忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[6843]  [6842]  [6841]  [6840]  [6839]  [6837]  [6836]  [6835]  [6834]  [6833]  [6832
<<09 * 10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  11>>
京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・
「生前退位」でキングピンが抜かれた。天皇とは、神ではなく、特殊一族の家業=祭主。


こんにちは。

 (PCの調子が全くダメで、書き込みが遅れました。もう、買い替え時期ですね。)

今日は、もう、23日になってしまいましたね。リオ・オリンピックが終了しましたが、

閉会式に登場し、観客を沸かせた安倍首相ですが、まず、これをご覧ください。



この安倍マリオのアイデアは、森元総理だったようです。

受けそうなことなら、喜んでなんでもする。戦闘機や戦車に乗る人ですから、自分がそうすることの意味を、全く考えない、おバカさんなのです。

まあ、とにかく、安倍は、承知して、覚悟を持って、アメリカの戦争屋のパペットをこの4年間、演じてきたわけです。その最後の「雄姿」になるのでしょうね、きっと。

本人は、このマリオで受けたから、まだ、4年できると、考えているかもしれませんが。

で、リオ・オリンピックが終わって、さて、何が始まったのか?  世界中の空気が変わっています。

この2週間、王族は、いろいろ話したはずで、それは、すぐに、外交に出てきます。 

 ・東アジアでは、日中韓の外相が、話し合い。

 ・北朝鮮の在イギリス大使館のナンバー2が亡命。

 ・日本では、菅官房長官が、「生前退位」をどうすすめるか、を検討する有識者会議を開くと。

 ・アメリカの大統領選挙では、一見、ヒラリーが優勢ですが、人間的に問題ありで、

  これに関していえば、

 沖縄を手放しかねないトランプは御免だがあ、ISISを作ってきたヒラリーにも、させない、という意思でしょう。



◎ 人類の成長・覚醒という意味で、今年夏までのクライマックスは、

 まず、

 ①伊勢志摩サミットで、G7の首脳が、植樹をしたこと。

 ②オバマが、広島で、核分裂という革命的な科学を使う人類全体に対し、革命的な道義を求めたこと。

  実現すべきは、家族の幸福という、シンプルな日常だと。

  これらは、昨年9月のフランシスコの発言を継承しています。

  「十字架に神は、いない。撒いた種を、成長させ、花を咲かせ、実を成ならせる力こそが、神である」

 これを、受けて継いでいます。

 そのうえで、今回の、8月8日の、今上陛下による、「生前退位」に関するご発言です。

 「天皇という、役職を下りたい。」 これは、天皇にあるとされる、政治的神格 の完全否定でした。

 自分の存在は、戦後の日本国憲法で、国と、国民統合の象徴とされているにもかかわらず、

 明治の時に作られたように、天皇を生まれながらの神としての扱いで、それを前提に、安倍政権では、

 「神のために死ぬのは、日本人なら当然。靖国に祀られて、神になる」 として、国民に戦争参加を求め、

 天皇個人に対しても、「神であるから、退位は、まかりならない」、 と

 この勝手な理解が、いわゆる、右翼陣営の人たちに、戦後も、続いていたのです。

  神のごとき、人格の崇高さ と、

  神として政治的に扱って、自分の政策や、自分の無謬性のよりどころにする、のとは、

  根本的に違うのです。 

日本の戦後は、昭和天皇がポツダム宣言を受け入れて、8月15日に、人間宣言したときから始まっているのです。このときの天皇は、国家主権者でしたから、これは、日本国としては、敗戦の受け入れです。

しかし、国際金融でのヒロヒト個人の権限があまりに大きく、それゆえ、戦勝国(アメリカ、中華民国など)側も退位を求めず、その存在を、アメリカ(FRB)も、利用していた。

そして、日本の官僚と経済界は、戦後復興にまい進するとき、アメリカからの圧力と、ソ連の軍事的脅威を語って、さらに、国家からカネを引き出してきた。

そのうえで、日本の独立を目指す政治家はつぶされたが、アメリカの戦争屋の手先に進んでなってきたのが、清話会でした。

 安倍が総理に返り咲いたときには、もう、ソ連はない。しかし、経済発展する中国に嫉妬し、フクシマの汚染がまだまだ続いているのに「アンダーコントロール」とうそを言い、中国との戦争を本気で想定して、漫画チックな軍事拡大を目指し、それを、外務省の、柳井、斉木らが、それに喜んで従ってきた。

 2013年以後、アメリカ国内で戦争屋がどんどん鎮圧されても、日本だけは、安倍のもとで、カネを、自由に引き出せる国として残っていた。

 陛下が、御製の歌を読もうと、その御心を軽んじてきたのが、安倍政権と、日本の経済界の首脳でした。 

 それでも、今年の、伊勢志摩サミットやオバマの広島宣言を見て、安部本人や、外務省は、

 今回の終戦記念日の、首相の靖国参拝はまずいと取りやめ、さらに、

 安倍晋三お気に入りの、極右のマドンナ稲田防衛大臣には、ジプチに、バカンスに行かせる結果になった。

 これには、自称、民族派、もしくは、愛国陣営の人間が、怒り心頭になった。 

   

それよりもさらに面白かったのは、ワシントンポストが、日本の安倍晋三は、核の先制不使用に反対した、と、発表したことに対し、すかさず、

 そんなことは、言っていない、と、否定したことです。

 愚かなことです。 

 安倍晋三よ、それだったら、今すぐにでも、核兵器禁止条約に、棄権せずに、すぐにサインしなさい。

 戦後の日本は、ヒロシマ・ナガサキから、不戦の誓いを世界に、主張しながらも、オバマの広島宣言の後も、この条約にサインしなかった。 これは、今は、核は持っていないが、自分が、いつか核を持って、それで、其の核の脅威を使って外交を進めるという,意向の表れでした。

 日本が、核を持つために周辺の脅威をつねに騒ぎたててきた。 その代表が、北朝鮮。 

 今年に入って、外交に「困ったときの北朝鮮のミサイル」で、 どんどん、打ってもらい、

 一方、自衛隊には、それを迎え撃つ「破壊措置命令」を出してきたが、そんなもの完全に、ポーズだけだった。

 もう、いい加減な、ばかなことは、するな。

 これが、陛下の意思でもあったのです。8月15日、陛下は、安倍を睨み付けていました。

 日本の軍産複合体を、喜ばすために、北朝鮮の金正恩を強気にさせてきたが、

 日本の宗主国である、アメリカ側が、今年は、オバマの「核なき世界」を真剣に追求し、 

 わざと、戦争を起こしたがる人間の処理に入っているのです。だから、イギリスの北朝鮮の大使館員が亡命したのです。(この意味では、ヒラリーは、11月にたとえ大統領に当選しても、長くはもたいないでしょう)

  つまり、この夏から、急速に、平和構築に向かっている。

 これは、オバマ本人の意思もあるが、もっと、別次元からの意思も働いているのかもしれません。

 今、一番気になっているのは、NASAです。

 宇宙ステーションへのロケット打ち上げは、いま、カザフのバイコヌールの打ち上げ基地で行われているが、NASAは、一体、何に使われているのでしょうか?

 どうも、火星探査の専門基地になっているようなのです。

 本件については、また、別途、書こうとおもいますが、火星探索は、現実に、「ジャンピングボード」という装置で、アメリカから兵士が送り込まれていると、アイゼンハウアーの孫娘が証言している、という話もあります。

 いったい、火星に、何があるのか?

 地上での、これまでの人類の文明発展では説明できない別次元の新しい事態に、人類全体が入っていることになります。

 一方、日本では、三基の原発が再稼働し、さらに、リニアに3.3兆円の財投資金をつけることが決定しましたが、これは、単に、利権やマネーだけのことなのか、少々疑問になっています。

国家間でのもめごとを、してはいられない、何か、別次元の事態が進行しているようでならないのです。

安倍晋三は、パペットであることに変わりなく、彼が宗主国と仰ぐアメリカの、その奥にいる、パペットの使い手が、今、変更した、あるいは、新たな、目的・目標が設定されたと考えるのが、一番、いいのかもしれません。

今度の日曜は、「地球史の中の天皇」の2回目ですが、懇親会では、この点も、みんなで話しましょう。

・・・・・・・
・・・・
抜粋終わり



 >陛下が、御製の歌を読もうと、その御心を軽んじてきたのが、安倍政権と、日本の経済界の首脳でした。 


天皇の「御意」を軽んじて、「保守」とか自称する。


反天皇制の逆賊の私でも「お前ら大丈夫か・・」と思いますは・・・。


いや、安倍政権と経団連は、まさに「革命勢力」の「反天皇の旗手」だったてか!


>安倍晋三は、パペットであることに変わりなく、彼が宗主国と仰ぐアメリカの、その奥にいる、パペットの使い手が、今、変更した、あるいは、新たな、目的・目標が設定されたと考えるのが、一番、いいのかもしれません。

どうなのでしょうか・・・


戦争屋の駆逐がさらに進んだ・・てか・・・。


別の角度から


産めよ増やせよ大和撫子 より

上記文抜粋
・・・・・・・

戦車に乗って鉄兜をアミダにかぶっているアベとマリオの帽子をアミダにかぶっているアベについて  

うーむ

これは全世界の諜報機関がなんなんだこいつ、になっているだろう


戦車に乗ってはしゃいでこいつはえらいことだと中韓をギョッとさせたし、

株崩壊を予言した、サミットでもギョッとしたし

オリンピックでもマリオの帽子でギョッとさせた

ヒラリーのようなてんかん性脳病ではなさそうだが、痴呆の一種か??

それとももともと知恵足らずなのか?

それにはあまりに時宜をえすぎているのだ

天皇にお前嫌いだあっちへ行けと言われて。。。

わざとイメチェンか

とにかく外交的には成功だと思います

プーチンや習近平の横にくっついている軍師さま、でもようわからん、こいつ、となっていて

はたまた日本に寄生しているネオコン蛸坊主も

?????????

だから効果絶大です。

どちらへ行くか全く見当がつかない指導者なんか見たことないだろう

日本て、経済規模3位なんですよ。

わかってんのアベちん??

初見忍術を学んだか?

??????????????

本心を自然に韜晦できる最高の指導者かもしれない。本心なんかないのだから。

世耕、またやったな?




・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり



同じく  より

上記文抜粋
・・・・・・・

sputnikが世界戦争は不可避だと間接的に述べた  
開始>
ドル制度を拒否のBRICSが迎えうる地政学的な激変
金融分野を専門とするジャーナリスト、エルンスト・ヴォルフ氏はいわゆる移行経済期にある諸国の経済ポテンシャルはまだ使い果たされていないとの見方を示している。BRICS諸国(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)は世界経済の国際舞台でプレーヤーとしての確固とした地位を築いている。これによってドルは圧力を感じ始めており、これによって地政学的な激変が起きるかもしれない。

スプートニク「BRICS諸国は独自の銀行を開設しましたが、これは徐々に足元を固めていると思われますか?」

ヴォルフ氏「その通りです。この新開発銀行は徐々に発展しており、米国はすでにこれに懐疑的な目を向け始めています。

問題なのは新開発銀行はドルのシステム内で作業をしているためにドルシステムを尊重せざるをえない。

我々が忘れてはならないのは、国際金融システムはドルのシステムだということです。そして世界で唯一ドルを印刷する権利を有している機関が米国の連邦準備銀行です。米国はここ数年で実際に、全世界が米国を尊重せねばならない仕組みを作り上げることに成功しています。」

スプートニク「米国の金融経済からのしがらみを断ち切り、別の主導的通貨を作り出すことは可能ですか?」

経済
© Fotolia/ Beeboys
ロスチャイルド卿「人類を対象にしたグローバルな金融実験が行われている」
ヴォルフ氏「これを米国人は全力で阻止しようと必死です。このシステムから抜け出そうという試みは今までもありましたが、これは血塗られた結末を迎えました。たとえばサダム・フセイン氏は自国の石油をドルではなくユーロで売ろうとしましたが。カダフィ大佐も金で兌換できる通貨を開始しようとしました。その結果がどうなったでしょう。今この2人ともがこの世に存在していません。表現を変えれば、米国は自国システムを維持するためならあらゆる手段を択ばないのです。」

スプートニク「ロシアもまたトルコと組んで独自の経済回廊を作る試みを開始していますが。」

ヴォルフ氏「そうですね。トルコとの発展プロセスは関心を呼んでいます。プーチン、エルドアン両大統領は先の会談で両国の取引をルーブル、リラ建てで決済することを合意しました。これは米国に対する宣戦布告であり、サダム・フセイン、カダフィ大佐が行おうとしたことに類似しています。これがどうなっていくか、私には興味がありますね。

終わり>

評論家の口を借りているとはいえこんなことをプーチンメヂアが言っていいのだろうか?

普通、歴史を変える戦いは始まった時には終わっているものだ。古代ならいざ知らず、核時代は結果を決めてからでないと開戦できない

ヒラリーとトランプという「老人候補」を立てて争っている米国の混乱を見透かしているということだろうか?

覇権国が内部で混乱しているうちに、地政学を変えてしまえ、という神速の行動です。

英雄はすることが違う

武人の時代が再来しているように見えます。世界の勢力図を変えることは武人の独裁、果断、行動力がないとできない

今世界は武人の登場で沸き立っている

エルドアン、プーチン、この二人は諜報出身、フィリピンの大統領は警察だろうか。偽ユダヤの作った正義体制である「法」を無視した人殺しを公然と掲げて大統領になった。

冷戦期で作られた武人である、カダフィ、フセインが殺された後の新世代武人

残る一人は正恩だが、これは米国製かもしれない。ブッシュの御庭番が核技術を提供した疑いが高い

開始>
北朝鮮が日韓を脅かすために保有している超ハイテク軍事技術はすべて、米戦争屋ネオコンから秘密裏に供与されている疑惑がいよいよばれるのか

 本ブログでは、北朝鮮が保有している上記の超ハイテク軍事技術を北朝鮮が単独で開発するのは不可能と観ています。

 そして、たとえば、北朝鮮が保有している核兵器燃料プルトニウム生産技術(原発を装った核燃料生産施設)は米戦争屋ネオコン(イスラエル・ネオコン含む)の頭目だったラムズフェルド元米国防長官が主導して北朝鮮に供与されたと観ています、しかもその建設コストをKEDO(注2)経由で日韓国民の血税で賄っていると観ています。

 この例からわかるように、北朝鮮のもつ超ハイテク兵器は、日韓を脅かすため、米戦争屋が秘密裏に供与していると疑われます。

 ところで、上記、ラムズフェルドは、日米韓の国民を欺くため、北朝鮮への核技術供与の証拠隠滅をやっています。そのための仕掛けとは以下です、すなわち、北に供与する核技術を米ウェスティングハウス(WH)からいったんスイスABBに技術供与し、ABB経由で北朝鮮に核施設を建設した後、ABBの原発事業部門を英国BNFL(核燃料公社)に売却、そして、WHの原発事業部もBNFLに売却、さらに、WHと旧ABBの原子力事業をBNFL経由で東芝をだまして売りとばしたのです。

 同時に、英国BNFLの人間(BNFL技術者を装った米戦争屋系技術者を含む)が北朝鮮に入国できるようにするため、米戦争屋は2000年に北朝鮮と英国の国交を樹立させたのです。だから今も、北朝鮮の大使館が英国にあるのです(注3)。
終わり>

正恩の帰趨が世界を決めかねない。

彼は世界戦争勃発のための「生きる信管」です

そのために先代ロック家がブッシュ祖父を通じて支援したヒットラーと同じ構図ですね。

さてこれをどうひっくり返すか

プーチンの手腕が見ものです

アベはもう半分ひっくり返した。

開始>
日ロ両政府は22日、北方領土問題を含む平和条約締結交渉を東京で開催する。原田親仁日ロ関係担当大使とロシアのモルグロフ外務次官が出席する。岸田文雄外相が17日の記者会見で発表した。
終わり>

ネオコンの仕掛けたプーチン暗殺の罠かもね。

弱体化しているので、両方にシナを送っている。主観的には「中国包囲網」です。

実態は、アメリカ離脱の言い訳、かも。

明らかに、クソ女どもを権力につけてヒラリーどもの言いなりになりながら、日本が米国のコントロールを外れだしている。

起こっていることは複雑怪奇です。

仕掛け人は誰か。佐藤優、あんたかね?


・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり



世界の政治の地殻変動が起きている・・・


日本もこっそりと隠れて・・・・宗主国と、阿呆国民に隠れて・・・。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved