忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

万人が食えて楽しめていたら、まだ米英の覇権は続いていたと思う。

産めよ増やせよ大和撫子 より

上記文抜粋
・・・・・・・・

科学主義は人々に富を供給できなくなった:おしまいの理由。  


期待、が我々の行動決定の一つの原理で、それには富、幸福、病気、犯罪からの自由がある

要するに、飢えずに楽しく暮らせるというのが基礎理念でそれが人権思想だ。(のはずだった)

しかし、科学主義者たちはこれを悪用した。人権を語りながら人の幸福を奪うことばかりしている

人権が方便になった。これで、去の王族が供給できてきた幸福、秩序よりも質の低いものになってしまったのだ。偽ユダヤどもの供給する、幸福の質が著しく悪化した。

西欧文明を、崇め奉る理由がなくなったのである。

現在、英米のしていることはどこを向いても嘘ばかりである。

栄養学の嘘、農業の嘘も影響が大きい。医学や農学といった生存に必要な額を略奪の学に変質させてきた

この嘘が大々的にバレた。過剰生産した食料の押し付けが栄養学でその結果、大量の糖尿病患者を作り出し、それを高値で売りつけるインチキ血糖降下剤でもう一度儲ける

さらに医療保険と称して金を奪い、さらにもう一度儲ける

こいつら、何んね?の思いがする。医者も同罪だ。

食料生産での農薬と肥料の問題もある。肥料を使えば使うほど、土地が痩せ、さらに肥料を使うハメになる。農薬もそうだ。

こういう技術の使い方が悪いのである。医学も疾病からの脱出という輝かしい成果を出している反面

政治と企業が暴走して貪り食っている

こういう現象はありとあらゆる局面で起こっていて、ついに経済の中枢が嘘の塊になってしまった

科学主義が嘘でまみれてしまったのだ

これはどこかでリセットしなければ済まない。左翼とか右翼とかいう政治理念の話ではなく、

われわれの生きる構造そのものを科学主義を唱える連中が破壊しだしたのである。

そうすると激しく、拒絶されるに決まっている。

これが「闇の世界」が動き出した理由だろう。

そして、本当は、エネルギー解放は方向性としては済んでいるのだ。あとはいかに、富ませる方向に向けるかである

今、世界には4人ほど英雄がいる

ドテルテ、金正恩、プーチン、トランプである。(トランプを英雄というには、いささか、だが全身をさらして、有言実行をしている男だから、入れてもいいだろう)

(中国はわからない。とうしょうへいが明らかな英雄だったが、今は李克強かもしれない、習近平かもしれないが、権力闘争が強すぎてなかなか表舞台に出られないように見受けられる。麻薬まみれ臓器売買まみれの上海閥を絶滅した功績はあるのだろう。)

嘘の体系が大規模に崩壊し始めていて、ヒラリーが負ければ嘘捏造体系全体が権力を失うことになろう

で、全く嘘を言わない、不思議な民族がいるのである。嘘で出来上がった欧米の脳圧殺体制にぎゅうぎゅうに言わされながら

嘘を言わない、民族が。方便でも嘘を言わない。

我らが、日本民族である。それで相対地位が上がっているというわけだ

嘘の海の中で嘘を言わない文明がぽっかり浮かんでくる

どれだけ嘘と口実でぎゅうぎゅうに押し込んでも、浮かんでくる。

温暖化嘘や、医学の嘘、政治の嘘、経済学の嘘、地震、津波の嘘の全てに付き合いながら

なぜか真実の経路を発明、発見し、真面目な技術開発を繰り返し、ぽっかり浮かんでくるのである。


確かに、驚異の民族であろうよ。

それを束ねる、天皇の質素、倹約、控えめさ、被災地をめぐる優しさは一体なんなんだ、と驚異の目で見ているだろう。

なんじゃこれ、とびっくりするほど、最高権威者の低姿勢である。

この姿勢が、浮力となって、日本民族全体を押し上げている。

ドテルテもトランプも天皇に会いに来る。領土問題を解決すれば、プーチンも会いに来る

正恩は? もともと親戚かもよ。

科学主義陣営(中身は偽ユダヤの財閥連中)の権威が夜郎自大になって情緒というものを失って、迷走してしまっているのだ。

われわれの住む場所は期待と情緒の両立した精神世界だ。

ガツガツばかりしておれば嫌われるに決まっているだろう。

・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


同じく より

上記文抜粋
・・・・・・・
どうでもいいのですが:井口博士、インは夏を滅ぼした連中ですぞ  


まあ物理の方なのでこんがらがっているようです。

(われわれが素粒子の記事を書いてるようなものかも)

また青銅器に関して、ヤンシャオと周とインがごっちゃになっております。


人食いをしていたのは多分インでだから妊婦の腹を割いての像がインになったようです。


ただ人食いは神事であって、必ずしもその後の孔子が、弟子が塩漬けにされて喰われたので、人肉を食うのはもうやめよう、と
いった状況とは違うようです。

犠牲者は羌族がおもで、その部族を主に犠牲のための生き物としょて狩っていたようです。

(おとなしかったそうでネオコンとその手下のタコ坊主に狩られる日本民族のようなものだ。)

青銅器対石器の優位さを悪用して人狩りをしていた、今の西欧文明そっくりの連中です。


鉄砲の次は大砲、


大砲の次は核兵器。


核兵器を握られてもう奪えんわ、


となったのが西欧没落の理由です。



ヒラリーが人権をかざして、人を食うように、インは呪いや神への捧げ物と称して

人肉を食っていた

それで、

ええ加減にせえよ、となって

周連合軍(羌族出身の太公望が軍師)に滅ぼされた

核兵器をバックにイスラム人を貪り食っっている、英米と同じです

今、ユーラシアに逆包囲されて、アメリカ大陸に押し込められようとしています

(今は行動の抽象度が上がって、直接食いませんが、爆弾でバラバラにしてカネと資源を貪る)

こういうことで、イン=人食いは周によって否定された。

英米も、人食い(帝国主義)が天才軍師プーチンによって否定されるんであります

こうして、文明の階段を一段上がる。

ところで、1万年以上昔から、人食いをしない民族がいるのです

日本民族です。

(インや春秋戦国時代の中国の人食いは飢えの結果の人食いではありません。このことがものすごく違うことです。飢え人食いは日本にもあった。動物としてやむをえないところ。文化行為としての人食いは日本には存在しません。)



・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


>期待、が我々の行動決定の一つの原理で、それには富、幸福、病気、犯罪からの自由がある
>要するに、飢えずに楽しく暮らせるというのが基礎理念でそれが人権思想だ。(のはずだった)

>人権が方便になった。これで、過去の王族が供給できてきた幸福、秩序よりも質の低いものになってしまったのだ。偽ユダヤどもの供給する、幸福の質が著しく悪化した。
>西欧文明を、崇め奉る理由がなくなったのである。


簡単に言えば、まさにそれですは。

喰えて安心して暮らせたら、別に天皇が居ても、米軍が沖縄に居座っても、阿呆がテレビで叫んでも、問題ないのです。

それができないので、覇権は壊れ、社会が破たんしているし・・・


>ヒラリーが人権をかざして、人を食うように、インは呪いや神への捧げ物と称して
>人肉を食っていた
>それで、
>ええ加減にせえよ、となって
>周連合軍(羌族出身の太公望が軍師)に滅ぼされた
>核兵器をバックにイスラム人を貪り食っっている、英米と同じです
>今、ユーラシアに逆包囲されて、アメリカ大陸に押し込められようとしています
>(今は行動の抽象度が上がって、直接食いませんが、爆弾でバラバラにしてカネと資源を貪る)
>こういうことで、イン=人食いは周によって否定された。
>英米も、人食い(帝国主義)が天才軍師プーチンによって否定されるんであります
>こうして、文明の階段を一段上がる。


然りですよね…



お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR