忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[7808]  [7807]  [7806]  [7805]  [7804]  [7803]  [7802]  [7801]  [7800]  [7799]  [7798
<<09 * 10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  11>>
逝きし世の面影  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・

首相と会食を繰り返す権力とズブズブの日本のメディア



『山本太郎が安倍首相とマスコミ幹部の「接待会食」を追及! 政府と報道各社の対応は?』2015年1月18日 LITERA(リテラ)

安倍首相と新聞、テレビ等の報道各社幹部たちとの異常ともいえる頻度の会食。
政府批判を封じ密室での談合を仕掛ける官邸と、権力チェックという最大の役割を放棄する新聞、テレビの報道幹部たち。その姿は、先進国の中では類を見ないものだ。
『参議院議員・山本太郎の質問主意書』
〈安倍首相は、全国紙やテレビキー局、報道各社の経営幹部や解説委員、担当記者らとの「会食」は二年間で四十回以上、歴代首相の中でも突出した頻度である。政権トップとメディア関係者の親密な関係、癒着が、報道の中立公正 公平、不偏不党の観点から批判の対象となることは、今や欧米などの先進国ては常識で、安倍首相の行動は、国際的な常識から見ても極めて奇異〉
『特定秘密の保護に関する法律が成立当時、6回の会食について、その会食を企画し呼び掛けたのは誰か、参加したすべての出席者の氏名とその所属及び会食に要した全金額、会食費用を誰が支出したのか、飲食代より低い金しか負担しなかった人物はいたかどうか、安倍首相自身が負担しているかどうか』
1月9日内閣から提出された回答、
「(6つの会食について)御指摘の「会食」については、政府として企画等を行っておらず、その費用も支出していないことから、お尋ねについてお答えすることは困難である」
とまったくのゼロ回答。もちろんマスコミも報じない。
政府トップの首相が日本を代表するマスコミ幹部と会食して、もし安倍首相が全額出していたなら世論を左右する(利害関係がある)マスコミへの利益誘導だし、逆にマスコミが支出していたなら安倍首相への寄付行為や利益供与、賄賂。そもそもが犯罪である。
●秘密保護法成立後の13年12月16日
田崎史郎「時事通信」解説委員、山田孝男「毎日新聞」専門編集委員、曽我豪「朝日新聞」政治部長、小田尚「読売新聞」東京本社論説委員長、粕谷賢之「日本テレビ」報道局長
●靖国神社を訪問した13年12月26日
報道各社の政治部長
●消費税増税が施行された14年4月1日
報道各社の記者
●翌4月2日
赤座弘一「BS日テレ」社長、原田亮介「日本経済新聞」常務執行役員ら報道各社の政治部長経験者
●集団的自衛権行使容認の検討を公式に表明した14年5月15日
田崎史郎「時事通信」解説委員、山田孝男「毎日新聞」専門編集委員、島田敏男「NHK」政治解説委員、曽我豪「朝日新聞」政治部長、小田尚「読売新聞」東京本社論説委員長、粕谷賢之「日本テレビ」報道局長
●衆議院選が行われた14年12月14日の翌々日
田崎史郎「時事通信」解説委員、曽我豪「朝日新聞」政治部長、山田孝男「毎日新聞」専門編集委員、小田尚「読売新聞」東京本社論説委員長、石川一郎「日本経済新聞」常務、島田敏男「NHK」政治解説委員、粕谷賢之「日本テレビ」報道局長
全国紙の政治部幹部の証言では、
「官邸記者クラブに所属する全社に参加が呼びかけられるようなケースは、報道の側が分担して費用を支払うんだよ。一応、建前上、こちらがお願いするというかたちをとるため、安倍首相や政府関係者の飲食代金も報道の側で支払う。もちろん、個人じゃなくて会社が支払うんだけどね。ただ、安倍政権では、官邸から社長や政治部幹部などが個別に名指しされて会食するケースも結構あって、その場合は官邸側が支払うことが多い。おそらく官房機密費から支払われてるケースもあるんじゃないかな」
一方では、報道各社が安倍首相の費用までもって会食を催し、裏では官房機密費でマスコミ幹部が官邸から接待を受ける。まさにずぶずぶ。
これでは山本の質問主意書に政府が木で鼻をくくったような回答しかしないのも、そして新聞、テレビ各社が山本の質問主意書のことを一切報道しないのも当然だろう。少しでも具体的な話に触れたら、それこそ国民が烈火のごとく怒りだすような実態が引きずり出されかねないからだ。
政財官にマスコミも加わった癒着談合体質──日本は汚職や腐敗が跋扈する公平度の低い非民主主義独裁国家への道をひた走っている。
2015年1月18日 LITERA(抜粋)



