忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

マスコミに洗脳されるオバカ日本人は死にます・・・。庶民は国家神道でも天皇教でもなく、まずは電通真理教でした。

シャンティ・フーラ より

上記文抜粋
・・・・・・・・
安倍政権と一体となって、日本を“戦争が出来る国”へと誘導する電通 〜政権批判の防波堤の役割を担う昭恵夫人〜


竹下雅敏氏からの情報です。
 記事では、IOC総会での最終プレゼンの「おもてなし」や、「アンダーコントロール」発言も、全て電通のシナリオだと書かれています。そして、“電通の政治的影響は、もはや、一企業の力を越えている”とあります。
 引用元では、電通は自民党と組んで、舛添要一の後任に乙武氏を据える計画だったとあります。“五輪を始め、サッカーW杯や世界陸上、世界水泳など、スポーツ界のビッグイベントの利権のほぼ全てを牛耳っている電通”は、乙武氏を担ぎ上げることで、障害者競技ブームを作り、一儲けしようとしていたようです。要するに電通は、政界に対しても大きな影響力を持っているということなのです。
 また電通は、“率先して自民党にネット戦略を提案していた”とのことで、自民党は専門の業者に依頼して、様々なネット工作、そして世論の誘導を行っているようです。そうしたネット工作を担当するIT企業を自民党側で束ねていたのは、“電通出身の自民党ネットメディア局長・平井議員”だということです。
 電通が今や安倍政権と一体となって、日本を“戦争が出来る国”へと誘導しているということがよくわかります。
 安倍首相の昭恵夫人は、元電通社員です。これらの情報を知った上で、下のツイートにあるポスター画像をご覧下さい。首相官邸を激怒させたというものです。“Facebookでの拡散ぶりに動揺したファーストレディ安倍昭恵が北村情報官や世耕副長官に相談した”とあります。
 このことは、昭恵夫人の家庭内野党というのが単なるキャッチフレーズで、実は完全に体制側の人間だということを示すものです。彼女は、政権批判の防波堤の役割を自覚して行っていると思っているのですが、まずそれが間違いないことだとわかると思います。

五輪から選挙まで…電通の安倍政治への黒い関与を現役社員が暴露!「電通は乙武を都知事にする計画だった」
引用元) リテラ 16/6/26



電通の巨大な政治的影響力を暴露するスクープインタビューを、先日、インターネット報道メディア「IWJ」が公開した。

(中略) 

 2013年、ブエノスアイレスで開かれたIOC総会での最終プレゼンでのこと。例の滝川クリステルの「おもてなし」や、他でもない、安倍首相が高らかに宣言した「アンダーコントロール」発言について、「こうしたプレゼンテーションを考えるのは?」という岩上氏の質問に対し、中村氏はこう語っている。
「すべて電通です。(中略)誰が何をしゃべる、というシナリオも」

(中略) 

 東電が莫大な予算を武器に、電通や博報堂を通して“原発広告”を乱れ打ちしていたのは周知の通りだが、なんと、あの「アンダーコントロール」なる世紀の大ウソを安倍首相に言わせたのも電通だったとは……。

(中略) 

電通の政治的影響は、もはや、一企業の力を超えていると認識せざるをえない。
 事実、近年の自民党の選挙は、電通なしではなりたたないものだ。電通は長きにわたり自民党の選挙広報をほぼ独占状態で引き受けてきたが、

(中略) 

小泉純一郎の「自民党をぶっ壊す」「聖域なき構造改革」などのワンフレーズ・ポリティクスも、電通トップが小泉に直接助言したものだと言われる。

(中略) 

自民党と二人三脚の関係にある電通は、選挙戦略などを通じて、いまや国民を“洗脳”できるほどの力をもっている。

(以下略、続きは引用元でご覧下さい)


・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


電通真理教国家の日本の庶民。

オウム同様に、使い捨てにされて、彼らがサリンを撒かされたように、日本人は放射能をまき散らしている。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR