忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

一体何をしたいのだろうか・・・この国の指導層は・・・きっと食人したいだけか。

京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
稲田辞任表明の翌日、田原総一郎は官邸に呼び出され1時間会食。その夜にアメリカまで届くICBMか。安倍にしかできない事って何だろう?

 日本会議の星、デンデンお気に入りの稲田大臣が辞意表明したのが、7月27日。

どうも、このころ、「朝ナマ」司会者、田原総一郎の書簡がデンデンの手に渡っており、翌日、昼に、官邸に呼び出された。

そこで、田原氏曰く、「政治生命をかけた冒険」で、「日本では、安倍晋三にしかできないこと」を提言した。

 これに、デンデンは前向きに答えたので、「そのうち、みなさんにもわかる」と。

で、その夜のことでしたね。

 北の金正恩が、深夜にICBMを打ち上げ、官邸に、菅さんが駆け足で入ってきた。

翌日は、これまでに無い早さで、日本のメディアは、打ち上げ映像を流し始めた。

 アメリカも完全に北のミサイルの射程圏内に入った、と海上自衛隊のOBがいうだけでなく、アメリカ側もそう言い出した。

 「北朝鮮をこのままにして置いては、ダメじゃないか」 

 これが、日本国内のみならず、アメリカ国内むけにも、トランプが呼びかけて、ちゃんと北問題を解決しよう、となった。

 で、とりあえずは、4月の米中首脳会談以来の中国が、この問題解決する(表の政治的)メインプレーヤーなので、「中国、おまえなんとかせよ」とか、「中国は、全然、動いてくれない」とのツィートが続いた。

 北の裏側に、日本(満州亡霊)も、イスラエルも、アメリカ(CIA)も、中国(瀋陽軍区)もいることを十分に知った上でのことだ。

で、田原は翌日もテレビにでて、今回の安倍・田原の内容を訊かれると、

 ・民進党も共産党も賛成をする。

 ・内政か外交か は言えない。

 ・北への電撃訪問なら、すでに、官僚たちが考えている。



で、考えます。 田原氏は、もう、安倍内閣は持たない、と十分に知った上で、

 「政治的冒険」で、「安倍晋三にしかできないこと」を提言したと。

さて、デンデンにしかできないことは何でしょう。しかも、「日本では」とも言っていました。

 今の世界情勢を視てのことでしょう。

 最初に浮かんだのは、北朝鮮訪問ですが、これではないとすると・・・

①世界中から、戦争屋の撤去(満州亡霊の排除)の視点で言うと、

  日本国内の日本会議を解体し、中国(習近平)と共同で、北朝鮮問題にあたり、6カ国会議を、主宰する。場所は、香港、台北、ブルネイか。

 …田原氏は、もう憲法改正はとてもできないと、このとき発言しています。元々、田原氏は、安倍本人から昨年秋に(9月末か10月)に、「アメリカから、集団的自衛権が国会で通ったから、もう変える必要ないと言われている」と今年になって指摘していました。

②アベノミクスを、さらに、世界を対象に直接広げる。

 日本国内では、ごく一部の人間の財布を潤わせましたが、全く効果が有りませんでした。これを拡大し、東アジアに平和構築と環境改善のための新たな基金をつくり、そこから、どんどん、日本製品、日本の技術を買って貰い、日本に来て貰う。北朝鮮や、極東ロシア、中央アジア、ASEAN、島嶼地域。

③領土的係争地域(尖閣、南シナ海、竹島、北方四島)の中立化を自ら先に宣言し、そこを関税フリーで金融と貿易の自由区にする。その管理機能(警察・裁判・環境対策)は沖縄におき、米軍は徐々に兵員を減らす。

 これと合わせて、日米安保の解消期限を宣言する。

④「アンダーコントロール」がウソであったことを、正式に認める。

 同時に、日本の原発政策を改める。

 これは、2020オリンピックの見直し、返上にも繋がる。

どれも、これまで、北を悪魔の国とし、中国のプレゼンスを削る、といったこれまでに大方針から、全部、外れたり、逆方向にすすむものです。 

 あと、目先の事ですが、安倍晋三にしかできないことは、もう、一つあります。こっちは、安倍晋三政権の延命には成りますが、 世界全体で視たら、どうなのか? それが

 愛媛の加計学園の中止  です。

まあ、こんな話題を提供する事になったのですから、安倍の政策自体が、自分にとっても命取りだったのです。

 これまでの4年半は、一体何だったのか、ということですね。4年前と大きく違うのは、

対外的には、 ISISを創り出した、新自由主義グローバリズムに巣食っていた戦争屋(猟奇的エリート)が退治され、宗教については2年前から「和解(法王フランシスコ)」が始まっていること。

対内的には、 この5月後半から、日本の政治で「安倍一強」が剥がれ墜ちるように終わって、日本の検察が、ヒラメから脱して、まともに動き出している(私はそう信じたいが・・・)こと。

そして、最後に、

 もし、デンデンが、日本国憲法を変えるという、これまでの姿勢ではなく、

 「これこそが、今の人類の宝である。だから、各国も見習え」といいだしたら、コシ抜かすほど驚き、それこそ政治生命がどうなるか、日本国内はしっちゃかめっちゃかになり、民進・共産は大喜びだけど。

で、どうなるか?

まあ、田原氏いわく、もうまもなく分かるとのこと。

 待ちましょう。それが、安倍本人にとって、自民党にとって、「起死回生」になるかどうか、楽しみです。

・・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


一体この国の指導層は何がしたいのだろうか・・・

アベノミクスは詐欺だった。

放射能禍を放置して、国力は奈落に落ちていく。

若者は、そもそも放射能以前に経済難で次代を作れない。


きっと売国奴がこの国を仕切っているのだろう。

神戸だいすき   より

上記文抜粋
・・・・・・・・
この神話は実は、天武朝において、隠されたのです。
神話編纂のときに、消された過去の一つです。

天智天皇は、中大兄といい、正しく斉明天皇の子どもですが、大海人皇子は、どうやら、違う渡来人ですね。
天智天皇の後継者を殺し、天皇になっています。
しばらく、天武系の天皇が続き、天平・奈良時代を構成しますが、聖武帝の娘の代で終わり。
以後、天武系の天皇は出ていません。

天武系の繁栄も100年でした。

その後、都は平安京に移る。まあ・・・エルサレムだけど。
どっちみち、天皇家は渡来系か・・・

岸一派の繁栄も、100年程度じゃないかね。
安倍家には子孫が無く、加計も、一人だけ。家が終わる。

今、この人たちの陰で、82億を好き放題使っている誰か、あるいは、多くの人々が、安倍政権を支えているのね。

それぞれが、自分の利権にしがみついているから、安倍政権は盤石なんだ。

さて、神戸市は秋の選挙で、ついに日本人が盤石になるでしょうか?
それができたら、よそも、希望が持てるかと思う。

・・・・・・中略・・・・

1. 滝山 善一 2017年08月01日 11:19

3 神戸だいすき様、お世話になります。
情報源は、シャンティフーラの時事ブログからですが、
「加計学園の闇の正体は」、新規に建設する校舎の地下に研究実験設備を作ってそこで、現代の731部隊を再現しようとしているのです。
ここからは、私の妄想ですが、
次の天皇陛下が統治する「新日本国」において、国軍化した自衛隊が戦争で使う、生物化学兵器を作ろうというわけですよ。
構内には、実験動物も沢山飼われていることですし、そのあと人体実験もやるでしょう、拘束済みの政治犯や、身体障害者、後期高齢者でも使うつもりだったのでは?。
1975年までは、祖父石垣純二の指揮下で国を守る裏仕事に朝鮮派閥も協力してくれていたのですが、今は見る影もなく「国を守る倫理観念」を捨ててしまって、
悪魔の呪文の「日本人を殺せのスローガン」に率いられているようです。
それと、加計孝太郎には息子が居てこいつのために準備しているのが「家計(加計)学園、」何だとさ。


2. 滝山 善一 2017年08月01日 11:49

3 折角ですけども、自衛隊の悲劇、今後も繰り返されるでしょう。
2022年から2023年に発生濃厚な中国軍と自衛隊との戦、もしも米、露の了解なくば、ぼろ負けに負けるでしょう。何せ相手は、こちらの電子兵装を無力化出来ます。
この間、衝突事故を起こされて醜態をさらした、米軍のイージス艦も勝ち目がないことを証明しました。
これは、予想のつく範囲の話ですから、中国軍の新兵器には、自衛隊単独ではまるで、戦にならんのです。
・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


天皇も、「あっち側」すなわち「同朋を平気で殺せる人非人の側」の可能性大。


いっそ、日本は国を一度やめるか・・・やめないと立ち上がれない・・かも

楚は三戸になって、秦を滅ぼす。

と戦国楚が、秦に滅ぼされたので、そう自分たちで言っていて、それを成し遂げた・・。

もっと歴史がある日本が真っ当に自立できないはずがない・・・


徽宗皇帝のブログ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・

戦争に負けることの意味
孔徳秋水氏のブログの一節である。
他の部分は私の賛同できないことも書かれているので、自分の思想にとって都合のいい部分だけ引用するわけだwww まあ、文章が行開けで書かれているためネット的な意味で字数が多いということもある。

「国破れて山河あり」というが、実は、国は戦争に負けても、人民は大半が生き残る。戦争で死ぬのは兵士たちと、地元が戦場になった人たちだけだ。戦地から遠くに住む人々(銃後の人々)は、生活は苦しくはなるだろうが生命は無事である。戦後の貧困は免れないとしても、生き延びることはできる。
下の記事に書かれているのは「戦争は政治家と上級国民の利害で行うものだ」ということであり、戦争が一般国民の利益になることはまったく無いが、同時に、たとえ戦争で負けても、国民が皆殺しになるわけでも奴隷扱いされるわけでもない、ということだ。まあ、「奴隷扱い」を精神的な意味に取れば、戦後の日本国民は米国の奴隷だったかもしれないが、「満足すべき待遇の奴隷」だったのではないか。

繰り返すが、戦争は上級国民の生活向上あるいは生活や身分の防衛のためにやるものであるし、それは歴史上ほとんどすべての戦争においてそうだった、と考えるべきだろう。そして、戦争で負けることは、一般国民が皆殺しになることではない。「戦争において」、国民は死ぬのであり、「負けることによって」死ぬのではない。むしろ、負けることによって命が助かるとすら言える。日本国民は戦争を継続していた間大量に死に続けていたが、日本が敗戦を受け入れることによって、死ぬことが止んだのだ。
つまり、あの時、国民にとって敗戦(きれいごと的に言えば終戦)は慶賀すべきことだったのだ。
であるならば、最初からすべての戦争を放棄する、という日本国憲法9条こそが最高の憲法規定である、というのが一般国民にとっての「正解」ではないか。そうでないという理屈を「戦争肯定論者」は出せるだろうか。

一般国民を「戦争は国民にとって利益である」という飴で動かし、「この戦争に負けたらとんでもなく悲惨な目に遭うぞ」という鞭で動かすのが上級国民の手口であり、それに協力するのが、現代では教育とマスコミだ。



(以下引用)



『三国志」の赤壁の戦いで、呉の国は賛否両論に分かれたが、周瑜が断乎開戦の意を表して決戦と決まった件がある。



周瑜が何を考えたかといえば、曹操の魏に下れば孫権一族は無事ではいられないか、相当に落ちぶれてしまうことが必定ということである。国中の家臣が講和を唱えるのは、自分たちに「再就職」の目があるからだと見抜いたからである。



ひとたび決戦となれば家臣たちも「再就職」など覚束ない。覚悟を決めて戦うしかないわけなのだ。



中国だろうと、日本だろうと、国が滅びても「家畜」に等しい人民は殺されない。むしろ、大事にされることすら珍しくなかった。



また人民を味方にできなければ戦争にも勝てない。



マッカーサーがフィリピンなどを取り戻せたのも、人民が必ずしも日本に服従していなかったからである。



これが沖縄となると、制空権も制海権も取っているにも関わらず米軍の損害が増大した。



これが日本本土に近づくほど、ますます戦力も尽きている相手に損害を増やしたのだった。




中国共産党も、べトコンも、人民を味方にしてゲリラ戦で戦った。






中国共産党は大陸を支配し、ベトコンは米軍を斥けた。





「国」が、ほとんど滅びているに等しい状態で、なぜ彼らが勝ち、アメリカなどが負けたのか。



それゆえ、蒙古が中国を支配して、蒙古方式を強要したものの、だんだん中国の文化に蒙古の方が順応するようになってしまった。




つまり、「国」というのは、その地域の徴税権と徴兵権を握っている特権階級のことにすぎず、人民は選挙で新しい支配者を受け入れるがごとくに戦争で勝った新しい支配層にしたがったのである。



したがって、「国」など守ろうが守るまいが、人民にとってはどうでもよい。





そこに独占的権益を得て”甘い汁”を吸おうという薄汚い連中が”国のかたち”などと言うのである。



人民は、騙されてはならぬ。



「金融ユダヤ」と結託したとされ、国を盗んだ薩長は、「国作り」と称して人民を扇動したが、支配が固まると賊軍扱いして、真っ先に切り捨てた。


だいたい先の大戦でも、国土がボロボロになっているのに、薩長財閥は空前のぼろ儲け。


こいつらが「愛国」であるなら、財産を使い果たして自分たちもボロボロになっていたはず。


自分の儲けのために国土を焼け野原にして平気だった連中を「保守本流」などとしてもちあげ、引き続き政治家や大臣にしている日本国民は、バカ以外のなにものでもあるまい。


彼らの薄汚い根性が、戦後70年を経てもまるきし変わっていないことは、ずっとだれの目にも明らかなことであろう?


・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


糞みたいな国は天皇ごと作り直そう。無用なら天皇も処分。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

PR