忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

大掃除の初めかな。

京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
アメリカにとって、北が敵国ではなくなったということ。徐々に「刺抜き」「毒消し」が加速。拉致問題を理由に制裁や圧力はもうできない。


共同声明「北朝鮮は完全な非核化に向け取り組むことを約束」 

2018年6月12日 16時07分  米朝首脳会談
[NHk]アメリカのトランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長が署名した共同声明は、「2018年4月27日のパンムンジョム宣言を再確認し、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向けて取り組むことを約束する」としています。…

まあ、これは、コミットメントのみで、非核化への強制力という意味では中身はほとんど進展しなかったが、米朝の二人が直接会ったことが画期的。地政学的にこれまでと違うのは、北とアメリカで敵対関係をやめるということ。つまり、米国にとって、軍事費をこれから減らせるという意味。                           トランプは、12日インタビューで[ロイター]、北朝鮮の非核化を巡る交渉を促進するため、「非常に挑発的」で多額の費用がかかる米韓軍事演習を中止する意向を示した。拉致問題については、文書化の対象事案にもなっておらず、インタビューでも、「安倍の重要問題」といって、「これから話す」と。

結論。
「やらせ」「脅し」「あおり」をしないということ。これで、これまでの画策部隊は急速に消えていく。これは、トランプや金正恩にとっては、自画自賛したくなるほどの大手柄です。もちろん、習近平や文在寅、そしてプーチンにとっても。また、今回の会談会場の提供で名をあげたシンガポールでは、これから北で始まるビッグビジネスで主導権をもつことになり、代表のリーシェンロンは、大喜びです。

ただ、安倍と日本の外務省にとって、この事態は、どうなのでしょう。「拉致」での直接交渉が始まりますが、トランプは、さて、どっちの味方になるしょうか?   今回のシンガポール会談を実現させたのは、「ニューCIA」長官だったポンペオですが、今、国務長官として実績をあげたので、日本をこれからどうするか見もの。  日本の戦争屋とその手先を締め上げることになりますが、特別行政自治区である日本自体が、ATMの立場であることは、何ら、変わらないか。 

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

ですね。


お読みくださりありがとうございます。


おまけ  



拍手[1回]

PR