました。

 「野間馬の小さき姿 愛らしく 密柑 運びし 歴史を思ふ」 

もし、選挙後、デンデンが退陣するとすれば、それは、島国「日本」を国体(統治体及び天皇の性格・機能)ごと変える、歴史的大事業の始まりになるのではないか、と思えてなりません。

 それは、高麗神社の成立が示唆する、高句麗滅亡の1300年前か? あるいは、八幡神の宇佐神宮の混乱が示唆する、ホムダワケ崩御の1600年前か、さらに、中国大陸まで包摂するとすれば、その先は、2200年前の始皇帝にまで行きつく、大変革?

 いや、もっと先の「瑞穂のクニ」誕生なら、3000年前。このとき、中国大陸では、殷周革命で、 地中海東岸なら、古代イスラエルの成立です。

 島国ではなく、地球のすべてのイノチと響きあう「日本」への、スタートになることを祈りたい。


・・・・・・
・・・・・・
抜粋終わり

>今年の歌会始で、その今治の特産の馬、野間馬について、眞子様が詠んでいました。

>「野間馬の小さき姿 愛らしく 密柑 運びし 歴史を思ふ」 

加計森友問題をこのまま放置すると、皇族の方々の身分はおろか首が飛びかねないと思う・・・

ので、一応まっとうに動くと思う。


思い出したが、今上さんが、昭和さんが軍部に押されて統率を失っていく過程を聴いて「私には耐えられない。自分なら退位する」と言っていたとか。

なにか今度の「天皇の生前退位・譲位」てのは、それを同じ気分だからに思える。

戦争屋と多少親和性のある秋篠宮さんも今回は是としているので、そういうことに思える。

あくまで妄想だが、今上さんは、親父の敗戦までの「大元帥天皇」には批判的に思っていると思う。たしか家庭教師が「結構斜に構えた見方をする」と言っている。
だが、戦後の「象徴天皇」は、高く評価していると思う。
象徴天皇というか「平和を祈る神官としての天皇」こそが、天皇のあるべき姿という趣旨の発言を繰り返しているし。


立憲民主党・・・そこそこ勝だろうが。

自公・希望の三分の二議席を阻止くらいで・・・次の幕が開くと思う・・・妄想的推測ですが。

安倍一党への怒りは消えてない。モリカケも消えない。
ネットゲリラ より

上記文抜粋
・・・・・・
国難来たりてホラを吹く

野次馬 (2017年10月 6日 15:45) | コメント(26)
アベシンゾーが国分寺に現われるというので、支援者なのか、ヤジ飛ばし屋なのか、大勢集まっているようで、また、あの「中止になりました」土下座オヤジが見られるのかw いい加減、諦めればいいのにw 国民の前に顔をさらせない、恥ずかしい首相ですw

「謙虚に丁寧に、国民の負託に応えるために全力を尽くす」
 安倍首相は8月の内閣改造後、森友・加計学園の問題で不信を招いたと国民に陳謝した。
 だがその後の行動は、謙虚さからも丁寧さからも縁遠い。
 象徴的なのは、憲法53条に基づく野党の臨時国会の召集要求を、3カ月もたなざらしにしたあげく、一切の審議もせぬまま衆院解散の挙に出たことだ。

どっかで首相が街宣やらないと、NHKの画面が埋まりませんw やればやったで、ヤジ飛ばし屋の餌食w 詰んでますw


・・・・・・中略・・・


国分寺に安倍晋三来るってよ
-----------------------
↑演説聴衆「アベ辞めろ♪アベ辞めろ♪アベ辞めろ♪」
アベ総理「(ムカッ!)こんな人達に敗けるわけには行かない!」
-----------------------
↑と思わせて立川駅
-----------------------
↑の情報を判断材料にして国難がどこに現れるかを推理するゲーム
-----------------------
モリナガ・ヨウ@morinagayoh

国分寺駅前。NHKがカメラ組み立ててる。交番脇に柵とかコーンとか山積み。誰が来るんだろう
13:48 - 2017年10月6日
-----------------------
↑国難がホラを吹きに来るのか?w
-----------------------
安倍が行くのにこっそりなの?へんな総理。
-----------------------
普通大物が街宣するならそれなりに告知するでしょ
大物が来る体制を取りながら告知がないならきっと安倍
-----------------------
a-oya
@akiraayo
フォローする
その他
安倍晋三国分寺南口に来るため、駅前車両侵入禁止になるみたい。
機動隊がバリケード、検問はじめてます

検問かよwwwwwwwwwwwww左翼を寄せ付けないためにw
-----------------------
今日もゲリラ演説なのか...
ミュージシャンのゲリラライブでももう少し告知するぜ?
-----------------------
籠池さんの100万持参攻撃できない今、黒川さんが籠池さんを上回るシツコサで山口4区へ。

安倍さん、ノイローゼだな。
-----------------------

野良サヨクが出来る事を、民進党はやらなかった。それどころか、消費税に反対する小沢一派を追い出したり。あの時点で、民進党は死んだ。


・・・・中略・・・・



弦巻町 | 2017年10月 6日 19:35 | 返信
 理屈よりも情。 人形浄瑠璃か浪花節の世界。 現代ッコ、計算高く見えても、泣かせた方が勝ちなのだ。
 枝野は、おばちゃんを、おっちゃんを泣かせた。 豚かもしれんがw ヨシフとか北チョン生コンババアとかが潜りこむのは勘弁してほしいが、それでも小池のババアよりは、ほんの少しはマシだろう。
 政治家になりたかったら、近松門左衛門を読め。 といっても大変だからハシゲが大嫌いな人形浄瑠璃でも大阪までいって見てきたらいいのではないか。
 そういうのを、昔のど田舎のおばさんたちは涙を流し体を震わせて見ていたのだ。
 その情感のキモをつかめば、いざというとき、政治家として大間違えはしないだろう。

博多湾 | 2017年10月 6日 19:44 | 返信
>「アメリカ様」による外圧=強引な内政干渉
江戸時代より前の日本の山って、荒れ果てて、荒れ地向きの赤松だらけだったらしいよw
無秩序に伐採しまくって禿山にした
江戸期には、伐採を禁止して治山地水に務めたので、広葉樹林が育成された
まともな治山地水計画って江戸期ぐらいなんだよね
明治維新でアホどもが権力握ってから、再び荒廃してしまった
アメリカのせいじゃなくて、明治以後の役人の悪行愚行が主たる原因だと思うよw

・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

そうとうに庶民も安倍総統とその一党に怒っている。

不正選挙も、今度はどこまで通用するか・・・

下手したら、安倍一党だけでなく、霞が関も庶民の敵と認識されるぞ不正選挙をしたら・・・

それはそれで楽しいが・・・官僚のみなさんも死にたくないでしょう・・・革命に貪官汚吏の処刑は、不可欠ですから。

お読みくださりありがとうございます。



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved