忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

ゲームは好きだが、これは正気の沙汰ではない。

シャンティ・フーラ より

上記文抜粋
・・・・・・・・
「ポケモンGO」によってAR(拡張現実)が大衆化、ロシアでは禁止要求 〜自然から切り離された人類の最終形態〜


1本目の動画では、2分50秒までをご覧ください。現在話題になっている「ポケモンGO」がどういうものなのか、分かりやすくまとめられています。「ポケモンGO」によって、AR(拡張現実)が大衆化されそうです。
 記事にあるようにロシアでは、このポケモンGOを「米国の特殊機関がスパイ活動のために開発した」と見なし、禁止を求める動きもあるようです。プーチン政権が心理的影響も踏まえて、ポケモンGOを禁止するかどうか決定するようです。
 一番下の動画では「ポケモンGO」が"トランス・ヒューマニズム(超人間主義)"の一環で、人類を"拡張現実の世界"に繋ぎ留める策略だと指摘しています。「神様の創造物から離れ、サタンが作り上げたファンタジーの世界に繋ぎ留める」という表現がわかり易かったです。3分17秒のところでは、タイム誌の表紙が紹介されていますが、それが意味するところは、2045年までに人類を"拡張現実の世界"にプラグインさせることが出来ると考えているようです。
 こうした世界への推進者としてFacebook創業者のマーク・ザッカーバーグ氏が紹介され、動画では「人類を魂不在のサイバートラップに閉じ込めようとしている」と指摘しています。マーク・ザッカーバーグ氏はそうした偽りの世界において「サイバー神」として崇拝されるのかもしれません。
 自然から切り離された人類の最終形態という感じがします。
(編集長)

いまのうちに知っておきたい「ポケモンGO」2016/07/20
配信元) YouTube 16/7/20



ポケモンGOに米の陰謀論「特殊機関が…」 ロシアで禁止要求も
引用元) 産経ニュース 16/7/21
(前略) 

「ポケモンGO(ゴー)」について、ロシアでは「米国の特殊機関がスパイ活動のために開発した」と見なし、国家の安全保障を揺るがす恐れがある“陰謀”だとして、禁止を求める動きが出ている。

 20日のインタファクス通信によると、ロシア下院の共産党議員は、ポケモンGOが最先端の戦争で米国を利するために使われ、利用者のスマートフォンの撮影情報がスパイに悪用され得ると主張。連邦保安局(FSB)に国内配信を禁止するよう文書で要求した。

(以下略)





ポケモンGO // イルミナティのマトリックス
配信元) YouTube 16/7/21




・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり



私は正味ゲーム好きです。

銭があれば、三国志13や信長の野望創造シリーズや真三国無双7シリーズをやりたいですは・・。


でも通信ゲームや、この手のアプリのは、嫌ですは。

通信ゲームは、それに縛られるし。この手のアプリゲームは、携帯・スマホまでやると、阿呆になりそうで・・ゲームをじっくり楽しむって感じでないし・・。

てなことで、狂ってます・・・



凶器です、狂気ですは・・・・。







お読みくださりありがとうございます。

拍手[1回]

PR