忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

告白。

弁財天 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
前川喜平前文科次官が獣医学部を女性の貧困について語る。文科省のボコハラム・ビジネスが見えてくる。
2017.5.25 21:38 【前文科次官会見詳報(5)】前川喜平氏「出会い系バーに行ったことは事実。実地視察調査で教育行政の課題を見いだせ、意味があった」 会見の途中、汗を拭う前文部科学事務次官の前川喜平氏=25日午後、東京都千代田区(福島範和撮影) 
 --読売新聞に前川喜平氏が出会い系バーに行っていたという記事が出ていた。権力の脅しではないかと思うが、こういう記事についてどう思うか。今回、自ら記者会見することに影響したのか
 前川氏「出会い系バーというものがありまして、読売新聞で報じられたが、そういったバーに私が行ったことは事実です。
 経緯を申し上げれば、テレビの報道番組で、ドキュメント番組で、いつどの局だったかは覚えていないが、女性の貧困について扱った番組の中で、こういったバーでデートの相手を見つけたり、場合によっては援助交際の相手を見つけたりしてお金をもらうという女性がいるんだという、そういう女性の姿を紹介する番組だった。
 普通の役人なら実際に見に行こうとは思わないかもしれないが、その実態を、実際に会って話を聞いてみたいと思って、そういう関心からそういうお店を探し当て、行ってみた。
 その場で話をし、食事したり、食事に伴ってお小遣いをあげたりしながら話を聞いたことはある。
 その話を聞きながら、子供の貧困と女性の貧困はつながっているなと感じていたし、そこで話を聞いた女性の中には子供2人を抱えながら、水商売で暮らしている、生活保護はもらっていないけれど、生活は苦しい。就学援助でなんとか子供が学校に行っているとか、高校を中退してそれ以来ちゃんとした仕事に就けていないとか。あるいは通信制高校にいっているけどその実態が非常にいい加減なことも分かった。
 いろいろなことが実地の中から学べた。その中から、多くの人たちが親の離婚を経験しているなとか、中学・高校で中退や不登校を経験しているという共通点を見いだした。
 ある意味、実地の視察調査という意味合いがあったわけですけれど、そこから私自身が文部科学行政、教育行政をやる上での課題を見いだせた。ああいうところに出入りしたことは役に立った。意義があったと思っている。
 あと、読売新聞がこの問題をどうして報じたのか。私の極めて個人的な行動ですから。それをどうして読売新聞があの時点で報じたのかは私には分からない」
 --権力の脅しかということはどうか
 前川氏「私はそんな国だとは思いたくない」
 代理人弁護士「その点は明らかな証拠はないですから、何とも答えようがない」
 --獣医学部新設計画をめぐる記録文書に関し、1枚目の内閣府からの伝達事項について説明を受けた際に、さらに追加で口頭で説明されたことはあるか
 前川氏「このペーパーに則して内閣府の意向を聞いた。これ以上のことは聞いていないと思うが、その際に、文科省としてのこれまでスタンスですね。構造改革特区で15回にわたって規制緩和をお断りしてきた経緯について担当課から説明を受けた記憶がある。私も昨年の6月下旬に事務次官になったので、それ以前の経緯について十分に承知していなかったので、その辺の経緯についても説明を受けた」
 --前川氏から専門教育課にこの文書に関連して何か聞いたか
 前川氏「詳しいことは覚えていない」
 --問題の文書は幹部で共有したというが、具体的に持っているのは誰か
 前川氏「ものによって違う。共有といっても、担当課が個別に説明にいって渡している。どの資料をどの人に持っていって渡しているかは私も分かりません。担当課でなければ分かりません。
 一連の資料は、いわゆる『レク資料』と呼ばれるもので、部下が上司に説明するときに使う。複雑な課題を、要領よく要点を並べて分かりやすく整理したペーパーで、通常こういうものには日付も付けませんし、担当課の名前も付けませんし、保存用じゃありませんので、その場で説明する場合に使ったものです。どの人の説明にどの説明資料を使ったかは担当課でないと分からない」
 --松野(博一)文部科学大臣がそのうちのいくつかを読んでいる、持っているということは考えられないか
 前川氏「松野大臣の説明にも使った可能性はあります。ただ、その場合は大臣は自分で保管しませんから、その場合は秘書官なり、他の方なり、あるいは担当課が持っているものであれば、大臣がいつも保管しなくてはいけないものではないので」
 --そうすると、大臣が知らないのはおかしくないか
 「そこはちょと、コメントできない」
 代理人弁護士「評価を聞く質問はなしにしてください。事実を聞いてください」
 --朝日新聞にあったが、昨年秋に官邸幹部から出会い系バーにいったことを指摘されたというのは、いつか。幹部とは誰か
 前川氏「日付は覚えていません。指摘を受けたのは杉田(和博)官房副長官からだ」
 --ちょうどそれは加計学園でやりとりしていた時期と重なるのでは。昨年9月か
 前川氏「時期的には重なるかもしれないが、事柄として関連があるとは思っていない」
 --そのときは社会的な探訪と説明したのか
 前河氏「そのときは言い訳はしていない」
 --文書のあるなしについては水掛け論になっている。ペーパーを残していた理由、それが真実と証明できるもの、または手帳でのやりとりだとか証拠のようなものは他にないか
 代理人弁護士「当時ではなくて、現在、彼の手元に書面がある。それについて、現段階は説明を控えさせていただく」
 --その理由は
 代理人弁護士「その理由についても(控える)」
 --証人喚問を控えて、ということか
 代理人弁護士「それもあるかもしれない」
 --(獣医学部新設を認める)4条件に合致していないという説明があったが、具体的にどこが一番合致していないのか
 前川氏「まぁ、あの4条件全てですけども。特に新しい分野における需要が明らかになっているのか。例えば新薬の開発とか水際の対策とか事柄としては出てきているが、本当にそれは具体的な内実を伴うものなのか。そこが薄弱だと思う。新しい分野の具体的な人材需要ですね。
 それから、それが明らかになっていないのが問題なんですが、それがあったとして既存の大学学部では対応できないという条件も検証されていない。すでに16大学でできないから新しい大学を作るという理屈になるわけですが、そこが検証されていない」


「女性の貧困について扱った番組の中で、…普通の役人なら実際に見に行こうとは思わないかもしれないが、その実態を、実際に会って話を聞いてみたいと思って、そういう関心からそういうお店を探し当て、行ってみた。」

獣医学部と出会い系バーw。獣医に注射させ、出会い系バーの女を意識不明にして、京都府立医大に連れ込んで誘拐、殺人、臓器略奪、臓器売買かぁ。
「その場で話をし、食事したり、食事に伴ってお小遣いをあげたりしながら話を聞いたことはある。」
「その話を聞きながら、子供の貧困と女性の貧困はつながっているなと感じていたし、…」
うわー、完全にターゲットを探してる。母親と子供を一緒に誘拐するもりだ。

たしかに京都府立医大は厚労省ではなく文科省統制下にあるわけでw
こんどの加計学園の獣医学部(殺し屋養成)のテーマは臓器略奪だわ。
あべちんGJ杉w

あぁ、いままで中学校のいじめを臓器略奪と関連付けて考えたことはさすがになかったわw。
中学生を保健所に連れて行って殺害する野良犬くらいに思ってる。
ボコハラムの商売の為に。
組織の動機は臓器売買だった。
何か全体像が見えて来たなぁw



・・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


>獣医学部と出会い系バーw。獣医に注射させ、出会い系バーの女を意識不明にして、京都府立医大に連れ込んで誘拐、殺人、臓器略奪、臓器売買かぁ。
「その場で話をし、食事したり、食事に伴ってお小遣いをあげたりしながら話を聞いたことはある。」
「その話を聞きながら、子供の貧困と女性の貧困はつながっているなと感じていたし、…」
うわー、完全にターゲットを探してる。母親と子供を一緒に誘拐するもりだ。


なぜ、加計学園か?の謎が解けた。

安倍組長の盟友の加計さんが全部掌握している「獣医学部」の「獣医」を悪用して、臓器売買しようとしていた。

てか。


>「その話を聞きながら、子供の貧困と女性の貧困はつながっているなと感じていたし、…」

で、意味深だ。

では、文科省はこの対策の教育プランを上げれるか・・・そもそも財務省は嫌がるだろう、教育に金を出したくないのが財務省の本性だからね。


正直言うと、この前川さんが直接にこの臓器売買と噛んでいるとは思えない。


だが、この文科省の情報・統制力が、どうも臓器売買に噛んでいると思えてしまう。


>あぁ、いままで中学校のいじめを臓器略奪と関連付けて考えたことはさすがになかったわw。

イジメで自死した子供の臓器を、売買する・・・。腎臓は死後でも不可能ではない・・。

そのために滋賀県とか関東・仙台の「いじめ自殺の多さ」かもしれない。

小5の子供がいじめ自殺・・・普通はあまり考えれないが、これも臓器調達用に「自死」させた・・・。


ネットゲリラ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
みんなぶちまけてやれ
野次馬 (2017年5月26日 04:07) | コメント(4)
売春次官なんだが、どうも目撃者の証言によると、「オンナを買っていた形跡がない」という事で、ただ座って、たまに女の子と話をしていただけらしい。売春窟に行って、そんなアホな、とネトウヨは騒ぐんだが、おいら、自分でそういうの散々やっていたので、別に不思議だとは思わない。ゴーゴーバーしょっちゅう行っていたし、たまにはカネ払って連れ出したりしていたが、せいぜいディスコに行くくらいで、飯食って、小遣い渡してオシマイ。女の子の身の上話を聞いたりするのが面白い。売春窟の実態を黙って観察しているだけでも面白いw 売春婦とセックスしても、別に面白くないw

▼国有地投げ売り「核心の共謀メール」
森友学園問題で「新証拠」が浮上する一方、安倍晋三首相の「腹心の友」が経営する加計学園についての疑惑が表面化した。
両学園には接点があり、彼らを結びつけたのは、ほかならぬ安倍昭恵氏だった。
「私が思っていたのと違うので、皆さんにお見せしないといけないと思った」
森友学園(大阪市淀川区)の籠池泰典前理事長は5月16日、再び民進党のヒアリングに応じ、"安倍晋三記念小学校"の建設用地として取得した国有地(大阪府豊中市)の価格交渉についての関係者の電子メールを公表した。
メールは複数ある。昨年4月1~10日、近畿財務局、大阪航空局の担当者、森友学園から受注した藤原工業...

タイにはマッサージパーラーという売春窟もあるんだが、アレはオンナを買わないと済まない仕組みなので、ほとんど行った事がない。覗いて帰って来た事は、何度かある。ホステスの女の子が次々ステージに立って歌う、カフェというのもあるんだが、それは何度も行った。女の子が連れ出せるので、そういうのも売春窟なんだが、タテマエは飲食店なので、オンナを買わなくても許されるw おいらの入り浸っていた店は、台湾系で、食事が旨かったw 要するに、オンナを買わなくても済む売春窟で、あたりを観察しているのが好きなのだw そういう趣味の人は、実は、意外に多いw

元官僚の出会い系バーに行った理由「女性の貧困を知るため」っていうのが叩かれてるっぽいけど、昔、神主でもトップクラスの知人がほぼ毎晩水商売ねーちゃん系の店に出没してて、「何やってるんすか」って訊いたら「下界に降りて現世を観察してる」って冗談と本気半分で言ってたし、そんな感じだと思う

実際、ゴーゴーバーの客というのは、半分以上は「オンナを買わない客」です。まぁ、身銭でやっていた事なので、オンナを買っていたところで、何の問題もないんだがw


・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり

もう少しいうと、なぜスタップ{STAP}細胞がつぶされたか?

笹井教授が殺され、小保方さんがつるし上げられたか。

臓器売買の敵になるような発明を、臓器売買関連機関の理研でよりによって発明してしまったからだろう。

日本人研究者の脅しのために「自殺」したのである。


スタップ細胞の有無が、長期をかけて慎重に審査して、それで「やっぱなかった」ことなら、まだ良い。

それが急に持ち上げられ、その後に急に日本の全権力により全力で叩き潰された。

この異様な行動・流れこそ、私は「日本国が臓器売買・臓器収奪」をしている可能性が大と感じている、最大の要件・証拠である。





お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR