忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[8074]  [8073]  [8072]  [8071]  [8070]  [8069]  [8068]  [8067]  [8066]  [8065]  [8064
<<09 * 10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  11>>
DEEPLY JAPAN  より

上記文抜粋
・・・・・・・・
■ なんで日本なのよ

で、そこで日本なわけですよ。私の個人的な考えとしては、戦後の日本はこんなところで「ナチ組」に入れられる謂れなんかねーよ、と言いたいものがある。

が、しかし、結局のところ、上で書いた、後にCIAとなるチームにマークされていた人たちが日本の戦後社会の中枢にいたということが、なんてかこう、わけても問題だったって感じなんでしょうね。まぁ岸であり、そして、反共を旗印にしていたグループ、つまり勝共なんちゃらという名前で動いていたユニット。そして、おそらくある種の宗教団体もこの仲間だったっつーことなんでしょう。

で、他の国のことはいいとして、この反共グループ、勝共グループを無制限に放置した(または政治的に利用し、し続けた)ことによって、日本にはかなり深刻な問題が残されてるよな、とか私は思ってる。思いつくまま書いてみる。

まず、日本会議の話の頃も書いたけど、日本の中に世界史的、国際政治的にフィットできないおかしな思い込みが残されている。

それは、「ドイツ、日本を倒す時には反ファシズムのスローガンを使い、それが達成されると、ソ連が邪魔なので反共スローガンを使った」、いわば二枚舌のアメリカの行動を、反ファシズムは共産主義者と懇意だったルーズベルトの誤りで、本当は反共こそ正しかったのだ、とか読むこと。

反知性主義より性質が悪いと思う

日本会議系の人たちは完全にこれだし、少なからぬ自民党の議員って多分結構本気でこう思ってると思う。そして、その結果として、だから日本とアメリカは本当は一緒なのだ、みたいに思考が流れる。この間考えた、麻生さんなんかの「素」でヒトラーを持ちあげたくなる心性などは、この土壌の故だと思う。

いやそれ、歴史的な事実関係として正しくないし、大半の一般アメリカ人はそんなこと思ってないですから、とか私はしばしば思うのだが、もう頭っから信じてるから彼らの脳みそをクリーンナップするのは多分不可能かもって感じがする。

2つめ。反共こそ本筋なのだと思いなすことによって、反射的にファシズムを持ちあげる傾向が顕著にある。

ドイツの歴史の中で書きましたが、ファシズムも共産主義も、どちらも社会民主主義的なアプローチでは解決できん、というところを出発点にした過激派なのに、にもかかわらず、日本では世の中にはこれしかないかのような論の立て方が冷戦期に確立してしまったのは実に不幸なこと。

混乱を無視して進むドイツ流



3つ目はその余波。これによるネガティブな効果は、socialとかliberalなものを少なくともポジティブに取り込む土壌をついに作り出せなかった、あるいは作ったが崩壊しつつあるいうことかと思う。

この点については多分、ファシズムとの究極の比較でいえば、まだコミューンだろうが社会だろうが複数の人が一緒に生きましょうというアイデアが残る共産主義の方が若干ましかもしれない。少なくとも近代フレームに乗ってるし。ファシズムはリベラルデモクラシーそのものを呪って、実際には資本家の支援を受けながら、煽りとしてはなにか古代めいたロマンティシズムで人々の結合を図ろうとするなど、劇画っぽく、場当たり的なところが特徴(所詮は戦争モードに国民を追い立てるための作戦ですから)。

で、「人権など左翼の戯言」的な理解がマジでまかり通っているのが日本社会なわけですが、これはこの不毛な対立が生み出した鬼子のようなものかもしれないなとか思う。

生活保護不正受給問題などもこの例かも。少しでも国家、公共、社会が関与するようなものはみんな社会主義、共産主義だ、に見えてしまう人が、どうも本当にいるようだ。社会を安定的に発展させるためにも、あるいは、困窮者を死に追いやらずに社会を運営するには、といった発想すら反共ネタになってしまう土壌は、nationにとって危機だと思う。

また、教育費用と国家の関与の問題を平たく論じることさえできていないというのもこの類型の中にあると思う。

結果として、どうしても社会を論じたくない人たちが行きつく先はリバータリズムかも。個人的には私は好きだが、しかし、この思想は時と場所を選ぶ。都市の公共交通機関を多用して生きるリバータリズムとかねーから、と私は言いたい。


・・・・中略・・・・・

日本人のクリーンナップは? (蔵権)
2017-09-19 12:36:33
相変わらず素晴らしい洞察力ですね。日本人でこれに気が付いている人は0.01%くらい?
おかしいことに気が付いていても、左翼も右翼も別の方向に誘導されてますよね。

>日本の中に世界史的、国際政治的にフィットできないおかしな思い込みが残されている。

これ、解ってて、デマゴギー流してる出所があるのだろうけど、嘘に嘘を塗り重ねても、最後は絶対持たないことが目に見えている。で、デマゴギーのバブルが破裂しそうになったときに、日本がどうなるかが本当に心配。

・・・・・中略・・・・・

2017-09-19 15:41:44
蔵権さん、

ども。そこなんですよ。言語鎖国してても無理がありすぎ。そして、最後の方に書いたように国内の問題を仕切れなくなっていることが非常に困ったことだと思うわけです。ヘイトにかかずらっている間に、慈悲というかコンパッションというか同情というか、共同体の人間としての共通の価値みたいなのが壊されていると思うんです。ファシズムは所詮は戦争用のモデルだとの理解が遅すぎ。


・・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり

>ヘイトにかかずらっている間に、慈悲というかコンパッションというか同情というか、共同体の人間としての共通の価値みたいなのが壊されていると思うんです。

そう思う。


ネオコン思想が壊そうとしているのは、日本人の和。

あるいは日本会議は本気で日本人皆殺し集団と断定すべき。


死にたくなければ、統一教会と日本会議を抹殺すべきだ日本人。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
『ブラックカースト制社会』
以前『日本インド計画』と言うコマーシャルがあったけど『道の真ん中で人間の死体が犬に喰われる自由な国』を目指す『ブラックカースト制社会』が理想なのだろ!
ローレライ 2017/09/21(Thu)09:39 編集
Re:『ブラックカースト制社会』
>以前『日本インド計画』と言うコマーシャルがあったけど『道の真ん中で人間の死体が犬に喰われる自由な国』を目指す『ブラックカースト制社会』が理想なのだろ!


同感


書き込みありがとうございます。
忠武飛龍 【2017/09/21】
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved