忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[7465]  [7464]  [7463]  [7462]  [7461]  [7460]  [7459]  [7458]  [7457]  [7456]  [7455
<<09 * 10/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  11>>
新ベンチャー革命 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・

籠池氏の証人喚問にて、日本に巣食う政官財の親米似非右翼・悪徳ペンタゴン日本人の売国性がはしなくも露呈した:安倍自民支持者は覚醒すべき

1.籠池氏の証人喚問にて、日本の政官財に巣食う悪徳ペンタゴン日本人の正体が国民に垣間見えてきた

 今日、2017年3月23日、大阪の軍国小学校の経営者・籠池氏が国会で証人喚問されました。籠池氏の証言の多くは、すでに同氏がマスコミに語っているものばかりでしたが、それを国会の場で公言しましたので、話に真実味が出てきたと同時に、公開した証言に対する責任が籠池氏の肩に重くのしかかりました。もう、テレビに向かって放言するレベルの話ではなくなりました。

 政府は、この証言をもう放言として無視できなくなっています。名前を出された人は、反論があれば、国会で反論する必要が生じています。

 籠池氏の証言は公式に記録されますので、反論したい人は公の場で反論する必要があります。

 籠池氏の証言でみえてきたのは、安倍氏を筆頭に、日本の政官財に巣食う悪徳ペンタゴン日本人の正体が露呈したことです。

 さて、本ブログは、戦後日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、米戦争屋は日本国民に対してステルス化しており、彼らは日本の政官財に巣食う悪徳ペンタゴン日本人勢力を懐柔して、対日支配を実行しています。

なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。

ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。

2.悪徳ペンタゴン日本人には親米似非右翼が多い

 本ブログでは、上記、悪徳ペンタゴン日本人を以下のように定義しています。なお、日本を乗っ取る米戦争屋と悪徳ペンタゴン日本人の関係は、本ブログNo.1560をご覧ください。

さて、本ブログの定義する悪徳ペンタゴン日本人勢力の悪徳ペンタゴンとは元・早稲田大教授・植草一秀氏の造語です。悪徳ペンタゴン勢力とは、日本に蠢く一部の(1)政治家、(2)官僚、(3)マスコミ人、(4)財界人を指し、日本国民の利益より、米国寡頭勢力のうち、特に、日本を闇支配する旧・米戦争屋の利益(私益)を優先する(あるいは優先させられる)買弁家的日本人、および(5)旧・米戦争屋系ジャパンハンドラー(買弁日本人をコントロールする戦争屋系米国人)を指します。

 この悪徳ペンタゴン日本人の中の右翼的思想の持ち主が、安倍氏、JR東海の葛西氏、富士フイルムの古森氏などであり、互いに連携を取っているのです。

 彼らは、マスコミ支配を重要視する旧・米戦争屋を真似て、NHKを含む日本のマスコミを支配したがるわけです。

 さらに日本には、読売のナベツネのように、旧・米戦争屋のリエゾン(注1)を自認する財界人もいます。ここまで来ると、ナベツネは日本国民よりも、また天皇よりも旧・米戦争屋の意向を露骨に優先するわけです。つまり自分が売国奴であることをまったく恥じないのです。

3.なぜ、悪徳ペンタゴン日本人の中の右翼が日本でのさばったのか

 日本の右翼は戦前、反米右翼だったのですが、その流れを汲む戦後の右翼は、右翼的思想を維持しつつ、旧・米戦争屋に睨まれないよう、巧妙に親米化(親・旧・米戦争屋)右翼に転向しています。そこで、本ブログでは彼らを親米似非右翼と呼んでいます。

 日本を乗っ取ってきた旧・米戦争屋CIAネオコンは、日本に巣食う親米似非右翼の正体をとっくに見破っていますが、安倍氏など親米似非右翼を弾圧せず、逆に利用しているのです、なぜなら、戦前日本の反米右翼に対して、米戦争屋も一目置いているからです。そして日本を闇支配してきた旧・米戦争屋は、戦前日本が、カミカゼ特攻隊をつくったことに注目しています。カミカゼ特攻隊は、旧・米戦争屋が理想とする兵士像(人間ロボット)なのです。

 戦後、米戦争屋CIAネオコンはイスラム過激派を洗脳して、カミカゼ特攻隊と同様の自爆テロリストの養成に成功しています。たとえば、イスラム国(IS)組織にCIAネオコン・エージェントが潜入して、だまされて組織に参加したイスラム教徒の若者を洗脳して自爆テロ(欧米ではカミカゼ・アタックと呼ばれる)をやらせるわけです。このノウハウは日本赤軍の研究から生まれた側面があります(注2)。

 戦後日本を乗っ取って、日本人を米軍傭兵として利用したい米戦争屋CIAネオコンは、日本の安保や憲法を改悪させたり、共謀罪法案(米国の愛国者法と同じ)をつくらせていますが、その狙いは、戦後日本人を洗脳して、再び、カミカゼ特攻隊の自爆テロ兵士を日本で大量生産することです。そして、米戦争屋CIAネオコンは、大量生産したカミカゼ日本人を米軍傭兵としてフルに利用したいのです。

 上記、米戦争屋CIAネオコンから命を受けた安倍氏は政官財の悪徳ペンタゴン日本人勢力とともに、カミカゼ日本人(ロボット兵士)を大量生産する教育システムを復活させようとしています。そして民主主義教育を受けた戦後の日本人の洗脳のための仕掛けとして、戦前型教育の復活に加えて、伝統的な日本の宗教をその教育に組み込んで偽装的化粧を施しているのです。籠池小学校は、まざに、そのような偽装的化粧を施した小学校のモデルだったのです。

 ところが、この学校をつくるのに、安倍氏一派は図に乗って違法行為に走ったのですが、好事魔多しで、豊中市議の努力によって、それがばれてしまったということです(注3)。

 籠池小学校開設を巡る数々の違法行為や不正がばれて、その結果、安倍氏を筆頭とする親米似非右翼の正体が芋づる式に、日本国民にばれてしまったのです。

 彼ら親米似非右翼は、自分たちの行為が、旧・米戦争屋CIAネオコンを利するものの、日本国民の利益にならないと知っているのです。要するに、安倍氏を筆頭とする親米似非右翼は、ズバリ、愛国右翼を偽装した売国奴の集団なのですが、彼ら自身、自分が売国奴であるとわかってやっています、まさに確信犯なのです。だからこそ、安倍氏はトカゲの尻尾きりで籠池氏を裏切り、自分の正体を隠そうとするわけです。いまだに安倍自民党を支持しているお人好し国民はすっかり彼らにだまされています。

 今回の事件は、安倍自民にすっかりだまされていたお人好し国民を覚醒させるには最適に事件なのです。

 さらに言えば、旧・米戦争屋ボス・デビッドRFの死去で、米国では新・米戦争屋の時代に移行しています(注4)。したがって、これまで、旧・米戦争屋の支配下の日本でのさばってきた安倍一派が今後も日本でデカい面ができるかどうかはまったく不透明です。

・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


スプートニク より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
[Sputnik]なぜ日本人は反テロ法に横断幕を持って街頭に出るまで反対するのか? 〜完全支配のために引き起こされるテロ〜


竹下雅敏氏からの情報です。
 記事では、テロの脅威が高くなると、“人々は…自分たちの自由を制限するような措置も受け入れる”とあります。イルミナティの内部告発者であったジョン・トッドは、9.11テロが起きて愛国者法が作られる10年以上も前から、国家が人々の自由を剥奪するために、大きなテロ行為を起こすと言っていました。
 多くの人が理解していないのが、このようなテロのほとんどが国家によって引き起こされていることです。アメリカで起きたテロのほとんどすべてが、政府による自作自演でした。人々から銃を取り上げるためには、支配層は平気でこのような悪事を働きます。
 最終的に戒厳令を敷くような大規模な自作自演テロを引き起こし、混乱に乗じて、予めリストアップしていた政権に批判的な人々を殺戮します。こうした、意図的に計画された革命を通して、人々を完全支配する計画なのです。
要するに、サイコパスな支配層が望むのは、北朝鮮や、かつてのサダム・フセインが統治していた頃のイラクではないかと思えます。支配者へのジョークで死刑になるような国です。
 その邪悪なサダム・フセインのイラクは、強大なアメリカによって滅ぼされてしまいました。イラクの人々は、今のアメリカの支配よりも、サダム・フセインの当時の方がずっとマシだったと言うのです。
 私たちは支配層の言う自由とか、自由の国という言葉には、よほど警戒しなければならないということがわかります。
(竹下雅敏)


・・・・・・・中略・・・・・

なぜ日本人は反テロ法に横断幕を持って街頭に出るまで反対するのか?
転載元) Sputnik 17/3/23
タチヤナ フロニ 

21日、東京の総理大臣官邸前で「テロ等準備罪」を新設する法案が閣議決定されたことに反対する抗議行動が行われた。NHKの報道によれば、この抗議行動には、およそ300人が参加した。人々は手に「共謀罪の新設反対」と書かれた横断幕を持ち「閣議決定、絶対反対」のスローガンを口々に叫んだ。 

スプートニク日本 

安倍内閣は、テロ組織を含む暴徒集団の犯罪の準備及び実行について知る人すべてを対象にする法律案を承認した。これに対し、抗議行動に参加した海渡雄一(かいどゆういち)弁護士は「法律が成立すると一般市民も監視され、犯罪行為をしていないのに処罰されるおそれがある」として「このような集会も取り締まることが可能になる。絶対に廃案にすべきだ」と訴えた。

なぜ日本の市民は、このように不安がるのか? 国内テロの脅威という観点から見れば、日本は、厳しい移民関連法や国内の治安レベルの高さのおかげで、かなり平穏な国である。

スプートニク日本のタチヤナ・フロニ記者は、テロリズムとの戦いのプロとして豊かな経験を持ち、現在ロシアの反テロ特務部隊「アリファ」の元隊員達で作る国際組織の副責任者を務めるアレクセイ・フィラトフ氏に意見を求めた。氏は、日本市民の不安について、次のように説明した-

「日本では、テロ行為の準備や共謀、あるいはテロ犯罪を適切な時に事前に通報すると言った概念が、あまりに薄く、それを踏み越えるのは大変容易だ。多分人々は、法案が採択されれば、無実の囚人が一人あらわれるくらいでは済まない、大きな害がもたらされる恐れがあると見ているのだろう。 なぜなら、無実の人間の運命が損なわれるほどひどい事はなく、実際テロを起こしたような刑期になるからだ。」

このように指摘したフィラトフ氏は「ただしテロの脅威は、国によって異なるので、テロリズムを罰する規範は、世界で一つではありえない」とし、さらに次のように続けた-

「日本のようにテロの脅威が少ない国々では、恐らく人々は、よりリベラルであり無実の罪で罰せられるなど許さないと考える傾向が強くなるに違いない。一方テロの脅威がもっと高い国々では、人々はまず、安全を優先して、自分達の自由を制限するような措置も受け入れる。人々が、民主主義や自由を分かちあう用意があるというのは、テロリストが商店あるいは劇場などを襲撃しない平穏な国だからだ。」

日本の戦後の歴史において、深刻なテロ事件が起きたのは、1995年3月のことで宗教的過激派グループ、オウム真理教徒らによる地下鉄サリン事件である。このテロ事件により12人が亡くなり、1千人以上が病院で治療を受けた。その後日本は平穏だったが、ここ数年イスラム過激派グループが、米国に忠実な同盟国である日本に対し、テロ攻撃の対象になり得ると何度も警告している。それゆえ、テロ組織「ダーイシュ(イスラム国)」の戦闘員らの捕虜となった日本人2人が2015年に処刑されて以降、日本政府は、国際テロ活動に関する情報を収集するセンターを創設すると発表した。この新しい機関には、中東、北米、東南アジアそして南アジアの4つの部署がある。



・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


産めよ増やせよ大和撫子((旧日本の独立を目指して))) より

上記文抜粋
・・・・・・・・

臓器移植はアメリカの殺人事件と交通事故に負っている狂気の医学:「幼児性愛リング」は臓器売買でないのか  


アメリカ製の、幼児の組織とか細胞を実験用に売ってんですが。。。移植ようにも売っているようです。

開始>
ここ
ヒトの血液 ― 33,500円/約500cc
ヒトの精子 ― 500,000円/標本
ヒトの角膜/眼球 ― 1,500,000円/個
ヒトの腎臓 ― 20,000,000円/個
ヒトの肺 ― 31,200,000円/個
ヒトの肝臓 ― 60,000,000円/個
心臓 ― 99,700,000円/個
終わり>

持続的供給がないと価格はつかない。

価格というのは必ず市場=相場形成装置が必要です

ちなみにこの前亡くなったDRFは6回心臓移植したとかいうネットの噂。
他人からの臓器移植の闇は

アメリカの銃殺人とリンクしていること。だからアメリカへ心臓移植に行くのです

健康人が突然死して、しかも病気でない、というのは交通事故と銃による死亡しかないのです

車は安全装置の普及でどんどん減っていき、今銃による死亡と交通事故は同数

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


年間3万人も銃と車でで死んでいてまあ物凄いこと。



幼児性愛なるものは一体何か?

プーチンはアメリカへの自国民の養子縁組を禁止したようだ

開始>
Putin Bans U.S. Adoption Of Russian Orphans Due To Pedophile Epidemic

アメリカでの小児性愛蔓延のためにロシア人の孤児養子縁組を禁止した

終わり>

このアメリカの悲惨に正面から戦いを挑んでいるのはトランプです。

一方、小児性愛の巣と言われるバチカンの教皇

トランプをキリスト者でないと攻撃し

一方の小児性愛の巣であるグローバリスト陣営のソロスは月給$15000で反トランプ運動家を雇っています

クズが権力の中枢にいることが西欧をボロボロにしているのです

「クズども、もっとやれ、

もっとボロボロになれ、

馬鹿者ども」


と中共やロシアは思っているだろう

一方日本は?

まだ米国のクズが育てて据えたクズの手下のクズとその手下。。親クズ子クズ孫クズが権力の座にしがみついています。

とほほ。。。



・・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり


テロと地震で、「臓器狩り」を安倍政権・戦争屋は狙っているかも・・・

これで、支持率も資金も復活だ!って・・。


もろバレ!だが・・・。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved