忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

オバマ政権の最後の大仕事=自分の悪事の暴露。

金玉満堂ブログ より

上記文抜粋
・・・・・・・・
アサド政権打倒のためイスイス団結成

米国務長官「アサド政権打倒のためイスイス団結成」
アメリカのケリー国務長官が、「アメリカは、シリアのアサド政権を打倒するためにテロ組織ISISを結成した」との異例の発言を行いました。

英語のインターネットサイト、オフ・ガーディアンによりますと、ケリー長官は、シリアにおけるアメリカの主要な目的がアサド政権の打倒であるとし、「アメリカ政府は、この目的を果たすためにISISの結成を許可した」と語りました。

また、「アメリカは、ISISの結成やこの組織の権力増大により、シリアのアサド大統領にアメリカの望む外交的な解決手段を見出させ、退陣に追い込むことを希望していた」とし、「アメリカは、この2つの目的達成のために、ISISの一部のメンバーを武装化した」と述べています。

さらに、「アメリカ政府は、ISISがいつでもより強大化することを視野に入れていた」とし、「アメリカは、シリア政府がロシアに軍事支援を依頼するとは予想していなかった」としました。

この報告によりますと、シリアの反体制派グループの代表者との会談における、ケリー長官のこの談話の音声ファイルは、これ以前にCNNやアメリカの新聞ニューヨーク・タイムズに公開されていましたが、アメリカのISIS支援に関するおよそ35分間の部分は、アメリカのメディアにより検閲、削除されていました。

なお、内部告発サイト・ウィキりークスは、オバマ政権にISISが結成されたことに関する、アメリカの次期大統領トランプ氏の発言を認証し、昨年9月22日に行われたケリー長官のこの表明の音声ファイルを公開しています。

米大統領選挙に共和党から立候補しているドナルド・トランプ氏は、国際テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」を作った張本人はヒラリー・クリントン氏とバラク・オバマ氏だと暴露した。
2016年01月03日 18:59 Sputnik
トラ氏の発言は「トランプもとうとう陰謀論に陥ってしまった」と冷笑を引き起こしたんですが、事実は小説よりも奇なりです。
当のオバマ政権国務長官が自ら認めてしまったわけです。
アメリカ、NATO軍がいくら爆撃を加えてもイスイス団が衰弱しなかった理由がハッキリわかります。
イスイス団創設当時の国務長官はヒラリー・クリントンです。

・・・・・・・・
・・・・・
抜粋終わり


オバマは寝技でことごとく戦争をつぶしてきたが、最後は自分の失策を暴露して戦争屋に致命傷を与えた。

恐ろしく老獪なオバマ・・・。

一応戦争を煽っている振りはしているが、「もう起きるかよ!義理立てと、暗殺防止のアリバイツクリ」てことと思う。


そもそも地上軍も送らずロシアの介入を見事に誘引して完全にイスイス団を破壊するのに裏口から成功した。


この暴露で、戦争屋勢力はさらに大打撃だ。

ライダーマンかな、オバママン・・。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR