忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[6707]  [6706]  [6705]  [6704]  [6703]  [6702]  [6701]  [6700]  [6699]  [6698]  [6697
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
放知技 より

上記文抜粋
・・・・・

837:木枯し紋次郎 : 2016/07/26 (Tue) 16:33:11 host:*.ncv.ne.jp
飯山先生は現在黄河支流のそばにお住まいとか
ヘーゲルは「中国は持続の帝国」であると自己変革する能力の無さを罵倒しました。

しかし、中国の持続性はまさしく飯山先生が目にしてらっしゃる、
黄河を含む大河川によって齎されたモノです。

「黄河を治める者は中国を治める」
たったこの一言で中国の権力構造の全てを理解できない者は学者の名に値しませんW。
一たび大雨が来ると大きな川が氾濫します。
大洪水が全てを根こそぎ破壊します。

それ故権力=人民を動員、制御する実力は巨大なものでなければなりません。
大洪水の時に議論して投票して行動を決する暇はありません。

治水工事の為には人民を大量に動員しなければなりません。
また工事を企画するテクノクラートを抱えなければなりません。

欧州の大平原の密林を伐採してのんびり暮らす方々とはおかれた環境がまるで違うわけです。

動員された人民も大洪水に備えればこそ皆協力する、しかも大水害が起きた時、皇帝は食料を配る。
そうでなければ革命が起きるか、外敵が攻め込むか、群雄割拠となって、いずれにせよ皇帝一家、
親戚縁者に到るまで皆殺しの目に遭います。

此れが中国の鉄則です。今洪水が各所で起きています。
予測しがたい天変地異といえども政府は持てる力を全て用いて対処します。
民百姓の目が常に厳しくチェックしているのです。




838:飯山一郎 : 2016/07/26 (Tue) 17:25:05 host:59.106.218.32
>>837 木枯し紋次郎氏の『中国文明史観的国家論』は正鵠を射てます.
氏が言うように…,
国家とは,まさに大規模な強権力を集中的,かつ瞬発的に動員・発動して
大規模な災害や外敵の強襲から民百姓・人民を救い守って,はじめて国家
たりえます.

311の際,3~4千万人の国民を移住させる稟議が官邸に上がりました
が,大規模移住を実行する法規が整備されてない!という理由で日本政府
は,国民を放射能禍から救う!という国家政府の絶対的義務を放棄した!

そうして今だに,安保法制だ,若者の政治参加だのと,ロクでもないシチ
めんどくさい選挙パフォーマンスに呆けている.

馬鹿! 選挙や民主主義で,この糞みたいな国家が変わるかっ! つの.


839:木枯し紋次郎 : 2016/07/26 (Tue) 19:06:08 host:*.ncv.ne.jp
飯山先生御高評有難うございます。
今の中国の人口13億人、恒例によってネトウヨは実はもっといると言います。

もっといるとして人類の歴史上これだけの人間を喰わせた政権は未だ嘗てなかったわけです。
だから政権は必死になって統一を維持しようとします。
なんとか13億人にメシを喰わせようとしています。
彼らの能力のほどが窺い知れます。

考えてみてください。例えばアメリカ、国土面積は中国とほぼ同じです。人口は無慮3億人です。
此処に中国と同じく13億人、だから、あと10億人詰め込んで現政権が国家運営が出来るか。

翻って人口が10分の1の日本はフクシマ原発災害でどのような振る舞いをしたか。
結論は明らかです。
行く末が窺えます。

・・・・・
・・・・・
抜粋終わり

>動員された人民も大洪水に備えればこそ皆協力する、しかも大水害が起きた時、皇帝は食料を配る。
>そうでなければ革命が起きるか、外敵が攻め込むか、群雄割拠となって、いずれにせよ皇帝一家、
>親戚縁者に到るまで皆殺しの目に遭います。

>此れが中国の鉄則です。今洪水が各所で起きています。
>予測しがたい天変地異といえども政府は持てる力を全て用いて対処します。
>民百姓の目が常に厳しくチェックしているのです。


選挙権はないが、いざとなれば、流血の参政権をもって、民意を実現する。

それが「中国の武闘派的民主主義」である。


でも

>311の際,3~4千万人の国民を移住させる稟議が官邸に上がりました
が,大規模移住を実行する法規が整備されてない!という理由で日本政府
は,国民を放射能禍から救う!という国家政府の絶対的義務を放棄した!

>そうして今だに,安保法制だ,若者の政治参加だのと,ロクでもないシチ
めんどくさい選挙パフォーマンスに呆けている.

>馬鹿! 選挙や民主主義で,この糞みたいな国家が変わるかっ! つの.


近代民主主義があり参政権があっても、その力を武力で示せない。ので、騙されて、民主主義も有名無実になる。


政権・体制側を、国民が脅せない。殺せない。

のに民主主義は無意味。


まずは天皇を無くそう。


それが民主主義・日本列島の真の夜明けです。



お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
これこそ民主主義だ。
中国流民主主義を、現ヤマト立場主義人民共和国では「ポピュリズムだー!」とのたまわられそうですが、そこだって日本(にほん)だったころは、例えば江戸時代のころは農民一揆で支配層に対して突き上げを行っていたはずなのですが。その一般人の皮膚感覚も明治以降は日清戦争がきっかけで(悪い意味で)激変し、支配層と完全一体化してしまいました。
chtk217 2016/07/27(Wed)06:40 編集
Re:これこそ民主主義だ。
>中国流民主主義を、現ヤマト立場主義人民共和国では「ポピュリズムだー!」とのたまわられそうですが、そこだって日本(にほん)だったころは、例えば江戸時代のころは農民一揆で支配層に対して突き上げを行っていたはずなのですが。その一般人の皮膚感覚も明治以降は日清戦争がきっかけで(悪い意味で)激変し、支配層と完全一体化してしまいました。


私も同感です。

江戸までは、権力としての天皇も相対的でした。「天皇さえもさすらいぞする」

のに、明治となり「現人神」とかいう悪魔崇拝で、日本人はヤマトジンのクーデター勢力の洗脳されてしまいました。


書き込みありがとうございます。
忠武飛龍 【2016/07/27】
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[11/17 笑む]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/17 通りすがりの名無し]
[11/16 みるみる]
[11/15 ナオト]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved