忍者ブログ
半分やけくそです。日本の指導層がここまで阿呆で無慈悲とは。あとは滅亡だけです。 生き延びるが、我々庶民の勝利で、暴露こそが、唯一の最大の攻撃です。
弁財天 より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・・
*** Error in `/usr/sbin/snmpd': malloc(): smallbin double linked list corrupted: 0x00007f5546167d60 ***

サイバー攻撃されーた。ごらぁぁ。おまいらぁ、何やってんだぁ。黙ってボコハラムの臓器売買の売り上げを金塊で密輸してマネロンしてるろ。

Jun 4 15:40:07 hogeub1f snmpd[3101]: *** Error in
`/usr/sbin/snmpd': malloc(): smallbin double linked list corrupted:
0x00007f5546167d60 ***

JVNDB-2014-004360

第三者により、巧妙に細工された UDP SNMP リクエストを介して、ヒープベースのバッファオーバーフローを誘発されることで、サービス運用妨害 (クラッシュ) 状態にされる、または任意のコードを実行される可能性があります。


テロだわ。

ipa.go.jpのPDF→情報セキュリティ技術動向調査/タスクグループ報告書/(2008 年上期)
3.セキュアなネットワーク管理プロトコル SNMPv3 へ

ここまで見てきたように、イントラネットのセキュリティ確保にはこれまで以上に「ネ ットワーク管理」の考え方が重要になる。インターネット標準管理プロトコルとしては SNMP がその地位を確立しており、多くの機器、OS で実装され、広く普及している。し かし、そのセキュリティは、バージョン 3 によって、セキュリティ機能が導入されるまで、長らくの間脆弱なものであった。
SNMPv3 は従来からある SNMPv1 および v2c の UDP によるシンプルなプロトコルと いう運用形態を維持しつつ暗号化、認証、アクセス制御の機能を実現している。またリプ レイ攻撃に備えた遠隔鍵更新の機能を備えるなど巧妙な技術となっている。SNMPv3 は 2002 年に RFC が発行されているように標準化は完了しているが、設定の複雑さと、それ 以前の SNMPv1 および v2c が広く普及し、成功したものであるがゆえに、依然として導 入が進んでいなかった。

IPAの自白のよーな2008年ドキュメントを発見。こいつらって本当にクズだなw。
犯人はギフハフ団のJ企だわ。IPA、経産省のサイバーテロ部隊w
ごらぁぁ。おまいらぁ、何やってんだぁ。
黙ってボコハラムの臓器売買の売り上げを金塊で密輸してマネロンしてるろ。

「愛知県警の3人の警察官が複数の容疑者に電話で連絡を取っていた」フィリピンの自動車税とカジノを使ったマネロン・ルートを潰されてしまったので、こんどは金塊の密輸でマネロン。

なんてわかりやすい警察庁w

このイントラネットはインターネットから隔離した後なので内部の犯行w。

シンガポール政府がインターネットから役所のPC10万台を隔離するまでの経緯

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり


いや~弁財天さんが攻撃されるってことは、どうも日本阿呆国の臓器売買商法をしていることの証拠と思える。


お読みくださりありがとうございます。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック