忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。
DEEPLY JAPAN  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
フランス、燃料税の増税6ヵ月延期

フランスはマクロンの方がちょっと譲歩した模様。
  • フランス、燃料税の増税延期=デモ参加者との会合は中止
  • https://www.jiji.com/jc/article?k=2018120400694&g=int
  •  【パリ時事】フランスのフィリップ首相は4日、テレビを通じて演説し、来年1月1日に予定していた燃料税引き上げを6カ月延期すると表明した。



来週は12万人集結予定、バスチーユでやるぞとかいう話になってたし、どこで取ってもデモの支持は高く、低くて70%台、高くて84とか85%だったので、一部が騒いでるだけ、みたいな日本の当局者が大好きな手法は全然取れない。

フランスはデモは当然だとはばからない国民から成る国として世界有数だから、この成り行きはまったく理解可能。ただ、暴徒っぽすぎるだろうという部分は2005年あたりに移民がらみであった騒動を思わせて、よろしくないと思った。

あと、燃料税は確かにきっかけだったけど、マクロンは税制全体、労働法制全体を変えてイギリスっぽいってかアメリカっぽいってかの、要するに投資家フレンドリーな社会に制度を変えようというつもりで出てきてるから、それに対する反発は潜在的には大きい。

特に、wealth tax(富裕税)を改革して、要するに投資家にとってより好ましい環境にしていっているという姿勢が顕著に見えてたあたりから戻れない感じになってる気がする。つまり1年ぐらいぐつぐつ煮えてて、最終的に「金持ちのための大統領」というニックネームに収斂されてると思う。

ま、実際そうなんですよ(笑)。しかし国民の、大統領周辺は俺らをバカだと思ってやがるな、という反発を呼び込んでる。ここらへんで、すねないで怒るのがフランスではありますね。だからマクロンを仕込んでるのってロスチャイルドがどうしたとかいうけど、結局ワシントンなんじゃないかって気もするところがある、私は。だってフランス的に進めてないもの。



さらに、もう一つ。マクロンの大統領当選の仕方がいかになんでも作られすぎてたってことがくすぶってもいるでしょう。

あの選挙は、順当にいけばフィヨンが有望だったといっていいんじゃないかと思う。フィヨンは中道右派の実績ある人なので、中道の票をかせげた。対抗馬のルペンを嫌うフランス人は多数いるが左派も嫌いという人はフィヨンに乗れた。

しかし、これがエスタブとしては困った。なぜならフィヨンは、

  • フィヨン氏は、クリミアそのものというよりソ連崩壊後からの西側の政策には誤りがあったと言い切っている人。だから、各国のリアリスト系の人と同じようなことを言っている。
  • “I think [the West] made huge errors” in dealing with Russia after the Soviet Union’s collapse,” Fillon told journalists at the European-American press club in Paris. “We committed errors that led to the tensions that we know today … We partly provoked the situation.”
  • West ‘provoked’ Russia, says former French PM François Fillon
  • http://www.politico.eu/article/west-provoked-russia-says-former-french-pm-francois-fillon/
  • そして、フィヨン元首相は、そもそもプーチンと何度も話し合っている、仲のいい政治家だと考えられていている人。
  • 仏大統領選予備選、サルコジ脱落、フィヨン vs ルペンか?

よーするに、アメリカのミアシャイマー教授なんかと同様、NATOを無軌道にしてるのが間違ってるという、私にいわせりゃ「正しい」見通しを持ってる人ですが、主流政治言論的にはあってはならない話。

これは困るでしょ?(笑)

そこで、と繋ぐべきかどうかわかりませんが、ともあれ、フィヨンは、フランスの検察がでしゃばって金銭スキャンダルを持ち上げて脱落させられた。まるっきり民主党が勝つ前の小沢って感じでしたね。

フランスのエスタブの読みとしては、ルペンは限定的だから、ちょっと左っぽく見えなくもないところから使い勝手のいい奴を出そうって腹で、マクロンに行ったってことだったと思う。



こういう成り行きをフランスの政界および知識人はハンドルできなかった。左派は昔の左派ではなくリベラルになっちゃってるから「プーチン嫌いだわ」路線だし、右派はおろおろするかルペンに行っちゃた。ホントに手っ取り早くハンドル握れそうな人をフランス政界は独自に出せなかった。(ルペンファンの人には申し訳ない言い方ですが)

ここらへん、いやぁ最近のフランスの凋落を見る思いでしたね、ほんと。バカだったもの。



で、現在のデモ隊にはこれら左右の政治勢力はかかわれていないようだ、と書いてる人たちがたくさんいるけど、上の成り行きから見てもそうだと思う。

でので、こういうデモは当局者にとっては頭痛いでしょう。だって政治的なリーダーが関与してない、最低でもしきれてないデモだから。



ということで、フランス当局は、マジで、これ以上広がらないためには妥協しかなかったんだろうな、と思う。

あと、Brexitのブリテン、メルケル代替わりの模索、イタリア反発気味という中で、フランスでpeopleの不満が爆発するってのは、EUを作ってなんとしてもこの支配体制を守る気でいる人々(欧州の一般人ではな)にとっては嫌だからなんとか早めにハンドルしようとしているんだろうと思う。

しかし、書いてきたようにこれはよく練られた作戦のうちにあるデモの広がりではないようだ、ということは、この妥協も成り立たない可能性がある。その意味で今後も余談を許さないってところでしょうね。



■ オマケ

マクロンがブエノスアイレスのG20でも歓迎されず、家に帰っても大変という中、プーチンとメルケルは豪華な朝食を食べていた。

欧州寡頭勢力によるEU支配をもくろむ人々にわざと見せようと思ってやってるのかなぁとか思えて楽しい(笑)。ロシアの国のマークが入った食器類で用意されていることからこれってアルゼンチンのロシア大使館かどこかなんだろうか?いずれにしても、イクラとキャビアがおいしそうでおいしそうで、心からご相伴にあずかりたい!


Caviar & sausages: Putin & Merkel share working breakfast at G20





・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

衆怒は犯し難く、専欲は成り難し

怒らないと、指導者・悪帝王の暴政・悪事は、収まらない。



京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
村田光平先生かのメッセージ。日本の原子力政策について。

以下、転載します。

今、日本の官僚は財務・経産・外務など、全てで狂いだしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


皆様

12月4日発出したBCC英文発信をお届けいたします。
下記の諸点を指摘しました。

1.東芝の英国での原発建設からの撤退、フランスの新原発製造計画からの撤退は
「原子力と不道徳の全方位の破壊力」への理解の深まりを示している。
2.日本の原子力政策は国連による作業員被ばく問題の釈明要求、避難民に対する帰還勧告批判
などの国際社会の動きに影響を受けることとなろう。
3.原子力規制委員会による東海第2原発の再稼働認可は、市民の直観のみでも世論の反対で覆される
ことが予見できるものであり、同委員会のレヴェルが問われている。現に、近隣自治体の猛反対が始まっている。
4.日本の原子力政策は2011年の福島原発事故後も不変である。心ある国民は理解に苦しみ、これに納得していない。
原子力は倫理観を麻痺させるかの如しと言えよう。

複雑を極める世界情勢ですが、不道徳の永続を許さない歴史の法則が表面化するのをただ待ちたいというのが昨今の心境です。

 村田光平
(元駐スイス大使)


(12月4日発出BCC英文発信文)

Dear Friends,

Toshiba has retreated from the nuclear construction project in Great Britain.
France has withdrawn from the Astride project of creating a new type of nuclear reactor.
"The destructive power of nuclear energy and immorality in all directions" seems to be increasingly
understood worldwide.
The nuclear policy of Japan could not but be affected by such emerging new international moves as the intervention of the United Nations in the protection of health of the workers at the Fukushima Nuclear Plant and that of the temporary refugees recommended to return to the native places where radioactivity is 20 times higher than before the accident.

The Nuclear Regulatory Commission has recently authorized the restart of the Tokai No.2 nuclear reactor
situated only 250 km from Tokyo. It reflects the problematic level of the Commission, for the mere intuition of a citizen allows us to foresee the decisive opposition of the public against this decision. The neighboring cities have started reacting strongly as expected.
The nuclear policy of Japan remains fundamentally the same as before the Fukushima accident of 2011.
Conscientious Japanese citizens can hardly understand or accept it. The nuclear energy seems to paralyze the sense
of ethics.

With warmest regards,
Mitsuhei Murata
Former Ambassador to Switzerland

・・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり




まあ、放射能でアホ化して、安倍菌でアホ化して、ドンドン日本帝国は壊れます。

天皇家も早く天皇制やめて一市民にならないと、もっとひどい目にあって第二ロマノフ王家になるかもね・・・


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR

【2018/12/05 (水) 21:04】 | 政治向け
トラックバック(0) | コメント(2)

結界と夢殿の同類な点
ナオト
「結界はバリアーをはって 運ぶルートを確保するものです」
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/blog-entry-3468.html
から引用

「バリアで惑星が  地球が閉じられていると
エネルギーは二極化する
北極南極  プラスマイナス
二極化は対立したエネルギー


多分ね  宇宙の干渉がないとね  
天使と悪魔  天国と地獄  善と悪
二極化して対立しながら互いに引き合う
そんな世界を作ってしまう

すべてがその物理法則に沿ったシステムになる
組み込まれてしまう


地球という二極の渦を持つ惑星に住んでいる限り
宇宙が遠くなるほど  そのリスクが常にあるわけで
だからこそこれまでいくつもの文明が
いくつもの世界が  生まれては消えて行ったのかもしれない」
http://suishounohibiki.blog.fc2.com/?mode=m&no=950

「そして多分ね
作ったと同時に鍵をかけて  IDパスを作ったと想うのよ
夢殿を壊されないように  多分奥の方で宇宙と繋がっている部分には
誰でも行けないようにしてある



ピングドラムの地下室の図書館は地下61階にある
ここまで深く潜れるのは「選ばれた者」たちだけ

夢殿は漏斗状の逆ピラミッド型になっていて
下へ行くほど上位の者しか行けないのだとか」
http://suishounohibiki.blog.fc2.com/?m&no=947
から引用

 夢殿と結界はどちらが基点かという違いはあっても宇宙の干渉を嫌がっているという点では同類だと思います。


燃料税増税撤回に非ず。次の仕掛けを打つDeep State。
chtk217
増税撤回ではなくマクロンも無事とのことでフランスは油断禁物(延期は安倍晋三天皇からのアドバイスでしょう)。あくまで関係企業(Deep State)のための増税でありさらに増税幅を上げて再チャレンジという悪夢のシナリオもあります。スポ―クスマンはデモを受けて完全譲歩を示唆していますがマクロンと背後は許さないでしょう。あるいはマクロンにお引き取り願い別の操り人形を持ってくるか。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
結界と夢殿の同類な点
「結界はバリアーをはって 運ぶルートを確保するものです」
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/blog-entry-3468.html
から引用

「バリアで惑星が  地球が閉じられていると
エネルギーは二極化する
北極南極  プラスマイナス
二極化は対立したエネルギー


多分ね  宇宙の干渉がないとね  
天使と悪魔  天国と地獄  善と悪
二極化して対立しながら互いに引き合う
そんな世界を作ってしまう

すべてがその物理法則に沿ったシステムになる
組み込まれてしまう


地球という二極の渦を持つ惑星に住んでいる限り
宇宙が遠くなるほど  そのリスクが常にあるわけで
だからこそこれまでいくつもの文明が
いくつもの世界が  生まれては消えて行ったのかもしれない」
http://suishounohibiki.blog.fc2.com/?mode=m&no=950

「そして多分ね
作ったと同時に鍵をかけて  IDパスを作ったと想うのよ
夢殿を壊されないように  多分奥の方で宇宙と繋がっている部分には
誰でも行けないようにしてある



ピングドラムの地下室の図書館は地下61階にある
ここまで深く潜れるのは「選ばれた者」たちだけ

夢殿は漏斗状の逆ピラミッド型になっていて
下へ行くほど上位の者しか行けないのだとか」
http://suishounohibiki.blog.fc2.com/?m&no=947
から引用

 夢殿と結界はどちらが基点かという違いはあっても宇宙の干渉を嫌がっているという点では同類だと思います。
2018/12/05(水) 21:45 |   | ナオト #58229b452b[編集]
[管理者用 返信]
Re:結界と夢殿の同類な点
> 夢殿と結界はどちらが基点かという違いはあっても宇宙の干渉を嫌がっているという点では同類だと思います。

同感です。

収奪には、どっちも有効ですし、一方的な収奪には宇宙の干渉が困るのですし。


書き込みありがとうございます。
2018/12/06(木) 16:47 | 遍照飛龍

燃料税増税撤回に非ず。次の仕掛けを打つDeep State。
増税撤回ではなくマクロンも無事とのことでフランスは油断禁物(延期は安倍晋三天皇からのアドバイスでしょう)。あくまで関係企業(Deep State)のための増税でありさらに増税幅を上げて再チャレンジという悪夢のシナリオもあります。スポ―クスマンはデモを受けて完全譲歩を示唆していますがマクロンと背後は許さないでしょう。あるいはマクロンにお引き取り願い別の操り人形を持ってくるか。
2018/12/05(水) 23:24 |   | chtk217 #582acdcbbb[編集]
[管理者用 返信]
Re:燃料税増税撤回に非ず。次の仕掛けを打つDeep State。
同感。

時間を延ばして誤魔化して、また税金をかける。

日本のやり方の真似。

日本人の政治的アホさと忘れっぽさがあるから成功したが、ここまで政治的にアホなのは世界で日本人だけなので、無理です。

書き込みありがとうございます。
2018/12/06(木) 16:49 | 遍照飛龍

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック