忍者ブログ

子牙山遍照院 渾沌堂主人雑記  {大日本国終焉日記 }

半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。

もう、日本天皇国が存在すること自体が日本人の害で死刑宣告。なので革命が生き延び再興する最善手。

ネットゲリラ より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
シロアリが税金食いつくしたら日本が倒れる

野次馬 (2018年6月 8日 03:48) | コメント(4)
クールジャパンの惨状、というんだが、クアラルンプールの伊勢丹で10億の赤字とか、まぁ、税金垂れ流しだw ところでクアラルンプールというと、おいらがよくネットで紅茶や中国茶を買っている北條さんという人は、日本ではネットだけだが、クアラルンプール一番のショッピングモールに実店舗を持ってます。自分で台湾、中国の現地を歩き、仕入れたお茶を、華僑に売っている。日本人でもそういう人もいる。永田町と霞が関しか知らない政治家や官僚には、マトモなカネの使い方は出来ないです。

 さて筆者は、このCJ機構が東南アジアにおける日本文化の発信拠点として重視しているマレーシア連邦の首都・クアラルンプールの一等地にある、民間百貨店との共同出資物件「ISETAN The Japan Store(以下、The Japan Store)」を現地視察するに至った。
このThe Japan Storeは、クアラルンプールの象徴であるツインタワーを望む同市内ブキットビンタンの一等地に面しており、正確に言えば「lot 10」という大型複合商業ビルの一部、地下1Fからグランド階・1Fを挟んで4Fまでの実質5フロアーを有する総売り場面積1万平方メートルを越える大規模なものである。
ここにCJ機構は、実質的な国税を970,000,000円(9億7千万円)投入している。
結論から言って、私はかつて、これほどまで無駄と傲慢と不採算に満ちた商業施設を見たことがない。
店内は閑古鳥が鳴き、商品は博物館の展示品のごとく埃をかぶって見向きもされていない。
巨額の国費が投入されながら、到底「日本文化の発信」とはほど遠い、CJ機構の出資物件の実相を書き記したい。

日本のお茶は、農薬の使用量が多くて、ほとんど輸出できない。EUの基準に適合しないのだ。お茶の産地で聞くと、よく判りますw のべつまくなし農薬を撒き、肥料漬けにして、海外の産地の10倍の収量をあげている。そういう作り方をしないと農協が買ってくれない。農協は農薬と肥料を売りたいのだ。無農薬でやりたい人は、自分で販路を探さなきゃならない。かつてはロシアに、アメリカに、そして欧州にも輸出されていた日本の煎茶は、今や、完全に市場を失った。時代遅れの前世紀の遺物です。

・・・・・中略・・・・

電通に何百億もカネを流しているんだから、そら、支持率も下がらないわけだw 税金で日本中を買収して歩いているのが、アベシンゾーw マスコミも電通も地方政治家もFランク私大も、税金で買収されて、アベ様マンセーですw



・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり

>日本のお茶は、農薬の使用量が多くて、ほとんど輸出できない。EUの基準に適合しないのだ。

>お茶の産地で聞くと、よく判りますw のべつまくなし農薬を撒き、肥料漬けにして、海外の産地の10倍の収量をあげている。そういう作り方をしないと農協が買ってくれない。

>農協は農薬と肥料を売りたいのだ。

>無農薬でやりたい人は、自分で販路を探さなきゃならない。

>かつてはロシアに、アメリカに、そして欧州にも輸出されていた日本の煎茶は、今や、完全に市場を失った。時代遅れの前世紀の遺物です。


日本の農業は、ほぼガラパゴスで、アナクロです。

それは「日本天皇国」と「アメリカ戦争屋」が、そういう風に日本人を飼育した・洗脳した。


匿名党 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・
日本人の北朝鮮協力者極秘リスト

警察関係者「北朝鮮は『日本人の北朝鮮協力者極秘リスト』を持っている。そこには、北朝鮮から裏金をもらっていた関係者などの名前が…」

米ホワイトハウスは、ドナルド・トランプ大統領と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による米朝首脳会談がシンガポールで12日午前9時(日本時間午前10時)に始まる予定だと発表した。「北朝鮮の非核化」に加えて、「朝鮮戦争の終戦宣言」も注目されている。ただ、「体制保証」を熱望する正恩政権が継続するかは不透明だ。独裁恐怖政治のもと、首都・平壌(ピョンヤン)以外は、無法地帯になりつつあるという。ジャーナリストの加賀孝英氏が、同国の地獄絵図をリポートする。



「首脳会談はプロセスの始まりになる。成功するだろう」「(ただし)会談で何かに署名することはないだろう」

トランプ氏は1日、ホワイトハウスで正恩氏の側近、金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長と会談後、記者団にこう語った。ついに、初の米朝首脳会談を決断した。いよいよ歴史が動く。

だが、驚かないでいただきたい。両首脳の意思とは別に、米朝首脳会談が中止になる可能性がある。北朝鮮でクーデターが起きる兆候がある。

米情報当局関係者は次のように明かす。

「軍部の(正恩氏のそばにいる)幹部らと、人民らが急激に動き出した。全世界に散る15万人以上の脱北者が『正恩政権打倒、自由民主政権樹立』で連携している。正恩氏は、訪朝したマイク・ポンペオ国務長官にも『シンガポールには行けない。私が平壌を離れている間にクーデターが起きる』と本気で心配して震え、米国に泣きついた」

北朝鮮の現状がいかにひどいか。以下、複数の日米情報当局関係者から入手した情報だ。

「正恩氏一家や特権階級が住む平壌以外は悲惨だ。地方では、人民だけでなく、朝鮮人民軍兵士も飢え、病人、餓死者が続出している。飢えた兵士が夜、徒党を組んで強盗を働いている。もはや無法地帯だ。彼らは『正恩氏一家だけがステーキを食っている』と、怒りを爆発させている」

「北朝鮮に絶望した脱北者が後を絶たない。中朝国境の川沿いでは、脱北に失敗して、警備兵に射殺された脱北者たちの死体がゴロゴロ放置されている。それを野犬が食べている。地獄絵図だ。絶望、激怒した軍幹部らが『正恩氏の居場所』などをリークし、反乱をあおっている」

トランプ氏は1日の発表で、北朝鮮の完全非核化には時間が必要で、米朝首脳会談は複数回行うことになる、との見通しを述べた。これまでの「即完全非核化」「拒否すれば宣戦布告」「会議のための会議はしない」という主張を転換した。この裏には前述した北朝鮮の悲惨な状況がある。

問題は、わが日本だ。北朝鮮は「トランプ氏の対北朝鮮強硬策の指南役は安倍晋三首相だ」と分析し、日本国内で活動する北朝鮮工作員、北朝鮮シンパの一部野党やマスコミを使って、「安倍首相潰し」の世論工作を行っている。それが過激化する危険がある。

旧知の外事警察関係者が語る。

 「北朝鮮は『日本人の北朝鮮協力者極秘リスト』を持っている。そこには、日本人拉致に協力したり、北朝鮮から裏金をもらっていた政官財マスコミ関係者などの名前がズラリと書かれている。北朝鮮が彼らを脅し、『命がけで動け!』と極秘指令を出す危険がある」

安倍首相とトランプ氏は7日、ホワイトハウスで日米首脳会談を行う。米朝首脳会談を前に、綿密な打ち合わせをする。安倍首相は拉致被害者の奪還を、トランプ氏にくどいほど念押しすべきだ。いまがチャンスだ。

■加賀孝英(かが・こうえい) ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を舞台に幅広く活躍し、数々のスクープで知られている。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180606/soc1806060009-n1.html



日本人の北朝鮮協力者極秘リストは既にトランプ大統領の手に渡ってたりして・・・・

そしてそこにはあってはならない人の名前があったりして・・・・(爆wwwwww


・・・・中略・・・・


匿名 さんのコメント...
>そしてそこにはあってはならない人の名前があったりして・・・・(爆wwwwww

今上・・・・あっ


2018年6月7日 21:24
匿名 さんのコメント...
ぜひ一般人にも全部公開してもらいたいですね~



2018年6月7日 22:14
匿名 さんのコメント...
石破とか小泉とか青山とか…いやまさかね…



・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

天皇から、閨閥の内閣総理大臣・財務大臣まであるよね。

だから大地震で、「無かったこと」に。

おなじく  より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
1410兆円 被害額推計
土木学会
南海トラフ巨大地震は1410兆円 被害額推計
毎日新聞2018年6月7日 12時05分(最終更新 6月7日 14時10分)


土木学会は7日、巨大地震や高潮、洪水による被害額の試算を公表した。地震とそれに伴う津波は発生から20年にわたる被害を累計し、南海トラフ巨大地震は1410兆円、首都直下地震は778兆円と見積もった。政府の想定を基に、長期にわたる国内総生産(GDP)の落ち込みを阪神大震災の経過を参考に推計。従来の政府の試算を大幅に上回る規模となった。高潮と洪水は東京、大阪、名古屋の3大都市圏ごとに試算し、首都圏や大阪では14カ月で最大100兆円を超える被害が出ると算出した。一方、公共インフラ整備を進めることで、これらの被害を最大6割軽減できると推計。政府・与党が推進する国土強靱(きょうじん)化計画をさらに強化するよう提言した。
https://mainichi.jp/articles/20180607/k00/00e/040/282000c


日本政府が国民に知られたくない過去を清算するために必要な金額ですか?(爆wwwwwwwwwww


・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

だよな。

赤十字に裏があって、そこでは臓器売買とか行われているかもね・・・

弁財天 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
【少し前に某カバン屋さんの別荘パーティに売られた女の子が告発した事件などもありましたが、アパレルとかファッション業界も今回の電通案件のようなことはよく言われていて。やっぱり「センス」というブラックボックスでいろんなことが決まる産業って、最終的にはそこに行き着くんだなという気もする。】

サマンサタバサのセクハラなのか臓器狩りなのか別荘パーティに売られた女の子の告発がアパレル・ファッション業界と電通が同じ世界だと決定付けてしまう。


電通24歳東大卒女過労死の怪。彼氏はNASAジェット推進研究所(JPL)。ミサイルつかリモートセンシングだと電通アジアファンドから判明。中国語ツイで女子力を要求される? w

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり


表向きは慰めるトランプ。あとで100兆なり請求するだろう、日本天皇国に。

京の風 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・

「分かっているよ、シンゾー」と精いっぱい情けをかけてもらったね。「(五輪後の)3か月、北だけじゃなく、イランも変わったけど、お前はズット同じだった」
朝4時半。今しがた、ワシントンでの共同会見の様子を見終わりました。

トランプは、交渉術が本当に長けています。

昨年8月、安保理決議で、全会一致で、北に制裁となっていましたが、
その方向を、まったく変えず、この3月以降も、独自では北とは何の交渉もできなかった安倍政権。

それは、この4月には、「直接、何も言ってこないぞ」と金正恩に言われる始末。
そのときでも、「最大限の圧力」と安倍政権は言い続けました。

昨年の安保理での「一致での制裁」は、中国の国連大使の絶妙な機転で実現し、制裁の中身は、ほとんど効果のないものでした。
日米以外の国は、その安保理以前から、正式な国交がありましたから、当然、各国は、その「一致の制裁」以後も、
それぞれ独自で、北との「友好」交渉を進めていた。
その最たるものが、韓国です。 同じ民族で、同じ言語を話す。 しかも、オリンピックがある。

一方、米国に関しては、日本の横田基地には、ピョンヤンとの直行便が出ており、ここがこれまで、戦争屋の画策パイプでした。

平昌オリンピックで、妹の金与正が現れてから後、このパイプを使って、アメリカからも、トランプによってCIA長官になったポンペオが暗躍し、
北から、アメリカ人(半島系)3名を取り戻し、 晴れて国務長官に昇格しました。

今回、会見後の記者会見で、安倍が横田めぐみさんのことを、再度、強調すると、トランプは、今、この3人が、普通の生活に戻り、映画をみに行っていると話しました。

「友好的になった」。「6月12日から、素晴らしい時代になる」
「今まで、制裁を続けていた」。

最後は、シンゾー君の肩に後ろから左手を当てながら、両者は、ホワイトハウスの内側に消えていった。
さながら、大親分が、「まあまあ、おめえの立場はわかっているよ」となだめている格好です。

この会見で、トランプは拉致問題を「アベシンゾーの大きな個人的方針(Great Private Policy)」と言及したことです。きっとシンゾー君は、嘆願に近い形で、トランプに、シンガポールで話すようにねじ込んだのでしょう。

戦後の人類世界の、世界構造を変えるという立場で、指揮をとるべく登場した、トランプ。
このシンガポールでの米朝会談の前に、最も、マスメディアに直接、言いたいのは、
「イランもこの3か月で変わった」というように、 東アジアでも、構造が変わる という確信と仕掛けの成果です。
その中で、拉致問題は、これまでの構造(戦争屋主導の画策)が引き起こした問題で、すでに、そうした体制はもう変化しているが、
「最大限の圧力」という言葉は、「もう使いたくない」とここでも明言しました。それが、米国人3人の解放であり、大きな親書。
それゆえ、拉致にこだわり続けるのは、今の段階となっては、「安倍晋三個人の問題だ」ということになるのでしょう。

でも、最後は、シンゾーの肩をなでながら、「まあ、お前のメンツはつぶさないから」とでも、いいたげでした。

(トランプを登場させたチカラは)昨年の夏以来、ずっと、バカの一つ覚えで「最大限の圧力」を言わせ続け、その間に、どんどん「和解の手立て」を探り、それを実際に講じて、オリンピックを切っ掛けに現実の国際情勢を動かした。
4月からは、金正恩は、中国の習近平と直接、話してからは、どんどん、鎧を脱ぎだした。
しかし、戦争屋に「鍛えられてきた(曇りガラス・眼鏡の)」メディアは、貿易戦争の目くらましの陰で、この動き(トランプや習近平)が進展するのを全く洞察できず、現実の推移を素直に見れなかった。

4月、5月。イスラエルにあるアメリカ大使館がエルサレムに移ったことに、こうしたメディアは、またまた、イランとの緊張増大で戦争の危機を声高に叫んだが、
トランプは、イランは、この3か月で、全然異なる事態になっていると、この席で、メディア側に注意を促しました。

アメリカ国内のCIAが変わっていること(ポンペオの役割)。
それに、トランプ自身が、イスラエルの工作機関モサドを、完全に味方につけていることが、着実な「実」の変化を手にしているのでしょう。

さて、上記のように、昨年8月の国連安保理の全会一致での「北に対する制裁」から、この「友好」への変化は一体だれが、絵を描いていたのでしょう。

 この点を、明日、京都で、整理したいと思います。
やはり、なんといても、トランプと金正恩が、9月19日、「ロケットマン」「老いぼれ」と罵り合ったあとの9月20日がポイントです。
誰かさんは、国連総会の会場で「さらに強い制裁を、最大限の制裁を」と、ガラガラの会場で、演説しましたが、
その演説の日、その直前、 日本の陛下が、すでに退位が決まっている中で、高麗神社に行っているのです。

690年の持統の即位、701年に大宝律令で、日本という国が、対外的もきちんと成立したときに、
そこに至る過程で消えていった、半島の二つのクニ、 高句麗、そして、百済。
百済の王の血筋は、一旦、大津に都を造った後、桓武が平安京を完成させ、以後、ずっと日本の天皇という制度の中に、この血をもぐりこませていました。
しかし、高句麗はどうだったのでしょうか? 668年に滅亡しましたが、陛下は、これを見直せ、と、その行動でしめしたのです。

今、皇国史観教育の森友学園を強引に創ろうとした、日本会議の面々がよりどころにしていた神社界が急速崩壊中です。彼らは、小泉内閣で2004年に皇室典範改正の動きが起きた時、平沼赳夫らが「神武のY遺伝子」を守れと言い出してから、特に先鋭化し、民主党政権時代に、戦前の復古、すなわち、皇民化での思想統制に、道徳の基準を求めだしたのです。

戦前の皇民化は、「神武天皇の血が流れているのが日本人」で、その人間が指導する領域をアジアに広げる、大東亜共栄圏の理想を追求することを、戦後に列島の統治体に向けられた「敵国条例」の存在の意味を忘れて、押し進め、そのために、自分たちの政権のやり方に、「滅私奉公せよ」と刷り込もうとしてきました。
 戦後の法治国家での法体系も、実際の運用で、それをするためなら、なんでもOK、自分は無謬である、とでも感じていたのか。

 この点を、きちんと考えていなかったのが、「黒塗り」された葛西氏を始め、日本会議、神道政治連盟の面々。
まあ、こうした、お粗末な思考力と、自分の過去を冷静に見つめられない精神性に、戦争屋がつけ込んでいたのです。

今、6月8日現在、森友や加計に国家の資産を流すときの手法が、「不起訴」処分で刑事罰に問われないというのが、日本の検察の判断ですが、 
安倍政権下で、日本会議が進めようとした、国家観と国家運営の姿勢・思想が、今の時代(世界潮流)に全くそぐわないものだとはっきりしました。

皇民化・大東亜共栄圏の思想で構築された国家権力の行使のやり方には、まるで、未来が見えなくなっています。

明治以来の、さらに戦後も続いた、
日本国の権力構造(「貴種」優越と、「忖度」官僚による構造的な行政の実態支配)が、壊れる合図になる。
それが、6月12日の、シンガポールなのでしょう。 

今回、アベシンゾーにかけたトランプの「情け」は、間違いなく、とてつもなく高いものになるでしょうね。 
巨大地震なんかが起きたら、それにもすぐには、払えなくなるでしょうけど。

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

>明治以来の、さらに戦後も続いた、
日本国の権力構造(「貴種」優越と、「忖度」官僚による構造的な行政の実態支配)が、壊れる合図になる。
それが、6月12日の、シンガポールなのでしょう。 

そう願いますが、どうも6月11日に、天皇屋日本が大地震を起こす可能性もある。


神々が動いとーと より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・
くり返すけど、熊野沖(紀伊半島南方沖)の反応にはじゅうぶん注意してほしい。
熊野灘の地下深くには、黄泉国がひろがっている。
起点はそこ。

反応したら、たぶん2ヶ月以内に恐怖のNEWSがくると思う。

最悪の場合は関東大震災はおろか、歴史的最強クラスと考えられている宝永の大地震と大噴火の再来ってことになる。

「宝永」のキーワードもまた、再会のイザナミが僕らを見限ったあの地震で、その覚醒とともに示されてしまっているのだから。

・・・・・・・・・
・・・・・・・・
抜粋終わり

明石でも震度5レベル。こりゃ~きついぞ。

あの時代は江戸幕府で、民生を守るのに責任をもって国家が運営されていた。

で、今の日本天皇国偽朝廷は、民生を守る意思など皆無。これで逃げ切れたらいいとしかおもってない。

福一の事故の処理や、第二次安倍政権の悪行三昧をみたら明白。戦争責任すら天皇が取ってない。

やっぱ天皇制は害悪しかない。

おなじく より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・・
加計がつげる恐怖の時


「恐怖のNEWS」だけじゃなかった!

6日午後8時ごろ、広島県安芸太田町津浪の国道191号で崖崩れが発生。
乗用車1台が太田川に転落しているのが発見された。
運転していたのは、安芸太田町加計の県立加計高校教諭、政綱浩美さん(安佐北区三入)。

加計といえば、加計学園。
政綱といえば、政府が国民に公約する基本政策のこと。
この土砂災害が、安倍政権の加計学園問題とつながってるのはあきらかだ。

安芸太田町加計は、加計姓のルーツである。
地名由来ははっきりしないが、「かけ」といえば奈良時代の古語で、鶏のこと。
現代では食用だが、伊勢神宮の神使でもあり、当時は時を告げる鳥としての意味合いが濃かった。
天の岩戸神話に登場する常世長鳴鳥だ。

じつは加計問題がはじまってから、「こいつはなんの時を告げようとしてんだ?」ってずっと疑問だった。
ようやくその謎がとけた。
よりにもよって恐怖の日、6月6日にだ。

国道191号の191は、43(ヨミ)の素数。
現場は安芸太田町の津浪。
たぶん2014年8月の広島市土砂災害(死者77名負傷者44名)で有名になった「災害地名」の一種で、まんま山津波のことだと思う。

ちなみに長鳴鳥の「常世」といえば、2013年8月30日の和歌山県南方沖地震=那智勝浦のキーワード、補陀落渡海(ふだらくとかい)だ。
常世信仰と結びついた南方観音浄土(補陀落)への、死出の旅である。
母なる熊野は黄泉の入口であり、常世への渡船場でもあった。

まずまちがいないと思う。
カケ問題が暗に告げている「時」とは、恐怖の時。
それも津波の時だ。

去年4月の「静岡セッティング」では家康の時計がひとつのキーワードだったけど、そういうのとも一致するよね。
タイムリミットが迫ってるってことだ。

前回の『恐怖のNEWS 』で、そのNEWSが宝永の大地震の再来である可能性にふれたけど、あのときまだ広島の土砂崩れの現場が、安芸太田町の津浪ってこと知らなかったんだよな。
これで裏づけられちまったってカンジ。

かたや福島第一原発では、おなじく6日に作業員が嘔吐して倒れ、双葉医療センターに搬送されたのち死亡が確認された。
もちろん死因や作業との因果関係は不明。
東電は病名を明らかにしていない。

恐怖の日のNEWSに、災害+津浪、そしてフクシマ.....。

加計(鶏)問題はそうした恐怖の時がふたたび迫っていることを、しつこく僕らに告げているのだ。

  「カケッ、カケッ、カケ―ッ」

ってね。

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
抜粋終わり


まあ死ですは・・・なにの死か・・・日本の善良な庶民の死か?

前の戦争でも天皇制・天皇家は「死」ななかった。今度こそ、死か?変えれるのなら、天皇制なり天皇家の「死」を呼ぶように変更したいよね。


お読みくださりありがとうございます。

追記 匿名党 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
匿名 さんのコメント...

己の感情を絶対化するから、自分が批判される理由を理解できないんだよね
しかし、80年前の戦争について書かれた「失敗の本質」でも、
冷戦終結すぐの時代について書かれた「日本/権力構造の謎」でも、

<これまでの方法が通じなくなっても、作戦を変更する機構が日本には存在しませんね?>

と指摘を受けているが、2018年でも相変わらずそのままだということは、
「日本人の脳みそはその程度なんだから、滅んだらそこまで。アホの集団に期待するな。ほっとけ」という
大人の態度をキープするのがアメリカ以外の国にとっての普通。

イランはさりげなくビットコインを全面禁止しておりますし、シリアが何かをやらかしても
「それはシリアの内政問題ですよね?」とスルーする大人な態度をキープしている。

2018年6月8日 7:43

・・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

自分の感情を絶対化する~これカルト信者。

そのカルトの名前は「天皇制」


拍手[0回]

PR