忍者ブログ

渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

型に酔って型で死ぬ。まあ劣化した日本人の当然の末路。

神戸だいすき より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
岩盤規制・・・特区・・・


最近の日本で、悲しいのは、これまで日本社会を守りかためてきたすべての制度が、制度疲労を起こして時代に取り残されていることだ・・・


たとえば、私の娘時代は「お茶・お華・裁縫」一通りのことができなければ「嫁に行けない」と言うことで、茶道、華道の教授は、ちょっと腕のある奥様の小遣い稼ぎだった。

そして、その陰で「茶道の心」も「華道のセンス」も磨かれてきた。そこに、日本文化があった。
日本舞踊だってそうだ。琴、三味線の類もそう。


それが「娘が嫁に行く」という概念からして。ひっくりかえされた現代には存在が消滅寸前。


それは、いけないでしょう。
日本文化を守らないと!と言いたいけど


長い平和に胡坐をかいて「花嫁修業」に全身をあずけて、「家元制度」を作り上げ、上納金を吸い上げる仕組みの、理不尽さを思うと、本当に、これを昔に戻して「生かす」ことが、大事なのか、そうではなく利権が「文化」に寄生することを改善するのが先なのか・・・わからなくなる。


ある時代共存共栄してきた「家元制度」と「日本文化」だけど、現実に、社会に受け入れられなくなって半世紀は過ぎた。


同じことで「護送船団方式」と言われた日本の官僚による日本の繁栄。
これが、極まって、利権、利権でがんじがらめ。新しい風の吹きようがない。


すると、結局、せっかく築き上げた日本の産業や国力に衰退の兆しが見えてくる。

家元制度が文化をつぶす結果になるのと、同じことが、官僚が肥大化した日本の政治経済にも、みられるわけだ。

だから、安倍総理が「岩盤規制に、穴をあける」と言い始めたとき、それは「大切なこと」に聞こえたに違いない。

そして、あくまで抵抗する利権集団とにらみ合うためには「総理の御威光」が不可欠だった。

そこまでは、わかるのよ。

問題は、その結果、なにが起こったかなのよね。

利権関係者を入れてはならないという美名の下「関係者しか、いれていない」
唖然とするほかない?

昔の官僚の利権組織のやったことの方が、まだ、ましだった。そこまでひどいことは、さすがにできない。


結局、楊貴妃一族だけが美味しい目に遭い、岩盤規制撤廃と言う掛け声は、インチキだった。

まだ、そこまでだったら、わかりやすい「利権あさり」で、すんだんだけど・・・これが、もしかしたら、さらにおどろおどろしい展開を準備しているのではないかと・・・geneumiさんから考えたよ、私は。

ごく最近「死者をよみがえらせる実験」が始まったらしい。
さらに、すでにクローン人間は大勢誕生しているという。
こうして、悪の大魔王を永遠に生かし、永遠にこの地球に君臨させる。

そういう、悪巧み。
急がないと、その前に死ぬと元も子もない。
だから、絶対に2018年開校!!!!!!
早く、早く・・・でなければ、単純に金や地位がほしいだけなら、あそこまで、真っ黒な顔色になって、青息吐息になりながらまで気張らないだろう。

「だれかさまから」「2018年絶対に開校せよ。でないと、永遠の命がえられないだろ?」そういう悪魔の儀式のためのものだとしたら・・・吐き気がする。

あの人たちの強引なウソと言い逃れを観察していると、普通じゃないからね。

異常事態が発生していることは間違いない。

神をも恐れぬ仕業に憂き身をやつしているのだろう。
そういえば、誰か・・・「祈ります」って言ってなかった?何に向かって「祈る」のだろう。ああ、恐ろしい。


・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

>長い平和に胡坐をかいて「花嫁修業」に全身をあずけて、「家元制度」を作り上げ、上納金を吸い上げる仕組みの、理不尽さを思うと、本当に、これを昔に戻して「生かす」ことが、大事なのか、そうではなく利権が「文化」に寄生することを改善するのが先なのか・・・わからなくなる。

文化に寄生して社会を食いつぶす。

これが摂関家が得意とする悪事の方法。


刑名一致と法家がいうが、これを日本社会って怠り過ぎている。


日本文化を守るに「型」も大事だが、実態のない型を騙って人をだまし続けていたら、その型が完全に放棄される。
「型」の意味を本当にわかっていないから、「型」に姿にだけ固執して、中身は無い盆踊り・パラパラダンスに終わる。

言葉・論理をあまりに軽視してきたツケだ。

型だけでは、戦いに勝てない。現実に活用できない。

中身を論じない・見ない「型」は、「型」を殺す。

せいぜい死ねばいい。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR