忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。
戦闘教師「ケン」 激闘永田町編  より

上記文抜粋
・・・・・・・・

モラルハザード進む日本
【<狛江市>セクハラ疑惑 副市長「あった」に市長「ない」】
 東京都狛江市の高橋都彦(くにひこ)市長(66)が複数の職員にセクハラ行為をした疑惑があり、水野穣(みのる)副市長は21日、2人へのセクハラが確認されたとの調査結果を発表し、市長に辞職を迫ったことを明らかにした。これに対し、高橋市長も記者会見してセクハラを否定。調査への疑念をあらわにし、真っ向から対立する異例の事態となっている。
 疑惑は共産党市議が3月1日の市議会で質問して表面化した。情報公開請求で入手したセクハラ相談に関する内部文書の「口をつけたコップで何度も飲むことを強要」されたなどの記述を基に、黒塗りで伏せられた加害者を「市長ではないか」と繰り返し追及。市長は「心当たりがない」と否定してきた。
 一方、市幹部が文書の作成者と女性職員の計4人に聞き取りを実施。水野副市長によると、女性職員の一人は否定したが、2人は被害に遭ったと証言した。2014年4月~16年3月に「車の中で手を触られた」「腰に手を回された」との内容が確認できたという。
 この調査結果は市長と市幹部が18日に開いた臨時庁議で報告された。水野副市長が公表した議事録などによると、副市長は「立場を利用して卑劣な行為を行ったにもかかわらず、身に覚えがないと言い逃れ、職員や市政に及ぼした影響は計り知れない」と批判。石森準一参与も「あなたがその地位にいる限り、市は残念ながら、一歩も前に進めない」と市長に辞職を迫った。
 一方、高橋市長は21日の会見で「セクハラをしたという認識は持っていない」と重ねて否定。調査に関しても「目的から外れ、辞職を迫る内容になっている。圧迫面接のような調査が行われた。聞かれた側が正直に話したか疑念がある」と反発した。進退については「今は白紙の状態」と述べ、「支持者の意見を聞きながら対処の仕方を考えていきたい」と語った。
 高橋市長は東京都交通局総務部長、産業労働局理事などを歴任し、12年6月の狛江市長選に出馬して初当選。現在2期目。一方、水野副市長は市職員の生え抜き。
(5月21日、毎日新聞)

狛江市に見る地方自治の衰退」の続編だが、異なる視点で考えたい。なお、高橋市長は23日の記者会見で辞任を表明している。
セクハラ事件では、前の財務次官も辞任こそしたものの、今もって行為自体は否定し続け、政府自体も「セクハラ罪という罪は存在しない」という愚にも付かない閣議決定をしている。これらは、国を挙げて権力者による性的非道を庇い、性的非道から市民の人権や尊厳を守るつもりがない姿勢を示している。

最近話題になっている日大アメフト部事件でも、監督が部員に試合出場の条件として「相手(プレイヤー)をぶっ壊してこい」と指示したにもかかわらず、発言を否定すると同時に、「部員が指示の理解を誤った」などと部員に責任転嫁する姿勢を示している。

これらに共通するのは、「性的嫌がらせ程度で告発するとはケシカラン」「監督に服従しない部員はケシカラン」という権威主義であり、同時に「権力者は何をしても罪に問われない」という権力者無答責の原則である。
中国では、政治局員で重慶市長だった薄熙来氏が、収賄と横領罪で無期懲役に処されたたことを思えば(権力闘争の側面はあるにせよ)、国家倫理の上でも日本の堕落と中国の向上が顕著になっている。

特に日本の場合、総理大臣自ら森友・加計などの疑惑を全否定し、質問に対しては正面から答えずに、延々と無関係の話をして審議時間を潰すという行為を繰り返しているため、地方自治体だろうが、民間企業だろうが、大学であろうが、ありとあらゆる組織のトップがマネをし始めている。
中国の場合、儒教を導入して以来、皇帝がモラルの範を示すことが権力の正統性を保持する重要な要素となってきた歴史がある。これに対して日本は、儒教は導入したものの、学問としてのみであり、文化や慣習の点では殆ど普及しなかったため、権力者が高い倫理観を持たねばならない理論的根拠が存在しなかった。「権力者は何をしても許される」という文化は、中国よりもモンゴルのそれに近い。

例えば、清の雍正帝は、自らの居室の入口に「為君難(君主たるは困難である)」「原以一人治天下(天下が治まるか治まらぬかは朕一人の責任である)」「不以天下奉一人(天下は朕のために存在するのでは無い)」の三つの額を掲げ、入室するたびに読み上げたという。こうした感覚は、日本の権力者には存在しないだろう。
安倍氏や麻生氏が、無自覚に保身のために責任転嫁と不快な言動を繰り返せば繰り返すほど、他の権力者たちも「あれが許されるなら俺も」と考えるのが道理であり、悪貨が良貨を駆逐する流れにある。

欧米の場合は、権力を分立させることで、仮に行政府が腐敗しても、議会の追及や司法の捜査によって正すことが可能だ(想定している)。しかし、日本の場合、権力分立の意義を理解しないまま制度だけ導入した結果、江戸期同様に行政府に権限が集中し、司法や立法府が従属する形になっている。特に戦後60年にわたって自民党が政権党の座にあり続けた結果、一党独裁と同様に、立法府と行政府が一体化して、ともに腐敗する状況が生じている。

さらに、戦後恐らく意図的に、デモクラシーやリベラリズムに基づいた主権者教育を国民に施してこなかったことと、教員組合も一体となって目上に絶対服従することを善とする権威主義教育を行ってきたことが、市民の主権者意識を育てず、権力者に反論したり、反対したりすることを悪とする倫理観(奴隷根性)を植え付けてしまった。その結果、市民レベルでの自浄能力が働かず、「ベルリンの壁崩壊」に象徴される民主化運動すら期待できない状況が現出している。

こう言うと、「田中角栄や小沢一郎も腐敗していた」と言われそうだが、江戸期で贈賄が最も激しかった田沼意次時代が懐古されるのは、圧倒的な好景気に依拠していたためで、田中角栄の手法も同様だった。つまり、景気の良いときは腐敗が目立たなくなるが、景気が悪化した時は、権力者の腐敗は正統性に対する懐疑となり、不景気が故に腐敗による蓄財が横行、負のスパイラルに陥ってゆく。
日本はすでにポイントオブノーリターンを越えたのである。

【追記】
昨今、日本と北朝鮮の近似性を指摘する向きが強い。いずれも戦中期の国体を模してつくられているからだ。「(国体護持のために)あと2千万の日本男児を特攻させれば、必ず勝ちます!」という大西軍令部次長の狂気は、金王朝から日大アメフト部まであまねく浸透している。

・・中略・・・


この記事へのコメント
 そういえば、どこかのナンチャッテ右翼のアングロサクソンが
「日本は儒教に汚染されなかったから、発展した!」みたいな事を
のたまってましたね。本にもなって結構売れました。
先の大戦の敗戦から、早70年余り。
未だデモクラシー後進国の我が国の現状は・・。
そろそろ日本の化けの皮が剥がれ始めたと言う事ですかね。


Posted by ムラッチー at 2018年05月29日 14:56
・・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

>これに対して日本は、儒教は導入したものの、学問としてのみであり、文化や慣習の点では殆ど普及しなかったため、権力者が高い倫理観を持たねばならない理論的根拠が存在しなかった。「権力者は何をしても許される」という文化は、中国よりもモンゴルのそれに近い。

>つまり、景気の良いときは腐敗が目立たなくなるが、景気が悪化した時は、権力者の腐敗は正統性に対する懐疑となり、不景気が故に腐敗による蓄財が横行、負のスパイラルに陥ってゆく。
日本はすでにポイントオブノーリターンを越えたのである。

儒教もなく、「権力者の尻を舐めるのが、一番偉い」って日本だ。

モラルも倫理も無い。

京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
まあ、当たり前だけどスッキリした日大アメフト部に対する関東学生連盟の処分。それに引き換え・・・。


こんばんは。
関東学生アメフト連盟は、日大アメフト部の内田監督、井上コーチの除名処分を発表しました。
スッキリしました。

日大は、在籍生徒、職員、そして、OBの数が全国一多い、巨大組織です。
実業界でも、流通や建設などに、多くの経済人がいます。

学問とは、スポーツとは、そして、日本精神とは、
とにかく、猛省していただきたい。

それに引き換え、安倍夫妻に、コテンパンにされている、財務省。ここが大日本「忖度」帝国の本丸でした。

昨年3月ごろ、ある情報筋から聞いた話ですが、
安倍が3選をめざすと言い出し、それに対し、二階も反対しそうもない、と知った、財務大臣の麻生が、
そんなんじゃ、自分に回ってこないじゃないか。それならばと、森友の件をばらした、というのが発端だった、とか。

真相は、分りません。
森友事案は、安倍がトランプに会いにワシントン行の飛行機に搭乗した、昨年2月9日、朝日の朝刊での報道からでした。

そのトランプにとって、政治的な山場の一つ、半島問題の解決が近づいています。 

トランプは安倍晋三を支える仲間に対し、戦後の日本国の真の姿を、昨秋、自ら横田基地に降り立つことで、日本国民に知らせました。
すでに、集団的自衛権が、オバマ政権時代の2916年に日本で可決しているので、自衛隊は、世界中に派遣できます。

日本は、「311」以後、急激な人口減が進んでいます。  
その一方で、円安誘導、株価の強引な引き上げ。列島入りした外国人に、どんどん日本国籍を与える安倍政権。

中のサカナを殺しても「網」だけは残し、新しいサカナを、入れる。
これが、金融・経済の運営者たちが考える理想の統治の論理です。 
この人間たちは、世界全体では、米ドル表示の国際金融資本団が主体ですが、列島では、原発マフィアが中核です。

彼らの本質は、内田監督のように、現場で実際に動く人間の人間性を平気で無視して、マネーという結果だけを求める悪魔です。

たった、ひとこと。

 無理をするな。 最も大切なもの、それは、自分自身の尊厳。
 他人のために、強制されて、犠牲になるなんて、自分自身に対する、冒涜だ。

自分を大切にするように、目の前の人間も自然も大切にする。そこから、新しい感動を伴った関係性が生まれる。
日本社会に、新たな生命を生み出すための、変革のマグマが唸りだした、と感じるのは、私だけでしょうか?

・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

新井さんは、まだ天皇に未練があるのかな?

わからんが、天皇制日本には未来が無いのは確実。


>これに対して日本は、儒教は導入したものの、学問としてのみであり、文化や慣習の点では殆ど普及しなかったため、権力者が高い倫理観を持たねばならない理論的根拠が存在しなかった。「権力者は何をしても許される」という文化は、中国よりもモンゴルのそれに近い。

>例えば、清の雍正帝は、自らの居室の入口に「為君難(君主たるは困難である)」「原以一人治天下(天下が治まるか治まらぬかは朕一人の責任である)」「不以天下奉一人(天下は朕のために存在するのでは無い)」の三つの額を掲げ、入室するたびに読み上げたという。こうした感覚は、日本の権力者には存在しないだろう。

など、日本の権力層には天皇以下そういうのは薄い・なかった。

まあ、しいていえば、徳川将軍だけが、あったのだが・・・。


DEEPLY JAPAN  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
現在の世界秩序は第二次世界大戦の終焉を受けてできたものだと言われているが、第二次は第一次で割ったもののお片付けみたいなところがあるので、実際には第一次こそ世界大戦だった。そしてベルサイユ条約によってあっちこっちの帰属問題が語られた。

その前後に極東方面で起きた出来事として名高いのが、中国の五・四運動、そして朝鮮の三・一運動。

wikiにはこうある 五四運動
  • 五四運動(ごしうんどう)は、1919年パリ講和会議のベルサイユ条約の結果に不満を抱き発生した、中華民国の北京から全国に広がった抗日、反帝国主義を掲げる大衆運動。5月4日に発生したのでこの名で呼ばれ、五四愛国運動、五・四運動、5・4運動とも表記される。抗日・反帝国主義だけではなく反封建主義の側面もあった。
では何に不満を持ったのか?

それは山東省の帰属問題。上の地図のShangdonのところ。まぁその重要な場所なわけですよ。そこをドイツが取った、それを日本は、第一次世界大戦をイギリス側で参戦して、ドイツ利権をゲットというプランを立てて実際そうしたわけです。

wikiでは
  • 大戦が終結し、パリ講和会議において日本側の「日本がドイツから奪った山東省の権益を容認」という主張が列強により国際的に承認されると、
と簡単に片づけているけど、経緯としては、そもそも山東省を返してくれと中国人が英米に掛け合って、それじゃ兵隊を出せと言われて、中国人が14万人も欧州戦線に出ていたというのが大きいと思う。

つまり、日本も協商側で参戦してるが、中国もしてた。



英語版には背景事情として出てた(ここ)。中国は1917年協商側で参戦、山東などのドイツ権益を条件に14万人の兵を英国軍の一部として出した。
  • China had entered World War I on the side of the Allied Triple Entente in 1917 with the condition that all German spheres of influence, such as Shandong, would be returned to China. Although in that year 140,000 Chinese labourers (as a part of the British army, the Chinese Labour Corps) were sent to France,[6] the Versailles Treaty of April 1919 awarded German rights in Shandong Province to Japan. The representatives of the Chinese government put forth the following requests:

その後、終戦に向かってアメリカのウィルソン大統領が民族自決とかいうもんだから、中国人は大喜びでこれで山東省は返ってくるとぬか喜びする。

しかし日本が戦時中に中国当局と結んだ合意があり、さらに日本はイギリスとフランスのサポートを得ていたので、ウィルソンらが最初は相当がんばって中国の肩を持つものの、最後は英仏日に押し切られ、日本の利益が確定した。

日本はこうやって英仏と密接に極東利権を確定し、その反対側の中東での英仏の利益確定には日本が賛成する。だから、現在の中東の線引きなんか俺ら知らないというのは、日本にとって厳密には正しくない。



そこから、中国は抗日が強まり、それと同時に、アメリカって駄目じゃん、となって、急速にロシア、あるいはソ連に接近する人たちが出て来る。

だから、日本で多く見られる、民族自決みたいなことを言い出すもんだからとか、コミンテルンが焚き付けるから抗日になった、ソ連に惹きつけられたみたいなのは、事実関係としてはちょっと表面的すぎるでしょう。いくら資金や人を投下したって大量の人間を惹きつけるには相応の何かがなければできないですよ。

実際兵隊出して、顧維鈞みたいなインテリを使ってアメリカと協力しようがダメで、という事態を前にして、こりゃもうソ連だ、植民地主義は粉砕だ、反帝国主義だ~みたいになっていったという方が断然リアリティがあると私は思う。



私が思うだけでなく、この運動こそが後の中国独立運動の萌芽だったと中国共産党は高く評価しているんだそうだ。が、日本では、この史観を乗り越えるべきだと考えられていた、またはいるらしいと今日 wiki で知る。
  • 五四運動は、中国共産党と中国国民党[2]に高く評価されてきた。その研究の蓄積は他国の追随を許さない。しかし、政治イデオロギーに縛られ硬直した部分があるのも事実である。大陸では、五四運動をナショナリズムが真に大衆化した転機として捉え、中国現代史の起点をここに置いている。すなわちストライキやボイコットといった運動手法を積極的に利用した五四運動に高い評価を与えているのである。
  • これは、1921年、中国共産党が五四運動の影響から誕生したことも大きく関係している。こうした中国共産党的歴史観を革命史観ともいうが、この史観は、一時期の日本にも多大な影響を与えた。現在ではこうした革命史観をいかに乗り越えるのかというのが、今日、五四運動研究において自覚的に求められているテーマである。以下に紹介する近年における日本の歴史学界における論争は、その乗り越え方をめぐる論争とも言える。
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E5%9B%9B%E9%81%8B%E5%8B%95

これ何で乗り越えないとならないの? 中国人がそうだと言ってんだから、彼らにしてみりゃそうなんだなで何がいかんのでしょう?

下線部みたいな、ストライキやボイコットを云々が問題だということだろうか?

しかし、私が思うに、中国共産党は別にストライキを高くかってんじゃなくて、兵を出してもイギリス、アメリカに裏切られた以上、かくなる上はロシアを見習って俺らも革命だ、革命するしかないのだ、それでなければチャイナは取り戻せない、となったモメントとして尊重しているのではあるまいか? 実際それはそうだったんじゃないでしょうか。失望から希望の種が生まれたみたいな。

それを勝手に曲解して、乗り越えるべき史観にしてどうするのだろうかと怪訝に思う私。



シンプルに言って、五四運動に至る顛末は、別にチャイナじゃなくてもどんな国で起こっても、自国の古い古い文化地域を外国人に取られていたところを奪取しようとする試みが失敗したら、そりゃそこの人々は不満に思うだろうし、まして英米に頼っても、兵隊出してもダメだったとなったら、そりゃもういろいろ考えて、なんとかせな、となる集団が出てきてもまったく不思議ではない。というか、出来すぎなぐらいドラマチック要素一杯って感じ。

そこに、日本ときたら飛んで火にいる夏の虫的に、そもそもの構図として既に悪役なのに、英仏と組んでパリ講和会議で顧維鈞とウィルソン米大統領を沈没させ、その間にも中国の領事だったか誰だったかがやたらに高圧的な態度で民衆の反発を受けさらに事態を悪化させたというエピソードがあったと思う。名前忘れた。



ちなみにこの時ベルサイユ会議で英仏のサポートを受けて日本の利益確保に尽力した or 帝国主義者として振る舞い他国領土の奪取に余念がなかったのは牧野伸顕。つまり麻生さんのひいおじいさん。



■ その後の顛末

前にもシベリア出兵について書いた時に言ったけど、第一次世界大戦によって欧州が没落したのを尻目にある種の「天祐」を得た気になっていた日本らしいのだが(と書く本が多いように思えるんだが)、

実際には、

・中国は抗日

・ソ連はその後介入戦争で日本を敵視。バイカル湖以東を日本にすると無駄に壮大なことを言うんじゃない。

・ドイツはイギリスにくっついて利権を取って行った日本のやり方を快く思わず、後に中独合作時代が来る

・アメリカは1922年のワシントン会議をきっかけに日英同盟を廃止に向かわせる。

という具合に、英仏と仲が良くても近隣は向かうところ敵だらけになった。



■ 日本というより…

だからなんだと言えばそれまでだが、しかし北朝鮮の問題も日本の戦争の終結の問題と密接にかかわっているのだが、そこに言及する人さえ稀で、北朝鮮といえば核、ミサイル、拉致しか知らない人たちが膨大にいる日本。

これに対する懸念が日本の周辺各国にあったとしても、私は不思議とは思わないです。

だってそれって結局、またこれなのかよという懸念だから。





つい数年前、わざわざこういうことをやった中国の意図をすべて無視して、台湾の影にかくれて批判してたのが日本だわなぁとか思い出すわけです。

中国人民抗日戦争・世界反ファシズム戦争勝利70周年記念式典

まったく正面から向かい合う気がない。いいんだろうかというか、いいわけないんだが、なにせ、日本は負けていないんだとかいう正気の沙汰ではない人たちがマジでいる国になっちゃってる。

どこまで行く気なんでしょうか。

しかし多分、これは日本に対してのみではないですね。私が思うに、bチーム問題だと思うし、現時点でのその急先鋒は結局国として言うのならイギリスだと思う。実際一次大戦を画策し、二次大戦を組み合わせていったり、冷戦作ってお話を変えていった人々は、国ごとではないんだが、どこがホームかと言ったらそこしかない。

ちなみに分かりやすく言えばナチを仕掛けた人たちがbチーム、その他の人たちは特に組んでるわけではないが抗してaチームという分類。このブログでしか通じません。

・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

>日本は負けていないんだとかいう正気の沙汰ではない人たちがマジでいる国になっちゃってる。

日本国は、このままいけば消滅する。天皇も人間として存続できず陵墓を外人が見に来るくらいの死体の国になる。

なにせ、悪の帝王が、「国の象徴」ですから。

匿名党 より

上記文抜粋
・・・・・・・
三原英孝氏死去(元会計検査院事務総長)からモリカケ豊洲と皇室に繋がる東京ガス“支配一族”まで芋づる式に

・・・中略・・・

2018年3月12日月曜日
実質的な天皇直隷の機関 会計検査院「2種類の文書気付いていた」が可憐にスルー
http://tokumei10.blogspot.com/2018/03/2.html


2017年11月28日火曜日
開成小学校問題で具体的な金額を示さなかった元は天皇直隷の機関、「会計検査院」は誰に忖度(そんたく)したのか?
http://tokumei10.blogspot.com/2017/11/blog-post_75.html


2018年3月23日金曜日
会計検査院から英国の反GOD派まで芋づる式に
http://tokumei10.blogspot.com/2018/03/god.html


NHKの会計検査を行う会計検査院から幹部6名がNHK関連団体に「天下り」

・・・中略・・・

2016年10月7日金曜日
「豊洲」売却で大儲け…皇室にまで繋がる東京ガス“支配一族”の系図
http://tokumei10.blogspot.com/2016/10/blog-post_78.html


、、、(爆wwwwwwww

・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

産めよ増やせよ大和撫子((旧日本の独立を目指して)))


上記文抜粋
・・・・・・・・・
西欧文明を世界化した日本文明の役割が終わり、消滅へ向かうかも  


生物の歴史として人類の歴史をみれば

概念の変革を起こして科学を打ち立てた西欧文明を

全世界が受け入れる筋道を作ったのが日本文明で

その時点で、日本文明の役割が終わったのかもしれない

人類史としてみた場合

そうなるわけで

誰がそうさせたのか

という観点が出てきて

どうしてもスーパーバイズする

「宇宙人」の存在が浮かんでくる

科学を受け入れさせた勢力の存在だ

世界歴史の局面はキンで動いているが

総体は再現性のある知識、すなわち科学技術で動いている

科学技術のつくる武器が圧倒的に優位なんで

他の文明を征服していく

しかし

西欧以外の大量の人類を抱えている

東洋文明が受け入れに失敗し

消滅しかけているときに

日本が受け入れに成功しそれを世界化した

このストーリーを誰が書いたのか?

・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


>概念の変革を起こして科学を打ち立てた西欧文明を

>全世界が受け入れる筋道を作ったのが日本文明で

>その時点で、日本文明の役割が終わったのかもしれない


で、もう日本はお役御免。天皇制を残して暴走するしかない現状では消滅させて、日本人だけ活かして日本帝国は根絶やしにする。天皇制も・・・拒めば天皇家も・・・

それで、放射能地獄・安倍地獄で、天皇真理教日本帝国で死ぬよりも、ロシア領日本州や、中国領東海日本省の方が、まだマシ・・・。

天皇制を打倒するしか、日本列島の国家を存続させる方法は無い。
がそれが屁垂れと洗脳で難しいから、「日本帝国完全消滅」ってのが、一番可能性が高い未来です。

中露に分割支配されても、天皇屋に殺され尽くすよりも遥かに明るい未来がある。

一番は天皇制打倒の革命が、一番の日本人の明るい未来。

もしかしたら、日大フェニックスの敗亡と、来年以降のあり得るかもしれない復活が、その原型かもね・・・

日大アメフトコーチ陣一掃・日本大学経営陣の革命的追放{天皇制の廃止につながる事象}。これができたら、日大も日本も明るい未来がある。


お読みくださりありがとうございます。


追記

http://kenuchka.seesaa.net/article/459655747.html#comment

上記文抜粋
・・・・・・・・

儒教とは直接関係ありませんが、足立啓二先生の『専制国家史論』によると、南宋期に身分制をなくした中国は日本よりもはるかに自由があり、商業も発展して清期には全世界の富の半分ないし3分の1を保有するに至りますが、自由であるが故に資本の集中が進まず、資本主義の成立要件を阻害するところになった、とのことです。
日本の場合、固定身分制であったが故に、逆に武士=支配層に資本が集中せず、商家=都市資本家に資本が集中したことが、資本主義の成立に大きく寄与したとか。大坂の三井や鴻池氏の資産は、同時期の清最大の商家の3~4倍もあったそうです。

国民国家は、資本と労働者が協議和解するデモクラシーの上に成り立っていましたが、両者が離婚した以上、成立要件を失っているのです。日本はデモクラシーが成熟する前に、瓦解しつつありますが、それを自覚している人は多くありません。

Posted by ケン at 2018年05月30日 13:04

・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

これ面白いね。

なんか清朝って大して悪くないよね。

南宋期にほぼ身分制が、崩壊。

北宋の科挙のある意味の自由化と、南北宋の経済発展が、それを為した。早くに「奴隷制」を辞めているし。

で、天皇制がある限りに身分制どころが一種の奴隷制が延々と続く日本帝国=天皇制。滅亡が日本人のためだ。


拍手[1回]

PR

【2018/05/30 (水) 10:32】 | 政治向け
トラックバック(0) | コメント(3)

無題
大阪のおばちゃん
天皇に未練?ないと思うね。
でも、天皇制が消滅しなければ日本人消滅するというのならば

消滅するのは日本人の方だろうね。

ええやん。それでも。
とも思う。自分はその思想には与しないだけ。

新井氏的天皇が出来るか?というと
今の上層部の透明性は信用出来ないしね。
所詮虚しい言葉遊びだと思う。


無題
大阪のおばちゃん
上記訂正
天皇を研究し、神武の実在を否定するのは、天皇依存なくす為だと思ったが
逆言えば、研究の成果の否定されたとも取れるので
何とも断言出来ません。
暫し様子を見ます。
ブログの表題と内容に不一致が多いので主張がよく分からないことが
多いです。


無題
大阪のおばちゃん
上記天皇未練ついてです

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
天皇に未練?ないと思うね。
でも、天皇制が消滅しなければ日本人消滅するというのならば

消滅するのは日本人の方だろうね。

ええやん。それでも。
とも思う。自分はその思想には与しないだけ。

新井氏的天皇が出来るか?というと
今の上層部の透明性は信用出来ないしね。
所詮虚しい言葉遊びだと思う。
2018/05/30(水) 17:23 |   | 大阪のおばちゃん #5812285a96[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
>新井氏的天皇が出来るか?というと
>今の上層部の透明性は信用出来ないしね。
>所詮虚しい言葉遊びだと思う。

民のいない帝王など、存在できない。

まあ日本の人間は、生き延びるのになんとかするだけです。

滅びも、再生も、最後は、天のみぞ知る・・・天に任せるしかない・・。


書き込みありがとうございます。
2018/05/30(水) 19:54 | 遍照飛龍

無題
上記訂正
天皇を研究し、神武の実在を否定するのは、天皇依存なくす為だと思ったが
逆言えば、研究の成果の否定されたとも取れるので
何とも断言出来ません。
暫し様子を見ます。
ブログの表題と内容に不一致が多いので主張がよく分からないことが
多いです。
2018/06/07(木) 16:40 |   | 大阪のおばちゃん #5812285a96[編集]
[管理者用 返信]
Re:無題
自分でも、常に完全に論旨が一貫しているかどうか。時々感情のままに書いて、

「しまった!!」と思うこともしばしばで恥ずかしい限りです。

天皇制って、そこまで頑張って維持せなあかんものか?私にはわかりません。

辞めた方が、多分みんなハッピーになれると思うに・・・


書き込みありがとうございます。
2018/06/07(木) 18:07 | 遍照飛龍

無題
上記天皇未練ついてです
2018/06/07(木) 16:42 |   | 大阪のおばちゃん #5812285a96[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック