忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

* admin *  * write *

[7143]  [7142]  [7141]  [7140]  [7139]  [7138]  [7137]  [7136]  [7135]  [7134]  [7133
<<10 * 11/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  *  12>>
産めよ増やせよ大和撫子 より

上記文抜粋
・・・・・・

農耕文明の定義が間違っている  

小麦と米の出現を持って農耕の始まりと言いますが

実はこれが

誤りである可能性が高いことが実のなる木を植えてみてわかった。

大陸の草原由来の小麦は利益率50倍、米は200倍ですから確かにすごい


しかし、似たような樹木があるのです


オリーブ、ナツメヤシ、そして栗。さらにイチジク。南米ではジャガイモ

新石器時代で人口が面積に比して少ない時代ではこれでも十分人口を支えうる。

一人十本の高さ20mくらいの栗があると1年支えうる栗を産生する

考古学者は当時の人口と樹木の生産力を基盤にエネルギー収支を計算したことはあるのか?

またこれらの果樹はかなりの昔から、品種改良がなされている

栗、オリーブなどはものすごい量の実をつける。しかも毎年。

地中海の新石器時代ではオリーブと狩猟

日本の栗は栽培種以外のものはないのでないか?

縄文人の部落から広がったのが今の栗でないのか

またオリーブも石器時代のトルコかスペインあたりから広がったのだろう

今砂漠化しているところは皆、鬱蒼とした森だった。

要するに、気候変動もあろうが人間が木を切って燃やしたから砂漠になった。

羊がかじると言うが、それ以上に人間が燃やしてきた

この植栽豊かな日本でも石油石炭の登場前は都市の周りは禿山だった

こういうことを考古学は無視している

人間が煮炊きするエネルギーの量的循環を無視しているのだ

エネルギー収支でなく遺物だけで話を進めるので、ものすごく間違っている。

また古代が貧しくまずいものを食っていたというのも

全くの間違いだ

発酵食品、鍋物、蒸し焼きものは食べ物の中では一番美味い料理だ

アミノ酸に分解されそれが旨味となる

古代世界への解釈、ぜーんぶ間違ってるんじゃないの?



・・・・・・・
・・・・・・・
抜粋終わり


然り。


ていうか、欧米人は略奪至上主義の思想に毒されて、果樹で農耕文明などできないってことですよな。

やはり、強盗に文明は無いのでよな。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[11/23 ナオト]
[11/22 ナオト]
[11/21 ナオト]
[11/21 笑む]
[11/19 ナオト]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
忠武飛龍
性別:
男性
バーコード
P R
忍者アナライズ
忍者カウンター
フリーエリア
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: 子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 } All Rights Reserved