『防衛相は「誤解を招きかねない発言」と取り消したが、誤解を招く余地のない「明確な意図を持ったストレートな発言」で法令違反は明確』

特別職の公務員(防衛大臣)である稲田朋美の場合には、地位を利用した選挙活動を禁じた『公職選挙法136条の2』違反の既遂であり、(ドロボウが金品を返しても捕まるのと同じで)いくら発言を取り消しても犯罪の事実自体は消えることはない。違反すれば2年以下の禁錮または30万円以下の罰金に処されると規定しいてる。(同239 条の2第2項)
 菅野完‏ @noiehoie
しかしNHKのコメントはあかん。
稲田朋美の発言は「大臣なのに発言が軽い」からじゃない。
完全に法律違反だからNGなのだ。
菅野完‏ @noiehoie · 6月28日
自民党の理想とする軍隊は、人民解放軍(中国共産党軍)だということなんだろう。
菅野完‏ @noiehoie · 6月28日
稲田朋美がいかに悪質かって、稲田朋美と稲田龍二の弁護士事務所の名前が「光明会」って点なんだけどね。
まあ、この悪質さも、ほんととんでもない悪質さなんだけど、解説がなきゃ大多数の人はわからんもんなぁ。

★注、日本会議の本質(中身)は既存の左翼護憲派知識人が考えるような『右翼』とかファシズム勢力ではなくて、実は政治運動の範疇には入らないヤクザとカルトとの摩訶不思議で奇妙なキメラだったと菅野完‏は喝破している。
稲田朋美と稲田龍二の夫婦は大学の同窓生同士で、在学中には二人で『光明会』と名づけた極右のカルトグループを結成して活動していたらしい。
(光明会とは歴史やフィクションに登場する秘密結社イルミナティ (Illuminati)の日本語訳で啓明結社、バヴァリア啓明結社、バヴァリア幻想教団と訳されていた)

防衛省正門前(敷地内)で防衛省職員に向かって選挙演説を行う佐藤正久。防衛政務官の参議院議員が「政務官のサトウです」と連呼 防衛省敷地内で部下に投票を“お願い”する「ヒゲの隊長」の公私混同選挙。こういう明らかな犯罪行為を警察もマスコミも黙認してきたツケが、今回の稲田大臣の発言(自衛隊の私兵宣言)である。(稲田朋美ですが、今回、自分の発言の何が問題であるのかが一切理解出来ないので、大勢集まった取材陣に驚いていた)
陸上自衛隊十条駐屯地正門前の自衛隊敷地内で選挙運動を行う佐藤正久参議院議員候補(防衛大臣政務官)と制服で握手している基地の最高司令官第8師団長の堀口英利陸将の醜い図(制服を着用した左側の人物)

『戦前回帰(軍国主義の大日本帝国)と言うより、ひたすら中国や北朝鮮化する日本』

山崎 雅弘‏ @mas__yamazaki
「ひるおび」の田崎史郎氏、久しぶりにライブで観たが、すごいな。「防衛大臣経験者は『防衛省』『自衛隊』『お願いします』という三つの言葉が頭の中でセットになっている。うっかりこの三つが口から出てしまうことはよくある」いい歳して、よくこんな戯れ言をテレビの生放送で語れるな、と感心する

★注、
法律論とか常識的な大人の正論として見れば山崎 雅弘‏の主張が絶対に正しい。
ところが、現実問題(極限まで右傾化、腐敗した今の日本国の実態)としてみれば逆に安倍晋三のグルメ食いの『お友達』時事通信の田崎史郎の言葉の方が残念ながら真実である。
一言で説明すれば、菅野完が言うように『自民党の理想とする軍隊は、人民解放軍だということ』なのである。
中国の人民解放軍は中国共産党直属の軍隊であり、決して中華人民共和国の『国軍』では無い。(人民解放軍は中国共産党の下部組織であり、ある意味では究極のシビリアンコントロールなのである)

『少し遅れたが南朝鮮(韓国)で起きたこと(水面下での国共合作による大統領の弾劾)が、近々日本でもまったく同じこと「天下大乱」が起きる予感』

今回、一斉にマスコミに流れたお子様国家『日本国防衛大臣』朋美ちゃんの違法選挙運動ですが、今までなら挙国一致の大政翼賛会のメディアによって一切表には出ない種類の話が、今回何故か表に出る。
これこそが、今回の騒動の『真実』だった。
時期的に(一番最初の発覚の時間)も同じだし、中身(半世紀近く前から延々と続いていた関係者なら誰でも知っている『お友達』スキャンダル)も全く同じだったのに、日韓では結果が大きく違っている。
南朝鮮(韓国)のパク・クネ大統領は首都ソウルで100万人の大衆行動が連日続くなど大いに盛り上がり、ハードルが高い弾劾成功で今は獄中にある。
ところが、対照的に安倍晋三は今でも何故か日本国の首相を続けている。(朴は財閥に寄付金を口利きしただけ。ところが、安倍の場合は国富の簒奪であり罪は月とスッポン、格段に重いのである)
韓国の場合には内部告発が弾劾騒動の発端であり最後には与野党やマスコミの挙国一致(国共合作)で大統領を引きずりおろす。日本も加計学園の文科省の内部文章など同じ動き(内部告発)であり、最後も同じ結論になる可能性が高い。

★注、
パク・クネを挙国一致で大統領職から引きずりおろした韓国ですが、その理由とは『お友達』(女シャーマン)スキャンダルは単なる口実で、実は『1年以内の南北統一』との主張が『北朝鮮トップの暗殺』指令(第二次朝鮮戦争の勃発)だったことが発覚ことが一番原因していたと思われる。
日本ですが、そもそも11年前の第一次安倍内閣成立自体が狂気の『北朝鮮バッシング』の大成功によるものであることは論を待たない。隣国に対して北朝鮮叩きのような愚行を行えばどんどんエスカレートして日本に限らず必ず極限まで右傾化するが、もう戦争の一歩手間の最後の段階まで来ている。韓国と同じで日本も暴走する危険な安倍晋三を首相職から引きずりおろすしか、生き残るために残された道は何処にも無い。


・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

>韓国と同じで日本も暴走する危険な安倍晋三を首相職から引きずりおろすしか、生き残るために残された道は何処にも無い。

>実は政治運動の範疇には入らないヤクザとカルトとの摩訶不思議で奇妙なキメラだったと菅野完‏は喝破している。
稲田朋美と稲田龍二の夫婦は大学の同窓生同士で、在学中には二人で『光明会』と名づけた極右のカルトグループを結成して活動していたらしい。

北朝鮮化・中国化などこの二国にたいして失礼だ。

日本国は、やくざ化・植民地買弁化をめざし、絶賛国土・国民を抹殺中である。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
『朝鮮労働党は自民党に勝る』
『フクシマ爆発』も『東芝解体』もせず『核武装』にこぎつけた。『朝鮮労働党は自民党に勝る』
ローレライ 2017/06/30(Fri)11:53 編集
Re:『朝鮮労働党は自民党に勝る』
>『フクシマ爆発』も『東芝解体』もせず『核武装』にこぎつけた。『朝鮮労働党は自民党に勝る』

その通り!!

悲しいかな、阿呆日本・・・。


書き込みありがとうございます。
忠武飛龍 【2017/06/30】
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved